日本はトップクラス?国際基準のTIMSSと苦手な子供の勉強方法

日本はトップクラス?!国際基準のTIMSSと苦手な子供の勉強方法

4年に1度の頻度で行われる国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)は、日本の生徒たちをどのように評価しているのでしょうか。国際的に比較した際の日本の生徒の学力水準だけでなく、苦手を克服していくための勉強方法についてもお伝えします。

日本がトップクラスの結果?TIMSSとは何か

TIMSSとは理数学力テスト

TIMSSとは、国際教育到達度評価学会(IEA)が行っている生徒の算数・数学、理科の到達度を国際的な尺度で推定して、生徒の学習環境などとの関係性を明らかにするために実施されている調査です。

2015年度の実施では、小学校50ヶ国・地域(約27万人)、中学校40ヶ国・地域(約25万人)が参加しています。同年度に日本では、全国で148校の小学校4年生約4,400人と147校の中学校2年生約4,700人が参加しています。TIMSSで出題される問題は、「内容領域」と「認知的領域」の2種類。内容領域とは、学校の算数・数学で学ぶ内容です。認知的領域とは、生徒が算数・数学の内容に取り組むときに行うであろう思考です。つまり、知識や応用、推論といった部分です。

PISAとTIMSSとの違い

TIMSSと似た学力調査に学習到達度調査(PISA)があります。経済協力開発機構(OECD)が加盟国の生徒に対して実施しています。対象の学年は、TIMSSでは小学4年生と中学2年生、PISAでは高校1年生です。また、実施の頻度もTIMSSが4年に1度なのに対して、PISAは3年に1度行われます。PISAの第1回調査は、2000年に始まりました。年度によって評価尺度が異なり、2015年度のPISAでは数学的リテラシー、読解力、科学的リテラシーを評価されました。日本の成績は、参加の72ヶ国・地域のうち、数学的リテラシー5位、読解力8位、科学的リテラシー2位でした。

日本の理数学力はトップクラス?

TIMSSの国際ランキング

2015年度のTIMSSでの国際ランキングを学年・科目別に見ていきましょう。

「小学校 算数」では、1位シンガポール、2位香港、3位韓国、4位台湾、5位日本。
「小学校 理科」では、1位シンガポール、2位韓国、3位日本、4位ロシア、5位香港。
「中学校 数学」では、1位シンガポール、2位韓国、3位台湾、4位香港、5位日本。
「中学校 理科」では、1位シンガポール、2位日本、3位台湾、4位韓国、5位スロベニア。

ランキングだけで見れば、日本はすべての科目で5位以内にランクインしています。調査は、過去の成績と比較できるように、1995年度の国際平均点を500点に設定して、得点を統計処理しています。日本の平均点は、中学2年生の数学で前回より16点アップ、理科も13点アップしています。小学校4年生は算数が8点、理科が10点、それぞれ上昇。国際ランキングでは、中学2年生の理科が2つランクアップして2位になり、過去最高を更新しています。小学校4年生の理科は1つ上がって3位、小学校4年生と中学2年生の数学は前回と同様の5位でした。
2015年度にテストを受けた小学校4年生が小学校1年生のときから「脱ゆとり教育」で授業時間を増やした学年であり、中学2年生も小学3年生のころから受けています。文部科学省は、「理科の実験など重視した現行指導要領下(脱ゆとり教育)での学習」「2007年度に始めた全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の実施」によってもたらされた結果と分析しています。

(参照元:全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)|文部科学省

 

全体の結果を手放しでは喜べない理由

しかしながら、本当にこの結果だけを見て判断して良いのでしょうか。各科目の平均点が上がり、ランクアップしたこと自体は喜ばしいかもしれません。ただ、平均点ではなく各層での分布数ではどうでしょうか。今回、550点未満の層は、これまでより減少しています。それと同時に650点以上の高成績層も増えています。

下位層が減って上位層は増えているため、平均点は上がります。しかし、下位層がいまだに約3割残っているのです。確かに平均点の上昇は望ましいことですが、平均点以下の生徒たちをどうやって引き上げていくのかにも着目せねばなりません。

下位層と上位層に二極化していても平均点は上昇します。実際に日本の小中学生は、学力二極化の傾向があるため、下位層の生徒への対策を求められているのかもしれません。

また、日本の生徒たちは世界トップクラスの学力でありながら、楽しい、得意と思っている子らの割合は国際平均並みか、それ以下なようです。

それでも、問題と同時に行われる科目に対する調査(アンケート)で低かった「算数・数学や理科が楽しい」と答える子供は、各世代で増加傾向にありました。「算数・数学が楽しい」と答えた小学校4年生は、2003年度の65%から、10%上がって75%に、中学2年生は39%から13%上がって52%に達しています。しかしながら、中学2年生は国際平均の71%に比べると、低い結果にとどまっています。

各学校や各授業で、知識の詰め込みではなく、「算数・数学が楽しい」と思えるように授業の質を高めていくことも必要なのではないでしょうか。学んだことが人生や生活の中で役立ち、周りに変化を与えられるという実感が、学習の面白さを引き出してくれるかもしれません。

数理の苦手な子供向けの勉強方法

数理の苦手な子供向けの勉強方法
数理に対して苦手意識を持っている子供は、どういった学習方法や周りの働きかけが有効なのでしょうか。同じように学ぶのであれば、嫌々ではなく、主体的に楽しむ方が成績にもつながりやすいでしょう。

数学の勉強方法とは

まず、数学の勉強方法についてお伝えします。数学に苦手意識を持つ生徒は、「授業が理解できない」ことを主な理由にしています。この原因には、「教師の説明や解説が下手で理解できない」「授業のスピードが速くてついていけない」「自身の理解力不足」などが挙げられます。

対処法としておすすめなのは、「事前に、その日学ぶ範囲を教科書で先に読んでおく」「教科書だけでなくインターネットを活用して、事前に全体像を把握しておく」「授業中の疑問点は、すぐ周りに聞いて解消する」などです。予習や復習の習慣、疑問点を解消する習慣が学習だけでなく、生涯をとおして役立つでしょう。

理科の勉強方法とは

理科の苦手な生徒には、大きく分けて2つの特徴があります。
まず、「授業で行う実験が好きだが、テストが苦手」という特徴です。生徒たちは実験を楽しみ、理解を深められますが、ペーパーテストになった途端に楽しさを見出せなくなります。

次に「単元ごとの好き嫌いが分かれている」ことです。例えば、「電流は好きだが、運動とエネルギーは嫌い」「水溶液は好きだが、光と音は苦手」といった具合です。

理科の勉強としておすすめなのは、単元ごとに対策を進めていくことです。「嫌い」「苦手」と感じる単元では、「授業でたとえ実験がなくとも自分で実験をしてみる」「暗記分野と計算分野に問題を分けて対策を行う」といった工夫が必要でしょう。

おわりに

平均点で見ると、日本の生徒の学力は向上しているように見えます。しかし、下位層の生徒たちをどうやって引き上げていくかが今後の課題となります。子供が算数・数学や理科に対して苦手意識を持っているようであれば、当記事でご紹介した勉強方法をおすすめしてみてはいかがでしょうか。

参考
全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)|文部科学省
IEA国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)|国立教育政策研究所
小中学生の理数学力、過去最高 国際テスト|日本経済新聞
国際数学・理科教育調査(TIMSS)の結果が発表されました|開成教育グループ
国際学力調査「TIMSS」で何がわかるのか|ベネッセ情報教育サイト
日本の学力は世界トップクラスだけど、報道や専門家の言うことは疑おう|妹尾昌俊アイデアノート
数学が大嫌いな人の勉強法-苦手克服の4ポイント|医学部予備校
理科の苦手な生徒と勉強法|中学生の勉強法

この記事をかいた人

okamoto

okamoto