傾聴力とはなにか?子供のコミュニケーション能力を伸ばす3つの方法

傾聴力とはなにか?子供のコミュニケーション能力を伸ばす3つの方法

コミュニケーション能力は人間関係で失敗しないために必要です。相手の伝えたいことを傾聴できるようになれば、さまざまな友人や他人と親しい関係を築くことができて信頼を得られることでしょう。

傾聴力はコミュニティで生きていくために重要なスキル。傾聴できない人間に育ってしまうと、周りから信頼を得られず社会の中で成功することが難しくなることもあるのです。

今ではコミュニケーション能力を求められる機会が増えていて、傾聴力を身につける重要性が高まっています。子供の将来のために、傾聴力を伸ばすための方法やポイントを見ていきましょう。

傾聴力とは

傾聴とは「相手の気持ちに寄り添って、注意深く共感的に『聴く』こと」です。悩みを持った人を解決するカウンセラーが使っている手法でもあり、傾聴することで相手の信頼を得ることができます。

人間は自分が理解されると承認欲求が満たされて、相手に対して親近感を持つもの。周りの人間に対して深く理解できることで、複雑な人間関係の中でも問題なく付き合いを続けられるのです。

自分が仕事や試験で失敗したときに、誰かが気分を察してくれるとうれしいものです。相手が抱いている感情や思っていることを、自発的に知ろうとする姿勢がよりいい人間関係につながります。

子供のうちに傾聴力を伸ばすことのメリット

傾聴力は周りとの親密な関係を築くだけでなく、相手を理解できるメリットもあります。自分が思うことを相手に押し付けることがなくなるため、トラブルを起こすことも少なくなるでしょう。

子供の傾聴力を伸ばすことで、得られるメリットは大きく3つあります。それらを1つ1つ見ていきましょう。

他人とのコミュニケーションが容易になる

多様な生き方が認められるようになり、多様な人間と関わる機会が増え、自分の価値観とはまったく違う他人とコミュニケーションする機会が増えています。

子供が学校や施設で価値観が異なる他人と、行動をともにしたり会話したりするでしょう。傾聴力により相手を理解できると、文化が違う他人とのコミュニケーションを容易にできるのです。

他人を理解できない子供になってしまうと、いじめや差別といったトラブルにつながります。自分の価値観を他人に押し付ける人間は、周りのコミュニティから疎遠になり孤独に陥るのです。

コミュニケーション能力を伸ばすことは人間関係で失敗しないために重要です。相手の話をしっかりと傾聴することで、周りから理解されるようになりコミュニティに受け入れられるようになります。

人間関係で失敗するのを防げる

相手を傾聴すれば傾聴するほど、親しい関係になり深い話ができる機会が増えていきます。知られたくないコンプレックスを知ることや、心の悩みを聞けることもあるでしょう。

深いレベルで相手を理解できるようになれば、相手を傷つけることが少なくなります。価値観や考え方を前もって共有しているからこそ、人間関係で失敗する原因を減らすことができるのです。

傾聴できないと相手を理解することができず、ちょっとしたことでトラブルに繋がります。傾聴力を高めて相手を理解する姿勢を持てることで、人間関係で失敗するのを防げるのです。

傾聴により自己成長につながる

人間は教材から知識を得るだけでなく、自身の経験により成長につながることもあります。話している相手の経験を傾聴することで、自分が知らない知識を増やし、自己成長できるのです。

優秀な人間をねたんだり、うらやんだりしても、自分が成長することは少ないでしょう。傾聴力により多様な他人を受け入れるからこそ、自分の能力を伸ばすことができるのです。

単純な知識よりも深い経験を他人から聞き出す方が、のちのち役に立つものです。成長する機会を失って社会で失敗する前に、傾聴力を身につけて自己成長をできることが重要になります。