【2019~20年】冬休みはいつからいつまで?小・中学校の冬休み期間まとめ

【2018年度版】冬休みはいつから?全国の学校の冬休み期間

クリスマスに忘年会、大掃除、お正月、初詣、春の七草など、冬休み中はやることやイベントがたくさんあります。子供の休みがいつからいつまでなのか知っておけば、そのような冬休み中の予定や計画を立てやすくなります。この記事では、全国の学校の冬休み期間をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

2019年度の冬休み期間はいつからいつまで?

2019年度(令和元年)の学校の冬休み期間をご紹介します。夏休みと比べると短い冬休みですが、いつからいつまでなのでしょうか? まずは小学校と中学校の冬休み期間から見てみましょう。

各都道府県の小学校・中学校の冬休み期間

今年度は、全国の多くの公立小学校と中学校の就業日は12月24日(火)となり、冬休みは12月25日(水)から1月7日(火)まで、始業日は1月8日(水)となるようです。

ただし、同じ都道府県内でも、市区町村によって冬休み期間が異なることがあります。これは、公立の学校の長期休業が各都道府県や市町村の教育委員会によって定められているためです。また、学校によって2学期制、3学期制と異なる制度を取り入れており、その関係で冬休み期間が変わってくる場合もあります。小中一貫校も同様です。

以下に各都道府県の冬休み期間の一覧を載せます。県や市、教育委員会、学校のウェブサイトから得た情報をまとめましたが、これはあくまでも予定なので実際の日程とは異なる場合があります。詳細情報や確実な情報が欲しい場合は、都道府県または市区町村の教育委員会や学校に直接連絡することをおすすめします。

都道府県名 調査地域 令和元年度冬休み期間
(2019〜2020)
冬休み日数
北海道 札幌市 12月25日(水)〜1月19日(日) 26日間
青森県 三沢市 12月24日(火)〜1月14日(火) 22日間
岩手県 盛岡市 12月25日(水)〜1月19日(日) 26日間
宮城県 仙台市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
秋田県 秋田市 12月24日(火)〜1月12日(日) 19日間
山形県 山形市 12月26日(木)〜1月6日(月) 12日間
福島県 いわき市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
茨城県 水戸市 12月25日(水)〜1月7日(火) 13日間
栃木県 宇都宮市 12月26日(木)〜1月7日(火) 13日間
群馬県 前橋市 12月25日(水)〜1月6日(月) 16日間
埼玉県 さいたま市 12月25日(水)〜1月7日(火) 17日間
千葉県 千葉市 12月27日(水)〜1月6日(月) 11日間
東京都 新宿区 12月26日(木)〜1月7日(火) 13日間
神奈川県 横浜市 12月26日(木)〜1月6日(月) 12日間
新潟県 新潟市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
富山県 富山市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
石川県 金沢市 12月26日(木)〜1月6日(月) 12日間
福井県 福井市 12月25日(水)〜1月7日(火) 14日間
山梨県 甲府市 12月27日(金)〜1月9日(木) 14日間
長野県 松本市 12月28日(土)〜1月6日(月) 10日間
岐阜県 岐阜市 12月26日(木)〜1月6日(月) 12日間
静岡県 静岡市 12月24日(火)〜1月6日(月) 14日間
愛知県 名古屋市 12月24日(火)〜1月6日(月) 14日間
三重県 伊勢市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
滋賀県 彦根市 12月24日(火)〜1月6日(月) 14日間
京都府 京都市 12月24日(火)〜1月8日(水) 16日間
大阪府 大阪市 12月26日(木)〜1月6日(月) 12日間
兵庫県 神戸市 12月26日(木)〜1月6日(月) 12日間
奈良県 奈良市 12月24日(火)〜1月8日(水) 16日間
和歌山県 岩出市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
鳥取県 鳥取市 12月26日(木)〜1月6日(月) 12日間
岡山県 岡山市 12月25日(火)〜1月7日(水) 14日間
広島県 広島市 12月24日(火)〜1月8日(水) 16日間
山口県 山口市 12月24日(火)〜1月8日(水) 16日間
徳島県 徳島市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
香川県 高松市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
愛媛県 松山市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
高知県 高知市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
福岡県 福岡市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
佐賀県 佐賀市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
長崎県 長崎市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
熊本県 熊本市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
大分県 大分市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
宮崎県 宮崎市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
鹿児島県 鹿児島市 12月24日(火)〜1月7日(火) 15日間
沖縄県 那覇市 12月26日(水)〜1月6日(月) 12日間

都道府県によって冬休み期間が違うのはなぜ?

北海道、青森、岩手、秋田といった北海道・東北地方の冬休み日数は20日以上あり、長野県は10日間と最短となっていますが、なぜこんなにも違うのか疑問に思った方も多いことでしょう。

文部科学省の「小学校の教育課程に関する基礎資料」の32ページによると、学校指導要領で示す学習の最低週数は35週(1年生は34週)となっており、約5週が学校行事など、12週が長期休業やゴールデンウィークにあてられ、全部で年間52週となっています。夏休みや冬休みといった長期休業は、この12週を分けて決められるのです。

北海道や東北地方は降雪期間が長く、寒さも厳しいので、冬季間は授業を避けるようにしているようです。その代わり、夏休みは他の地方より短く設定されています。その逆で、冬休み期間が短い地方では、夏休みが長くなっています。

幼稚園や高校の冬休みはいつから?

公立の幼稚園や小学校、中学校、高校の冬休み期間は、各幼稚園・学校の設置者、もしくは都道府県または市町村の教育委員会によって決められています。そのため、幼稚園と高校も小学校・中学校と同じ冬休み期間である場合がほとんどです。異なる場合でも数日前後するくらいでしょう。

私立の学校の冬休み期間

私立の幼稚園と学校の休業日は、各園と学校の規則・学則によって定められています。しかし、夏休み、冬休み、春休みといった長期休業は、公立学校の一般的な休業期間とほぼ同じ日程にする私立幼稚園・学校が多いようです。異なる場合でも数日前後するくらいでしょう。冬休み期間の詳細は、各私立幼稚園・学校にお問い合わせください。