学校給食はどう変わる?「まずい給食問題」で私達が考えたいこと

学校給食はどう変わる?「まずい給食問題」で私達が考えたいこと

給食の異物混入問題など、近年では給食を残す子供が後を絶たないと言います。そんな「まずい給食」の背景にはいったい何があるのでしょうか。実際に起きた異物混入ケースの例から、給食がまずいと言われるようになってしまった背景、家庭でもできる食生活の改善法について紹介します。

「給食がまずい」と問題になった背景

給食がまずいと問題視された大きなきっかけが、神奈川県で起きた学校給食の異物混入問題です。問題となった学校ではいったい何が起こっていたのでしょうか。

神奈川県内の学校給食で異物が混入

神奈川県大磯町の中学校で提供されていた給食の異物混入事件は、あらためて学校給食の在り方について考えさせるニュースとして大きな注目を集めました。

神奈川県大磯町の二つの町立中学校で提供されている給食で、食べ残しが相次いでいることが20日、分かった。多い日は半分以上が食べられていなかった。生徒から「冷たい」「味が薄い」といった不満が出ているだけでなく、虫などが入っていたとの報告が多数あり、町は異物混入が食べ残しの一因とみている。
町によると、給食の提供は保護者らの要望で昨年1月から開始し、弁当形式で、製造と配送は同じ民間業者に委託している。当初から「食べ残しが多い」との指摘があった。
町が今年5~7月の食べ残しの割合(残食率)を調べたところ、平均は26.0%で、最も多い日で55.3%に上った。環境省調査の平均6.9%を大きく上回った。
異物混入は昨年1月以降、毛髪や虫、金属片など計84件。明らかに給食を製造する工場内での混入が認められるものは15件あった。

(引用元:異物混入、食べ残し相次ぐ 神奈川・大磯の町立中給食|産経フォト

異物混入の中には虫や金属片など、子供の食の安全に関わる報告もありました。もともと食べ残しが多かったことから、保護者からの要望として給食の代わりに弁当にするなどといった対応も採られました。

異物混入の学校では毎日4分の1が廃棄されていた

前述の問題の学校では、給食の残食率が26%から多い日で55%を超えるなど、毎日4分の1以上が廃棄されることとなり、「給食がまずい」と印象づけてしまう結果となっています。もともと、野菜が固かったり冷たかったりと、味を疑問視する声も多く上がっていたと言います。

保護者からは「給食費を払うのがもったいない」「育ち盛りの子供なのに」といった声も寄せられ、子供の体や健康を心配する声が多く上がり、学校給食の在り方についてあらためて関心が高まりました。

また、環境省が平成27年1月に全国の市区町村教育委員会を対象に行った調査によると、学校給食から発生した残食率に関する調査では、以下のような結果となりました。

回答があった各市区町村の小・中学校における学校給食からの食品廃棄物の年間発生量を基に、児童・生徒1人当たりの年間の食品廃棄物の発生量を推計したところ、平成25年度で、児童・生徒1人当たり約 17.2kgの食品廃棄物が発生しているとの結果になりました。
(中略)
また、残食率(※)を約3割の市区町村で把握しており、その平均値は約6.9%でした。

(引用元:学校給食から発生する食品ロス等の状況に関する調査結果について(お知らせ)|環境省

17.2kgの廃棄量の中には、食べ残しのほかにも調理の際に余った食品も含まれますが、学校の給食を残してしまう残食率の平均値は約6.9%という結果となり、その結果と比較すると、大磯町での異物混入事件ではいかに残食率が多かったかが分かります。

業者は「おいしい」と感じている実態も

それでは、学校給食を製造している業者は、子供たちに提供しているメニューについてどのように考えているのでしょうか。問題となった大磯町の学校給食を提供していた製造元の工場責任者は給食のおいしさに自信を見せていたと言います。

「私が入社して20年、提供している給食を食べてきましたが、まずいと思ったことは1度もない。9月16日には、記者さんたちにも食べていただきました。教育委員からは、おいしいと評価をいただいたと聞いています」

「当社では大磯町さんの指示のもと製造しています。大磯町の栄養士さんが献立を立ててくださいますが、やはり煮物や野菜とかバランスのいい食事を作ろうとしていますので、中学生には好まない内容になっているのでは」

(引用元:<まずい給食問題>「人間の食べ物じゃない」(生徒) VS「おいしい」(製造元責任者) | 週刊女性PRIME

学校給食は塩分量が少ないため、薄味になりやすい傾向があります。しかし、給食をおいしく食べてもらうためには、配膳する前に温めたり味つけを見直すなどの工夫が必要である点など、学校給食の課題が垣間見られました。また、家庭での食事メニューとの違いも、「給食がまずい」と感じる要因の1つであると言えるでしょう。