防衛大学校の生活について解説!1日のスケジュールや年間行事など

防衛大学校の生活について解説!1日のスケジュールや年間行事など

みなさんは防衛大学校の生活についてどのようなイメージをお持ちでしょうか? 防衛大学校は将来陸上・海上・航空など各自衛隊の幹部自衛官候補者を育成するためにある防衛省の施設等機関です。全寮制で男性比率が高く、厳しい規則の中で生活しなければならず、厳しい生活をしているイメージを持たれている方も多いでしょう。

しかし、防衛大学校での生活はその後の人生において大切な学びを受けられる場でもあります。当記事では防衛大学校の生活についてご紹介します。

防衛大学校1日の生活スケジュール

防衛大学校は全寮制で、1日のスケジュールが細かく決められています。学生の1日は朝6時から始まり、夜は22時30分までみっちり予定が詰まっています。この生活が4年間続ければ、心身共に大きく成長するでしょう。それでは、防衛大学校の学生(以下、防大生)の多忙な1日についてご紹介します。

午前中

6時00分〜6時30分:起床・日朝点呼・清掃

朝6時ちょうどにラッパの音が鳴るので、学生は一斉に起床します。5分で寝具の片づけと着替えを済ませ、点呼のため学生舎前に整列します。学生は上半身裸で寮の前に集合し(女子はTシャツを着用)、点呼のあと乾布摩擦などを行い心身を鍛えます。1年生は点呼の後、共用部分の清掃を行ってから朝食に向かいます。

6時35分〜7時20分:朝食

防衛大学校の朝食はセルフサービスです。朝はパンと米食の好きな方を選ぶことができます。

8時10分:国旗掲揚・朝礼・課業行進

各学生舎前で合同朝礼を行います。整列して行進しながら教場へと入場するので、日々の生活の中で部隊行動の基礎を修得できます。

8時30分〜11時40分:授業

各教場で授業が行われます。授業では一般の大学と同じように教養を身につけることができます。

午後

12時00分:昼食

学生食堂に集合して昼食をとります。

13時15分〜17時15分:授業

各教場で午後の授業が行われます。

課業終了〜18時30分:校友会活動

防大生は原則全員が体育会系クラブに入部します。授業や部屋以外にもスポーツで交友関係を広げることができます。

17時30分〜19時15分:入浴

各自入浴します。

18時15分〜19時15分:夕食

学生同士で1日の出来事について談笑しながらセルフサービスで食事をとります。

19時35分:日夕点呼

夕方も学生舎内の廊下に整列し点呼します。

19時45分〜22時20分:自習時間

自習室で各自勉強します。防大生は訓練だけでなく普通の大学生と同じ文系や理系の専門科目も習得しなければいけないため、卒業するために自習は必須です。

22時30分:消灯

申請すれば、最長で2時まで消灯を延長することができます。

参考
学生の一日|防衛大学校
防大生の日常生活|人生に必要なことは、防衛大学で教わった

1 2 3