子供とたくさん触れ合おう!親子で一緒にできる親子体操とは?

子供とたくさん触れ合おう!親子で一緒にできる親子体操とは?

「子供の健康のためにも一緒に体を動かしたいけど、スポーツを始めるのは勇気がいる……。それでも何か子供と体を動かすことがしたい!」という親子に親子体操をおすすめします。
親子体操は種類が豊富な上、簡単な身振り手振りで体を動かすことができます。当記事では親子体操の基本情報や実際の親子体操の様子をご紹介します。

親子体操とは?

親子体操とは、その名前のとおり、親子が一緒に行う体操のことを指します。体操と言っても体操競技のことではなく、激しい動きも多くないのが特徴です。

親子体操はただ体操するだけではありません。大勢で行ったり、音楽に合わせて動いたり、ときには走り回ったりするなど楽しく体を動かします。順位をつけることを目的とした競技ではないため、親子体操は運動と遊びの中間と言えるでしょう。

スポーツほど複雑な動きも求められません。幼い子供も身振り手振りで真似しやすく、正確さも求められないため、気軽に参加することができるでしょう。

親子体操の効果

親子体操を推進する団体の1つに日本親子体操協会があります。同協会では、親子体操の効果を協会の理念の中で以下のように述べています。

親子体操は、様々な親及び子どもの心身の健全化を図り、健康的な日常生活を送ることをサポートします。

(引用元:協会について|日本親子体操協会 公式サイト

体を動かすことで、子供の健康に良い影響を与えることが期待できます。触れ合う機会を増やすことで親子の心の距離を近づけ、絆をより深めることも期待できるでしょう。また子供の体力づくりはもちろん、親にとっても運動の機会となります。

普段は子供がいるからとなかなか運動ができない人は、子供と一緒に参加することで自分の運動不足を解消することにもつながります。親子体操は親子の心身に良い効果を与える体操と言えるでしょう。

親子体操ができる場所

親子体操は自宅やスポーツクラブ、自治体の開催するイベント、商業施設主催のイベントなどさまざまな場所で行うことができます。「親子体操 自治体名(お住まいの地域)」で検索をし、近場で参加できそうなイベントを調べてみると良いでしょう。

中には教育プログラムの一環として、親子体操を行う幼稚園・保育園もあります。子供が園で行った親子体操を覚え、自宅で親に教えながら一緒に取り組むということもできるかもしれません。

また、親子体操の中には走り回るものもあれば、一定の位置からほとんど動かずに行うことができるものもあります。後者のタイプであれば、自宅でも取り組むことができます。しかし、中には親の背中から飛ぶなど、少し動きが大きなものもあります。けがには十分に注意して取り組むことが大切です。

父親も参加できる?

幼い子供とのイベントには母親が参加するイメージを持つ人も多いかもしれません。また、イベントが平日であれば、参加したくてもなかなかできないという父親もいるでしょう。では、父親は親子体操に参加することができるのでしょうか?

親子体操の教室には、土日に開催されているイベントもあります。また大人数で行う会であれば、父親が一緒に参加しても馴染みやすく、周りの目をあまり気にせずに参加することができるでしょう。

まだスポーツができないような幼い子供であっても、一緒に体を動かして触れ合うことができます。ぜひ父子でも参加を検討してみてはいかがでしょうか?

親子体操の種類

親子体操はどのような動きをするものなのでしょうか? 今回は親子体操を3つの種類に分けて、実際の動画と共にご紹介します。

簡単な動きが多いもの「ペンギンのプール体操」

親子体操の種類の1つに、いくつかの簡単な動きで構成されているものがあります。幼い子供にとって複数の動きを覚えることは難しいかもしれません。しかし、動きがたくさんあることで子供は自分が覚えやすい動きから取り組むことができます。例えば、以下の動画のような動きをします。


作詞・作曲/たかはしあきら
(Youtubeチャンネル oyakotaisou085 より)

腕をパタパタと広げたり、片足を前に出したりするなどの動きを音楽に合わせて行います。ときにはジャンプをするなど、右や左などを瞬時に判断できない子供でも取り組みやすい動きが含まれていることも特徴の1つです。

この動画のように指導員が手本となることで、小さな子供でも動きを真似しやすくなっています。大人と同じように動くことで達成感や一体感を感じる子供もいるでしょう。

みんなで動き回るもの「エビカニクス」

体操というと特定の場所から移動せずに、いろいろな動きをすることをイメージする人もいるでしょう。しかし、親子体操の中には会場内を走り回る動きが含まれるものもあります。

例えば、以下の動画の体操では、途中で会場内を自由に動き回ります。


作詞・作曲/増田裕子
(Youtubeチャンネル ケロポンズ より)

このとき子供は親の近くを離れ、自分で好きに動き回ることになります。知らない大人や子供がたくさんいる中を動くため、少し勇気が必要な子供もいるかもしれません。

しかし、見知らぬ人と触れ合うことで、子供のコミュニケーション力を鍛える機会となります。親子同士だけでなく、一緒に参加する人々と接する機会があるのも親子体操の特徴の1つと言えるでしょう。

また、この動画の体操では「エビ!」「カニ!」のように、途中で大きな掛け声を出すものもあります。体を動かすことはもちろん、思い切り声を出すことで子供のストレスを解消することができるかもしれません。

体幹トレーニングにもなり得るもの「未来のアスリートを育てる‼️ 親子体操」

親子体操の中には体幹トレーニングとなり得るものもあります。楽しく体力をつけたい子供はもちろん、将来アスリートを目指す子供の間でも取り組まれています。

例えば、以下の動画のような動きをします。


(Youtubeチャンネル あすりーと道場 BUSHITSU より)

親子でお互いを転がし合うなど、簡単な動きで体幹を鍛えることができます。音楽に合わせて動くものではないため、自宅でも取り組みやすいでしょう。

この動画で紹介されている体操の中には、子供を膝や背中に乗せる動きが含まれています。集団で参加する親子体操は母親が、体幹トレーニングとなるものは父親が担当するなど、父と母で担当を分けても良いでしょう。

親子体操によって今後、子供に何かスポーツを習わせたいと考える親もいるでしょう。親子体操で体力作りを始めておくことで、ほかのスポーツを始める際に力を活かすことができるかもしれません。また、親子体操をきっかけに「動くことは楽しい!」と子供に思ってもらうことも、子供に運動を好きになってもらう良い機会となります。

親子体操で心と体を動かそう

親子体操で心と体を動かそう
親子体操はコミュニケーションを取りながら触れ合うため、心と体を使って運動をすることができます。実際に我が子の肌に触れて一緒に楽しく運動をすることで、子供は親との時間を楽しみながら体を動かすことができます。

また、指導員やほかの参加者など接する人も増えるため、子供の社会性を鍛えることもできます。住んでいる自治体が開催する親子体操であれば、今後同じ幼稚園・保育園に入る友達ができるかもしれません。

普段とは異なる形で触れ合うことで、我が子の意外な一面が見えたり、親子の思い出を増やすこともできるでしょう。親子体操で健康な親子を目指してみるのはいかがでしょうか。

参考
協会について|日本親子体操協会 公式サイト
ぼっち主婦&2歳が初めて親子体操教室に行ってみたら楽しすぎたのでレポする!|いつもじたばたしているえりまる
【親子体操】幼児期の体幹トレーニングに最適!「3B親子体操」【卒業】|天才児を育てるハンドメイドなブログ「笑って暮らそう」
「親と子の運動遊び」ゼミによる家庭での遊びの紹介|飯田女子短期大学

この記事をかいた人

mio_yamamoto