【兄弟の子供を持つ親必見!】兄弟の仲が悪くなる理由と対処法

【兄弟の子供を持つ親必見!】兄弟の仲が悪くなる理由と対処法

一緒に育つ兄弟であれば、仲良く過ごすことを理想とする人も多いでしょう。しかし現実はうまくいかず、子供同士の仲が悪いことに悩んでいる親もいます。どうして兄弟の仲が悪くなってしまうのでしょうか。この記事では兄弟の仲が悪くなる理由と、親として採るべき対処法についてご紹介します。

子供たちの仲が悪い!

仲が悪い兄弟の様子は、家庭によってさまざまです。毎日兄弟喧嘩が絶えない家庭もあれば、兄弟同士がお互いに一言も交わさないような家庭もあります。また、はっきりと「お兄ちゃんのことが嫌い」などのように意思を表現する子供もいるでしょう。

両タイプに共通している点は、家庭内の雰囲気があまり良くないという点です。兄弟同士の接触を避けようと、気を揉んでしまう親もいるかもしれません。

兄弟仲が悪いとどうなるの?

兄弟喧嘩が絶えないタイプの場合は、お互いを言葉や暴力で傷つけ合う可能性があります。深く傷つけられてしまったと感じた場合は、大人になっても相手のことを許せなかったり、恐れてしまったりする可能性もあるでしょう。

口をきかない場合はお互いの感情をぶつける機会がないため、どんなことを考えているかを理解し合うことが難しいでしょう。同じ家で過ごしているのにも関わらず、お互いのことがよく分からず、より距離が広がってしまうかもしれません。

これから仲が改善することはある?

子供時代の仲の悪さが必ずしも半永久的に続くとは限りません。数年で改善されたり、大人になってから改善されたりしている人もいます。

改善する理由は人によってさまざまです。お互いの不仲の時期が心の揺れ動きが激しい時期であれば、心が落ち着いたころに自然に仲が良くなることもあるでしょう。

また共通の困難に立ち向かったり、ともに成功体験を共有したりすることをきっかけに改善されることもあるでしょう。