子供と一緒に楽しめる!なぞなぞひっかけ問題12選 ( 4 )

言葉遊びの効果とは

言葉遊びの効果とは
なぞなぞという誰もが知っている遊びですが、実は奥が深く、難易度が高ければ高いほど、子供の語彙力や柔軟な発想につながります。「幼児期に言葉の感覚を豊かにするための援助のあり方」をテーマに執筆した国吉先生によると、幼稚園では言葉遊びに対してねらいを設定し、さまざまな取組を行ったそうです。

それに対して、保護者から見た子供の言葉の変容というアンケートを取ったところ、
「言葉の数が増えたように思われますか」という質問に対して、

  • とても増えた
  • 少し増えた

という回答が100%という結果に表れました。
さらに、
「言葉に興味関心を持って聞くようになりましたか?」という質問では、

  • とてもそう思う
  • 少しそう思う

と、興味関心が広がっていると感じている親は全体の95.8%という結果になったのです。

明らかな子供の変化を以下のように自由記入欄に記載しています。

(a)言葉遊びを家庭でも楽しんでいる
(b)言葉を組み合わせて話せるようになった
(c)言葉の意味を理解するまで聞いてくるようになった
(d)会話が続くようになった
(e)文字に興味を持ち始め,教えてもいないのに,読み書きができるようになった
(f) 「~はこうするんだよ」という話をすると「なぜなら~だから」と本人から付け加えて言うようになった
(g)「~は立派だね」等,しっかりとした言葉を使うようになってきた
(h)何か手伝いをお願いしたら「今○○やっているから,これが終わってからね」等,考えて言葉で言
うようになった
(i) 小さい子ども達に遊びを中断させられたり,おもちゃをバラバラにさせられても「赤ちゃんだか
ら,いいんだよ,お母さん心配しないでね」と思いやりの言葉が出てきた。
(j) 重たい荷物を持とうとすると「ママ,無理しなくていいんだよ。パパが帰ってきたらでいいんだ
よ」と言ってくれた時,びっくりした

(引用元:「幼児期に言葉の感覚を豊かにするための援助のあり方」

ちょっとしたことがきっかけで、子供は刺激を受け、刺激が興味や関心へとつながっていきます。さらに行動としても大きな変化に結びつくことは、なぞなぞの言葉遊びにも影響を受けているのではないでしょうか。

おすすめのひっかけなぞなぞ本

超ムカツキ!ダマしダマされひっかけクイズ (大人にはないしょだよ)

簡単なはずなのに、ついついひっかかってしまう……。そんな秀逸なひっかけクイズが満載のなぞなぞ本です。親子間だけでなく、子ども同士でも盛り上がります。

いじわるいっぱい!ひっかけクイズ (なぞなぞ ゲーム王国)

ちょっとイラっとしてしまうような、いじわるなひっかけクイズが載っている一冊です。間違えると悔しくて、飽きっぽい子どももどんどん挑戦してくれるでしょう。

もっとムカツキ!ダマしダマされひっかけクイズ〈2〉 (大人にはないしょだよ)

大人にはないしょだよ、というサブタイトル通り、子ども同士で楽しめるなぞなぞが載っています。ひっかけられると、ひっかけ返したくなって、兄弟や友達と一緒に盛り上がれるでしょう。

まとめ

ひっかけ問題は、頭が柔らかいからこそ、自由な発想で解けるというメリットもあります。子供がなぞなぞに興味を持ち、なおかつ難しい問題や、おもしろい問題を求めるようになったら、ひっかけ問題を出して、発想の引き出しを増やしてあげましょう。

参考
「幼児期に言葉の感覚を豊かにするための援助のあり方」
なぞなぞランド
なぞなぞ・クイズnazo2net
なぞなぞ・クイズnazo2net
なぞなぞ・クイズnazo2net

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。