幼児にプログラミングを教える方法は?幼児向けおすすめプログラミングおもちゃ ( 2 )

幼児にパソコンを使わせるときの注意ポイント

幼児にパソコンを使わせる時の注意ポイント
我が子には安全に、安心してパソコンを使って欲しいと思うでしょう。ここからは、幼児にパソコンを使わせる際の注意点をお伝えします。

時間を決めて使う

子供はゲームのように楽しいことや、興味のあることに熱中すると時間を忘れてしまい、放っておくと何時間でもやり続けてしまう傾向にあります。長時間パソコンの画面を見続けるのは、子供の目と体に普段がかかり健康によくありません。

子供にパソコンを使わせる前に、「1日30分まで」といったように使用時間を決めるといいでしょう。子供用のアカウントを作成して、何時から何時までと制限時間を設定するのも手です。

暗い部屋で見せない

パソコンは「ブルーライト」と呼ばれる光を発しており、このブルーライトには眼病を引き起こす恐れがあります。この光の影響を少なくするためには、明るい部屋で画面を暗くした状態にして使用するのがベストです。

ソフト・アプリの使用状況を把握する

幼児に安全にパソコンを使ってもらうためにも、どのようなソフトやアプリをどのくらい使っているのか把握しておくと安心です。

だからといって子供を常に監視するのではなく、パソコンの使用場所を決めたり、画面が親に見えるように設置したりといった工夫をし、子供の様子を伺う程度にするようにしましょう。