子供と一緒に楽しめる、面白いなぞなぞ問題12選 ( 2 )

動物に関する面白いなぞなぞ

最初は動物に関するなぞなぞです。友達に教えたくなるような面白いものを集めたので、ひとつずつ見ていきましょう。

買い物の問題

問題1:カメとラクダとサイが一緒に買い物に出かけました。さて、何を買うのでしょうか。

動物が買い物に行くという設定自体面白いシチュエーションです。現実的にはあり得ませんが、何を買うのか興味が湧いてくるのではないでしょうか。

ヒント

出てくる動物に注目してみよう。どんな動物が出てきたかな。言葉に出して順番通り読んでみよう。

答え

カメ・ラクダ・サイ
カメラください
ということで、カメラを買いに行ったというのが正解です。

この問題のポイント

問題のシチュエーションもさることながら、出てきた動物をそのまま読むだけで答えが隠されている斬新さ。動物を繋げるだけなら、他の動物もやってみようと、興味が湧いてくるのではないでしょうか。

犬の問題

問題2:何をやっても3日坊主で飽きてしまう犬ってどんな犬?

犬にも三日坊主があるのでしょうか。「三日坊主」の意味が分からない場合は、何をやっても続かないことと補足してあげましょう。

ヒント

三日坊主を別な言い方で言うと何でしょうか?

答え

秋田犬(飽きたから)

この問題のポイント

三日坊主ということわざが入っている問題なので、簡単なことわざを教えてあげるチャンスです。また、秋田犬のように犬の種類があることも学べるので、犬の種類と特徴を教えてあげましょう。図鑑を見るとイメージしやすいかもしれません。

気持ちの問題

問題3:乗ると楽ができる動物は?

乗り物に乗れば楽ちんですが、楽ができる動物は何でしょうか?

ヒント

楽ができるを別な言い方で言うと何でしょうか?

答え

ラクダ(楽だ)

この問題のポイント

ラクダは熱く乾燥した砂漠地帯では、強い耐久力があり、荷物や人を載せて長距離を移動することができるので、砂漠地帯ではなくてはならない存在です。ラクダの生体や海外で活躍している様子を伝えてあげましょう。

天候の問題

問題4:空から降ってくる、足がはやい動物は?

空から動物が降ってくるとはどういうことでしょうか?

ヒント

空から降ってくるものの名前を考えてみましょう。

答え

ヒョウ

この問題のポイント

ヒョウは空から降ってくる氷の粒です。雹と書きます。直径5ミリ以上がヒョウで、5ミリ未満はあられ(霰)になります。5ミリはどのくらいなのか、もし降ってきたらどのようなことに気をつけなければいけないのかを話してあげましょう。

植物に関する面白いなぞなぞ

次は植物に関するなぞなぞです。面白い上、ためになる情報が満載なので、ひとつずつ考えながら見ていきましょう。

叫ぶ花の問題

問題1:朝になると叫ぶ花があります。どんな花でしょう。

お花が叫ぶ?まるで絵本の世界のようですが、どのように叫ぶか考えてみると分かるかもしれません。

ヒント

どんな叫び声かな。思いつく叫び声を実際に声に出してみましょう。
そしてその叫び声といつ咲くかがポイントです。

答え

朝顔(朝ガオー)

この問題のポイント

叫ぶと言っても、「きゃー」と叫ぶ人もいれば、「わーーーー」という人もいるかもしれません。叫び声にも種類があること。そして、状況に応じて使い分けることを話してあげましょう。

少し前に見た花の問題

問題2:ちょっと前に見たお花、その花は?

お花はたくさんの種類があるけど、ちょっと前に見たお花って何でしょうか?

ヒント

「ちょっと前に」を別な言い方にしてみると何と言うか考えてみましょう。

答え

サツキ(ちょっと前=さっきだから)

この問題のポイント

今日、明日、あさってのように、日にちの数え方を学べる問題です。ちょっと前という言葉は、少し前とも言えますし、すぐ前のことなら、さっきとも表すことができます。

日本語は難しいですが、言葉の面白さを学ぶ良い問題なのではないでしょうか。

手伝わない植物の問題

問題3:手伝ってくれない植物は何でしょうか?

猫の手も借りたい程忙しい時、手伝ってくれたら嬉しいものです。どんな植物が手伝ってくれるのでしょうか。

ヒント

手伝ってくれないということは、何もやっていないということ。
これを別な言い方で言うと何と言うでしょうか?(友達が掃除登板をやらなかったときなど)

答え

サボテン(さぼってん)

この問題のポイント

言葉を少し変化させて、こじつけるタイプは、頭が柔なくないとなかなか答えを導くことができません。知っているなら、子供たちの社会の中でこの言葉が使われる場面があるのかもしれません。

どの程度の言葉を知っているか把握するためにも、問題として出してみましょう。

鳥の問題

問題4:植物を育てるのが苦手な鳥がいます。その鳥っては?

鳥さんはお花の蜜を吸いますが、この蜜を吸うのが受粉という大事な仕事です。簡単なようで奥が深い問題です。

ヒント

植物が育たないとどうなる?
○○てしまいますね。

答え

からす(枯らしてしまうから)

この問題のポイント

鳥は花の蜜を運ぶ役割があるのに対して、カラスは何をしているのでしょうか。カラスは枯らす、枯らすということは、悪いことをしているとならないように、カラスの役割を再確認する大事な問題かもしれません。