モンテッソーリ教育の教具とは?おすすめの教具・おもちゃ15選

モンテッソーリ教育を取り入れたい!おすすめおもちゃ10選

近年、子どもの想像力や自己肯定感を養うための教育法としてモンテッソーリ教育が注目されています。モンテッソーリ教育では子どもの成長機会を増やすために、『教具(きょうぐ)』と呼ばれる知育玩具を用います。

当記事では、モンテッソーリ教育に用いる教具の概要や使い方、おすすめの教具を15個にまとめてご紹介していきます。

モンテッソーリ教育の教具とは?

モンテッソーリ教育の教具とは、モンテッソーリ教育を行う際に用いる知育玩具のことです。積み木や糸、文字板、算数棒などさまざまな種類があります。

モンテッソーリ教育の教具がこのような形態となった経緯について、モンテッソーリ教育についての説明も交えながら解説します。

モンテッソーリ教育とは?

日本モンテッソーリ教育綜合研究所の公式サイトではモンテッソーリ教育についてこのように定義がされています。

モンテッソーリ教育は、医師であり教育家であったマリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法です。
「子どもには、自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」の存在がモンテッソーリ教育の前提となっています。歩くことを教えなくても、歩こうとしたり、積極的に環境に関わりながら様々な事柄を吸収していったりする姿は、子ども自身が自立に向かって、成長・発達していこうとする姿のあらわれといえます。この内在する力が存分に発揮できる環境と、自由が保障された中で、子どもは自発的に活動を繰り返しながら成長していきます。

モンテッソーリ教育の目的は、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことです。その目的を達成するために、モンテッソーリは子どもを科学的に観察し、そこからえた事実に基づいて独特の体系を持つ教具を開発するなどして教育法を確立していきました。その教育法の確かさは、現代の大脳生理学、心理学、教育学などの面からも証明されています。

100年以上経った今でも時代や文化の違いを超えて世界中で支持され、現在世界140以上の国にモンテッソーリ実践園が存在しているといわれています。そしてその実践の中から世界をリードする人々が数多く育ってきています。

(引用元:モンテッソーリ教育について|公益財団法人 日本モンテッソーリ教育綜合研究所

このようにモンテッソーリ教育は、従来の画一的で受動的な教育法とは異なり、子どもの自己教育力や想像力など、子どもが自分で自分を育てる力を大切にしています。

モンテッソーリ教具は一見すると普通の玩具のようにも見えますが、実はモンテッソーリ教育において、子どもが自分自身を育てやすいように設計された玩具になっています。

モンテッソーリが提唱する5つの教育

モンテッソーリ教育において0~3歳の時期は「吸収する精神(無意識)」の時期とされています。人生において最も吸収力が強いこの時期に、社会に適応するために粗大運動の活動・微細運動の活動・日常生活の練習・言語教育・感覚教育・音楽・美術の7つの教育環境を用意します。そして3歳以降は「意識の芽生え」の時期です。0~3歳の時にしっかり吸収したことを、整理・秩序化する時期に当たります。この自己整理を助けるため、モンテッソーリ教育では以下の5つの教育分野を提唱しています。

日常生活の練習

「子どもはできないのではなく、やり方を知らないだけ」という考えの下で子どもたちは日常の様々な場面で出会う活動を実際に行い、自立を目指します。例えば掃除・皿洗い・料理・ぼたんかけなどを自分で進んでできるようにします。

感覚教育

感覚教育は国語・算数・文化教育の基礎であると考えられています。感覚の敏感期を迎えた子どもたちの知性や情緒を伸ばすことを目的に、様々な刺激を与えるようにします。

言語教育

子どもは言葉の敏感期に母語を獲得しますが、語彙や文法の豊かさや正確さは環境に左右されます。また日常生活の練習や感覚教育で培った手や腕を操る能力を生かして知らず知らずのうちに文字を書くこともできるようになります。

算数教育

子どもに現れる数の敏感期で抽象的な算数の概念を得ます。感覚教育からの流れで、まずは数を具体物で表現したものからふれ、無理なく抽象概念を手に入れます。

文化教育

総合学習として、言語・数学以外の幅広い分野を興味に応じて学びます。子どもの好奇心や探求心を伸ばします。

モンテッソーリ教具と普通のおもちゃの違い

モンテッソーリ教具は、教材ではなく「玩具と教材を合わせた教具」です。主な特徴としては、子どもが取り扱いやすいサイズである・子どもの発達段階に合ったものである・ 子どもの知的要求に応えられるように、系統だてた準備がしてある・常に整理整頓され、子どもたちにとって魅力的である、などが挙げられます。モンテッソーリ教育で用いる教具は5つの教育に関連し、子どもの知的好奇心をくすぐるように実用的で面白く、楽しいだけの普通のおもちゃとは異なります。

モンテッソーリ教育におすすめの教具15選

モンテッソーリ教育では、教育法の種類によって、使う教具が異なると言われています。それぞれの教育法と教具の関係について理解し、モンテッソーリ教育を身近に感じてみましょう。

日常生活の練習におすすめの教具

モンテッソーリ教育では「日常生活の練習」と呼ばれる時間があります。0歳~1歳半の子供は、体全体を使ってハイハイをしたり、ずり這いや歩行など、子供の成長過程によって体を動かせる範囲が変わってきます。まずは運動できるように体を動かしてみたり、手や指を使って物を握ったり落としたり、叩いたりするなど、日常生活の練習を行います。

日常生活の練習では、子供に合うサイズの用具を使用しながら、子供の感覚を刺激し、物にふれさせることで慣れさせていくことから始めていきます。

シール貼り

created by Rinker
ノーブランド
¥1,980 (2019/06/26 13:21:00時点 Amazon調べ-詳細)
日常生活の練習におすすめの教具が「シール貼り」です。シールをつまんで、はがして、貼るという一連の動作は、指先を動かす練習だけでなく、集中力を養う効果も期待できます。枠に合わせてシールを貼るのが基本ですが、枠の外など、好きな場所にシールを貼るのも良いでしょう。

紐通し

created by Rinker
HABA(ハバ)
¥3,000 (2019/06/26 13:21:01時点 Amazon調べ-詳細)
「紐通し」の教具も、日常生活の練習としておすすめです。子供は色や形を見ながら、手を使って理解し、紐を通していきます。ビーズは大きいものや小さいもの、紐は長いものや短いものなどがあるので、頭の体操としてもおすすめです。

着衣枠

ボタンやファスナー、蝶結び、ホックといった、一人で着替えるためにできるようにならなくてはいけない細かい作業が一気に練習できます。何度も何度も繰り返し練習できるうえ、場所をとらないのが利点です。

感覚教育におすすめの教具

モンテッソーリ教育の中でも「感覚教育」は特に重要なポイントとなります。大阪大学教育学年報の中には以下のような記述があります。

モンテッソーリは、触覚と筋肉運動という身体感覚によって数字を書く準備をするための教具として「砂数字板」を考案している。砂数字板のサイズは 9 ×14㎝で、 0 から 9 までの数字板10枚からなる。砂数字板は、砂文字板の場合と同様に、数字の読み書きの準備を行うものであるが、さらにモンテッソーリは、この数字板と次節で紹介する計算棒とを関連させながら算数教育に展開していくこととなる。

(引用元:モンテッソーリ教具の歴史的変遷

子供の感覚器官が敏感になると言われている時期に、砂数字板と呼ばれる教具を使用し、小学校で習う読み書きの前準備として、計算する仕組みについて子供に感覚で覚えさせていきます。感覚教具では、視覚なら視覚のみを、触覚なら触覚のみを刺激する構造の教具を使用していきます。

円柱さし

モンテッソーリ教具の中でも特に人気があるのが「円柱さし」です。1歳前後から遊ぶことができ、5歳頃になっても想像力を使いながら遊ぶことができるのが特徴です。小さな子供でもつまみやすいサイズ感で、色もカラフルなアイテムを選べば、感覚器官を刺激し、楽しく遊ぶことができるでしょう。

積み木

円柱さしともう1つ試してみたい教具が、「ピンクタワー」です。大きさの違う立方体の積み木を使いながら、サイズの大きい順に積み重ねてタワーを完成させていきます。積み木の大きさを理解しながら、自分で自由に積み方を変えてみるなどして遊ぶことができます。

味覚瓶

甘い・酸っぱい・塩辛い・苦い味のする4種類の液体がセットされています。液体同士を混ぜて新しい味を作ったり、同じ味を作ったりすることで味覚の判別ができるようになり、食への興味・関心も湧きます。

言語教育におすすめの教具

言語教育とは言葉どおり、子供の語彙力を伸ばすことを目的とした教育法です。絵合わせカードや文字カードなどを使い、文法や文章構成などを学んでいきます。

文字の書き順に沿って文字をなぞることは、書き方を準備する筋肉の教育を開始させる。文字に触れ、同時にその文字を見ることは、諸感覚によってそのイメージを定着させる。その後、二つの動きは分離する。第一に見ることは読みとなり、第二に触れることは書くこととなる(Montessori, 1909:216)

(引用元:モンテッソーリ教具の歴史的変遷|大阪大学教育学年報

モンテッソーリ教育の発案者・マリアモンテッソーリはこのように述べており、文字を見ることによって視覚的にイメージを定着させ、触れることによって書くことにつながるという見解を持っていたと言われています。

絵合わせ

created by Rinker
劍聲
¥4,860 (2019/06/26 13:21:02時点 Amazon調べ-詳細)
「言語教育」の一環として、絵合わせカードを使いながら、子供の語彙力を増やしていきましょう。木製パズルの絵合わせカードは、「こんなときにこのように使う」といった説明を加えながら遊ぶことで、身の回りの物を分類し、関係づけることを子供が覚えていく効果が期待できます。全部ペアリングしたら板の波線がぴったりと合う見た目も楽しいパズルです。

ひらがな50音スタンプ

created by Rinker
劍聲
¥19,440 (2019/06/26 13:21:03時点 Amazon調べ-詳細)
50音と濁音、半濁音、調音符、句点などがついたスタンプセットです。文字を選んで言葉を作ったり、少し長い文章が作れるようになるための練習をしましょう。スタンプを押しながら楽しくひらがなを学べるのが特徴です。

砂文字板

日本語だけでなく、アルファベットの習得におすすめなのが、「砂文字板」です。木製の板の上にサンドペーパーを使ってアルファベットの大文字と小文字が書かれており、指先でなぞりながら触覚を使い、アルファベットを書く練習をしていきます。感覚教育に重点を置く、モンテッソーリならではの教具です。

算数教育におすすめの教具

幼児期の子供は、数字や物の大きさ、量などに興味を示す時期があると言われています。そのときに数に関係した教具を用いることで、子供の理解へとつなげていきます。モンテッソーリ教育の「算数教育」では、ただ数を数えるというものではなく、数量が具体物で示され、手で扱えるという特徴を持ちます。

感覚教具からの継続として準備された教具は、例えば、1,000個のビーズからなる重い立方体や、色と数字で数量を表す切手などが挙げられます。

算数棒

算数教育におすすめなのが、「算数棒」です。算数棒を縮小したミニサイズは、机の上に広げて使用できる大きさで、1から10までの棒が2セット入っているため、一緒に使うことができます。数を数えるだけでなく、手で触りながら計算方法や数について学ぶことができます。

ビーズ

ビーズを使った算数教育も、モンテッソーリ教育の特徴の1つです。ビーズバーは、木箱に9色のビーズが入っており、足し算や引き算だけでなく、他の数学的スキルの習得にも役立ちそうです。色によって1から9までの異なる数字が示され、ビーズを自由に使いながら、見た目でも楽しみながらビーズを数えていきます。

切手遊び

created by Rinker
Montehippo
¥5,500 (2019/06/26 21:46:59時点 Amazon調べ-詳細)
算数の位取りの感覚を養うのに最適なのが、切手遊びセットです。1円・10円・100円・1000円のおもちゃの切手が入っており、組み合わせることで加減乗除の理解を深めることができます。本物の切手を見せてあげた後にこの教具を与えてあげると、より関心を持たせられます。

文化教育におすすめの教具

モンテッソーリ教育の「文化教育」は、言葉と数以外のジャンルを対象とした幅広い分野を学びます。例えば、歴史や地理、地質学や動植物など、小学校で勉強する社会科や理科に相当する分野と言えます。子供の興味のある分野に応え、好奇心を芽生えさせることを目的としており、これまで述べてきた4つの教育法が統合された総合学習と言うこともできるでしょう。教具としては、世界地図やパズル、時計などが用いられます。

時計パズル

文化教育におすすめの教具が「時計のパズル」です。パズルで遊びながら「数字」と「時」の概念を理解していきます。カラフルなブロックで色合わせや形合わせをして遊ぶことができるので、子供も飽きずに遊ぶことができます。正方形・長方形・ひし形・台形など、形の違うブロックで創造力と思考力を鍛える効果が期待できます。

日本地図パズル

created by Rinker
¥2,980 (2019/06/26 13:21:04時点 楽天市場調べ-詳細)
「日本地図パズル」のメリットは、遊びながら地理に親しむことができ、パズルのピースを手でふれながらそれぞれの地域の形を覚えることができることです。日本全域版だけでなく、北海道、東北、関東など8つの地域版もあるため、自分の住んでいる地域のパズルを使うことで、社会への理解も深めることができます。

昆虫パズル(トンボ)

頭・むね・はらといった昆虫の基本的な部位やそれぞれの昆虫の色や形を学ぶのに最適なのが、この昆虫パズル。トンボだけでなく、蝶・セミ・ハチなどの様々な種類のラインナップがあります。パズルに触れながら、どんな所に住んでいるのかや何を食べるのかなどと話を広げてあげると、さらに好奇心をくすぐることができます。

モンテッソーリ教具と他の教具との違い

モンテッソーリ教具と他のおもちゃの違い
モンテッソーリ教具と普通の教具にはいったいどのような違いがあるのでしょうか。モンテッソーリの教具には、さまざまな工夫やこだわりが随所にあります。

サイズや質、色などへのこだわり

「日常生活の練習」で用いられる用具は、用具の大きさや長さ、高さや重さなどを、子供が扱いやすいサイズの用具を選定します。さらに、子供が興味を示し、思わず手に取りたくなるような色や形にすることで、感覚的な刺激を与えることにつなげていきます。

そして、サイズや色だけでなく、「本物」であることも重要なポイントになります。例えば、先のとがった包丁を使用する場合は、サイズは通常のものより小さくても切れやすさを重視したり、皿などの器はプラスチックではなく、落としたら割れてしまうものにすることで、子供が自ら慎重に扱う姿勢を身につけられるようにします。

時計や地図、日常生活で使うものを使用

「文化教育」でも述べた通り、モンテッソーリ教育では時計や地図、切手など、日常生活で使用するものを教具として扱います。普段から使うものに慣れさせることで、物事の理解や扱い方を学び、社会に対する興味や関心を持たせるという意図が含まれています。時計や地図は子供が成長してからも使う場面があるので、成長過程によって違った楽しみ方を覚えることができるでしょう。

地域性がある

モンテッソーリ教育は世界中に普及していますが、それぞれの国や地域の特性が生かされている教具を使用しています。例えば、イギリスの劇作家シェイクスピアの暗唱を行うなど、自分たちの文化の理解につなげる工夫が教具にも施されています。日本地図のパズルなど、子供が周囲の環境を理解しやすい教具を選ぶのも1つの方法です。

モンテッソーリ教育の教具を取り入れてみよう

モンテッソーリ教育の教具には、子供の感覚を刺激するものや実際に日常生活で使うものを取り入れるなど、子供の好奇心を育てるたけの工夫が施されています。家庭でも取り入れられる教具ばかりですので、気になる方はぜひ今回紹介したアイテムでモンテッソーリ教育を身近に感じてみてはいかがでしょうか。

参考
モンテッソーリ教具の歴史的変遷|大阪大学教育学年報
モンテッソーリ教具はどれがおすすめ?長く使える定番教具のご紹介|チャイビ
モンテッソーリ教育の用具と教具|サンライズキッズインターナショナルプリスクール
モンテッソーリ教育で使う教具の選び方と分野別おすすめ10選を紹介!|お受験TOWN
モンテッソーリ教育と教具|Jinkawiki

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部