初めての七五三!成功のポイントや失敗しないためのチェックリスト

初めての七五三!成功のポイントや失敗しないためのチェックリスト

初めての七五三は、親にとっても子供にとっても、一大行事です。11月に多くの家庭がお祝いをしますが、準備には大きな労力を使います。また子供にとっては非日常的な行事のため、とても疲れてしまうことも……。今回は、初めての七五三をスムーズに行うための成功のポイントや、失敗しないためのコツをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

七五三とはどんな行事?

七五三とは、7歳・5歳・3歳に行う子供の成長を祝う、日本古来の年中行事の1つです。氏神様(神社)などに「七五三詣で」を行います。女の子は7歳と3歳、男の子は5歳(地域によっては3歳と5歳)にお祝いをするのが一般的です。

  • 3歳(髪置きの儀):昔は3歳までは髪を剃る習慣があった。その習慣を終了し、髪を伸ばし始める時期。
  • 5歳(袴儀):男の子が袴を着用し始める時期。
  • 7歳(帯解きの儀):女の子が大人と同じ幅の帯を結び始める時期

七五三の年齢にはこのような意味があり、縁起の良い数字でもあることから、7歳・5歳・3歳にお祝いをするといわれています。七五三の時期は、通常11月15日とされていますが、子供の体調や成長に合わせて、時期をずらして行っても問題はありません。家族で子供の成長をお祝いし、健康を願うという意味が込められています。

参考
七五三|フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今どきの七五三、みんなどんなことをしてるの?

現在、七五三のお祝いは、お詣り・写真撮影・会食を行うケースが多くみられます。各地域によって違いはありますが、おおよそこの3つを七五三の行事として、行う家庭が増えています。また七五三の衣装に関しては、近年レンタルが人気を集めています。以前は祖父母からお祝いとして着物を贈ることもありましたが、すぐに身体が大きくなってしまう子供に、普段着ることの少ないフォーマルな服を買うのではなく、多くの種類の中から気に入った服をレンタルするケースが多いのが現状です。

参考
親も子も七五三はレンタルブーム|朝日新聞DIGITAL

お詣り

一般的には11月に近所の氏神様や、有名な神社に「七五三詣で」を行います。ただし、必ず11月に行わなくてはいけないということではありません。神社によっては、6月から七五三のご祈祷を行うところもあります。ご祈祷には予約が必要となり、時間や日にちを指定して行います。一家族で行うケースと、何家族かが一緒に行うケースがあります。またお祝い事は大安に行うという風習がありますが、特に気にする必要はありません。子供や家族の体調や都合に合わせて、日取りを決めましょう。

写真撮影

一生に一度の子供のお祝い……写真に残しておきたいと考える親御さんは非常に多いです。写真スタジオで子供の正装の写真を撮影したり、家族全員の写真を残す家庭もあります。現在ではさまざまなプランが提供されていて、写真撮影と着物のレンタルのパックや、和装と洋装、双方の撮影ができるプランなどもあります。七五三の時期は非常に混み合うので、写真撮影をスタジオで行いたい場合は、早めの予約が必要になります。

会食

七五三のお祝いで参加してくれた人と一緒に、ホテルや料亭などでご飯を食べるというのも一般的なお祝いです。祖父母にとって孫の成長はとても嬉しいものです。参加してくれたお礼も兼ねて、家族みんなで食事をするという機会を設ける家庭が多く見られます。小さい子供がいる場合などは、自宅で行っても問題はありません。弟妹がまだ小さい場合などは、ケータリングや出前を利用して、自宅でお祝いというのも1つの方法です。

七五三を成功させるための3つのポイント

七五三を成功させるための3つのポイント
七五三は女の子で2回、男の子は1回(地域によっては2回)しか行わない行事です。初めてのことが多く、不安が募ることも多いはず……成功させるために重要なポイントを3つご紹介します。

数え年か満年齢か

子供の月齢にもよりますが、数え年で七五三を行うとなると、3歳では数え年で2歳、5歳では4歳、7歳では6歳に行うことになります。ここで注意したいのは3歳のケースです。筆者の友人達の体験談では

  • 2歳半では着物の着付けなどを嫌がり、写真がうまく取れなかった。
  • 髪の毛が伸びず、アップにできなかった。
  • 身体が小さく、レンタルの衣装が合わなかった。
  • イヤイヤ期真っ盛りで、1日もたなかった。

などという声が多く聞かれました。5歳、7歳ともなれば、親の言うことを理解できるので、言って聞かせることもできますが、やはり2歳での七五三は厳しいと言われています。数え年で行うことが厳しいのであれば、満年齢で行っても全く問題はありません。子供の成長の状況に合わせて、数え年で行うか、満年齢で行うかを見極めることがポイントです。

撮影は前か後か

七五三の時期の写真スタジオは、非常に混雑します。混雑している写真スタジオのデメリットは

  • 衣装をゆっくり選べなかった。
  • 子供の機嫌が悪くなり、多くの枚数を撮影してもらえなかった。
  • 貸し出しの衣装の種類が少なかった。

など、どうしても時間で区切られてしまうので、慌ただしい雰囲気になってしまいます。1日の中で、写真撮影とお詣り、会食を一度にするのは、親も子も負担が非常に大きくなります。写真スタジオでは、早めの予約や、時期をずらしての予約なども受け付けています。子供の状況(月齢・体格・髪の毛など)を考えて、いつ撮影をするのかを決める必要があります。

出席者は誰か

七五三のお祝いには、子供にとっての祖父母が参加するケースがほとんどです。地域にもよりますが、七五三の衣装を祖父母が用意するという慣わしがあり、男の子の場合は父方の祖父母が、女の子の場合は母方の祖父母が準備するのが一般的だと言われています。現在では、着物を新調するのではなく、レンタルで行うケースも多いので、事前にプランを決め、双方の実家と話し合う必要があります。また近所であれば問題はありませんが、どちらかが遠方から出席する場合は、日程や交通手段・宿泊先などの手配も考えなくてはいけません。また何らかの事情で出席できない場合には、後日写真を送ったりする心遣いも必要です。誰に出席をお願いするのか、出席は可能なのか、何かお願いすることはあるのかを夫婦で話合い、決定することがポイントになります。

参考七五三のお参りはいつ?服装はどうしたらいい?参拝の手順や先輩ママの体験談|mamari

七五三の準備・チェックリスト

七五三の準備・チェックリスト
七五三は準備が肝心な行事です。事前準備と前日準備の2つに分けて、ご紹介します。

事前準備編

洋装にする?和装にする?

七五三のお祝いでは、着物を着ることが一般的とされています。ただ近年では、子供の要望や年齢などによって、洋装(ドレスやタキシードなど)を選ぶことも増えてきています。各地域によってしきたりなどがあるのですが、各家庭によって洋装・和装どちらにするのかをまず始めに決めてしまいましょう。それによって、購入するのか、レンタルするのかを決めなくてはいけませんし、子供の衣装によって親や出席者の服装にも影響が出るからです。特にこれでなくてはいけないという決まりはありません。各家庭の状況に合わせて、どちらにするのかを話し合ってください。

美容院の予約はOK?

着物の着付けや髪の毛のアップなどは、なかなか自宅ではできないものです。最近は写真撮影のスタジオでメイクアップや着付けを行ってくれることも多いですが、写真撮影とお詣りの日が異なる場合などは、別途美容院の予約が必要になります。親が着物を着る場合は、特に気をつけなくてはいけません。七五三の時期は、美容院が非常に混み合います。予約をしても待たされたり、時間がかかることも考えておきましょう。予定を立て、余裕を持った予約ができるように準備する必要があります。

写真撮影は決めた?

七五三の中でも、多くの人が行うのが写真撮影です。美容院と同様、七五三の時期は写真スタジオが非常に混雑します。お祝いの当日に行うのか、または別の日に設定するのかを決めなくてはいけません。子供の状況や親の希望なども踏まえて、早めに準備しなくてはいけないことの1つです。早いところでは6月くらいから予約の受け付けを開始しています。早々に予約をしないと、希望の日に撮影ができないなんていうことも……またスタジオによってそれぞれの特典や特長があります。情報収集を早めに行い、比較検討する時間も必要になってきます。

ご祈祷の予約は?

七五三では氏神様にお詣りをします。多くの神社では、時間を決めて七五三のご祈祷を行っています。10:00~14:00の間が一般的ですが、回数や日にちは各神社によって異なります。有名な神社になると、予約が殺到し、希望の日程ではお願いができないこともあります。どこの神社に行くのか、日にちはいつにするのか、時間は何時ごろが良いのか等を考え、早めに予約することをおすすめします。

交通手段の確認は?

子供が着物を着ている場合、お詣りに行く際どの交通手段で行くのかは重要なポイントになります。また小さい弟妹がいる場合なども、注意が必要です。車で移動する際には渋滞の予測、公共交通機関を利用する場合は時刻表などを確認しましょう。特に車で移動する場合、日曜日は普段でも交通渋滞が発生しやすくなります。どの手段で移動するのかによって、スケジュールが大幅に変更になる可能性が考えられるので、当日の交通手段については事前に確認しておきましょう。

前日準備編

着替えは持った?

お詣りと会食を1日で行う場合、子供にとってずっと正装でいるのは非常に負担となります。またレンタルの場合などは、食べ物などで汚してしまうことも考えられます。お詣りや写真撮影が終わったら、できる限り子供は着替えさせてあげましょう。普段着でも構いませんが、食事をする場所によっては、少々フォーマルなものが望ましいです。特に3歳のお祝いの際は、多めに着替えを用意してあげましょう。また忘れがちなのが靴です。草履やヒールでは子供も歩きにくく、機嫌が悪くなったりする可能性があります。履きなれた靴を持つことも忘れないでください。

初穂料は用意した?

初穂料(はつほりょう)とは、ご祈祷の際に神社に渡す謝礼のことです。地域によっては玉串料(たまぐしりょう)と呼ぶところもあります。神社によっては初穂料の金額を決めているところもありますが、おおよその相場は5,000円から10,000円、現金を渡すのではなく、きちんとのし袋に入れて渡します。用意するのし袋は「紅白もしくは金銀で蝶結びの水引き」のついたものです。表書きには「初穂料(玉串料)」と記載し、子供の名前を書きます。また兄弟で一緒に七五三をお祝いする場合は、子供の人数×初穂料となり、表書きも連名で記載します。お祝い袋に入れるお札は、新札が望ましいです。前もって必要な金額を新札に変え、のし袋の用意をしておきましょう。

天候のチェックはOK?

天候によっては、持ち物や服装、交通手段が異なるケースがあります。11月に行う場合は、寒さ対策が必要なことも……特に親や祖父母は注意が必要です。また雨の場合、子供のレンタルの衣装が汚れる可能性が大きくなるので、事前に汚れてしまった時の対応を確認しておく必要があります。

  • 雨でレンタルした着物が汚れてしまい、クリーニング代で非常に高い金額がかかった。
  • スーツだけで参加したら、祈祷のときに寒くて大変だった。
  • 11月にしては寒い日だったので、コートやらマフラーなどで荷物が異常に増えた。

これは実際に筆者の友人達が味わった経験談です。その日にならないとわからないのが天候の怖いところですが、予め週間予報などで天候や気温のチェックは必要になります。

【まとめ】初めての七五三は子供を中心に考えよう

初めての七五三は、子供にとっても家族にとっても一大イベントです。良い1日にしたいと思うのは、皆同じことです。そのためには、事前の準備や打ち合わせが不可欠です。ただ気をつけなくてはいけないのは、子供がメインであるということ。特に3歳のお祝いの際は、まだ訳が分からず、大変な思いだけをしてしまう可能性もあります。七五三の時期や方法に決まりはありません。子供の月齢や家族の状況に合わせて、時期をずらしたり、余裕を持ったスケジュールを設定するなどの工夫が必要になります。何が何でもという気持ちではなく、子供のことを第一に考え、家族みんなでお祝いをするというスタンスで臨むことがもっとも重要なポイントであるといえます。

参考七五三のお参り時期はいつ頃?写真はいつまでに撮影すればいいの?|スタジオマリオ

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)