親子でできる簡単手遊び!人気の手遊び歌10選

手遊び 簡単

手遊びとは歌と手や指の動きが一緒になった遊びのことで、保育園や幼稚園といった保育現場でも導入されています。当記事では、親子で簡単にできる人気の手遊び歌を10曲紹介します。特別な道具は必要ないので、ぜひ記事を参考に、ご家庭での親子の時間に手遊びを取り入れてみてください。

簡単!人気の手遊び10選

手遊びは、手指だけでなく腕や肩、顔など体のさまざまな部分を使いながら、リズムやメロディに合わせて遊ぶことができます。道具を一切使うことなく、五感を刺激しながら遊ぶことができるため、脳へも良い影響を与えるといわれています。

パパやママとのコミュニケーションも高まるため、心の安定にもつながるとともに考える力を培うのにもぴったりです。

グーチョキパーで何つくろう


作詞:斎藤二三子
作曲:フランス民謡
楽曲:Popo Kids「ポポキッズ」 https://www.youtube.com/watch?v=hj3GnzdnY_o
歌に合わせてじゃんけんでおなじみのグーチョキパーを組み合わせ、ちょうちょ、カタツムリ、ドラえもん、アンパンマン、ブランコなど、生き物やキャラクター、物を表現する手遊び歌です。グーチョキパーを使って何ができるか子供に聞いてみると、面白いアイデアが出てくるのではないでしょうか。

3歳前の子供にとっては、チョキを作るのが難しいでしょう。そんな時はグーとパーだけでできる鳥やドラえもん、アンパンマン、雪だるま、キャッチボール、ヘリコプターなど、チョキを使わずにできるものを選ぶと簡単にできます。

とんとんとんとん ひげじいさん


作詞:不詳
作曲:玉山英光
楽曲:ハピクラワールド https://www.youtube.com/watch?v=vi9jvnwiVxE
多くの手遊び歌の本に掲載されている手遊びの1つであり、保育園や幼稚園でも定番となっています。両手をグーにして交互にトントンとたたき、ひげじいさん、こぶじいさん、天狗、眼鏡を表現します。

複雑な指や手の動きがなくて簡単なので、小さな子供も楽しく取り組めておすすめです。赤ちゃんは、パパやママが手を持って一緒に遊んであげると良いでしょう。

慣れてきたらスピードを速めたり、「嬉しく」、「悲しく」、「怒って」など感情を交えながら行うのも楽しいでしょう。また、最後の「キラキラキラキラ手はおひざ」の手を、どこに置くかを子供に聞いてみて、頭やお腹など膝以外の場所に変えるのも面白いです。

パンやさんにおかいもの


作詞:佐藤智子
作曲:おざわたつゆき
楽曲:ハピクラワールド https://www.youtube.com/watch?v=u5WPWlnbgus
こちらの手遊び歌は、子供にパン屋さんへ買物に行ったところをイメージさせることができ、想像力を膨らませてあげられます。手で目や鼻、ほっぺといった顔のパーツに触れ、サンドイッチやメロンパン、ねじりドーナツなどを表現する手遊び歌です。複雑な動作が含まれていないので、小さな子供でも楽しむことができます。

子供とペアになり、お互いの顔を触りながら行うこともできます。ただしその際には、パパやママの顔が痛くならないよう力加減をすることを前もって伝えておきましょう。

手遊びの前に、パン屋さんにはどんなパンが売っているかを聞いたり、子供の好きなパン、食べたいパンを聞けば会話も弾むでしょう。子供との遊びの時間にはもちろん、朝ごはんやおやつの時間など、パンを食べる前に行うのもおすすめです。

おべんとうばこのうた


作詞:香山美子
作曲:小森昭宏
楽曲:キッズボンボンTV https://www.youtube.com/watch?v=OBa1B-aEoqQ
この「おべんとうばこのうた」は、NHKの「みんなのうた」で放送されたこともある童謡で、昔から保育園や幼稚園といった保育現場でも取り入れられています。懐かしさを感じるパパやママも多いのではないでしょうか。

歌では、歌名のとおりお弁当箱におにぎり、刻みしょうが、にんじん、しいたけなどを詰めていく過程を手で表現します。数え歌にもなっており、「2」はにんじん、「3」は山椒、「4」はしいたけ、「5」はごぼうを表しています。

指で数を表現する箇所があるので、小さな子供には少し難しいかもしれませんが、手助けをしてあげながらゆっくりと行ってあげれば、一緒にできるでしょう。慣れてきたらスピードを上げたり、「ゾウのおべんとうばこ」と題して大きなお弁当をつくったり、ちっちゃな「アリさんのおべんとうばこ」にしてみたり、パパやママ、子供のお弁当を作ったりと楽しんでみてください。

あたま かた ひざ ぽん


作詞:不詳
作曲:イギリス民謡
楽曲:ハピクラワールド https://www.youtube.com/watch?v=rP7KKeAbOec
頭、肩、ひざといった体の主要部分をはじめ、目、耳、鼻などの顔のパーツを学ぶことができる手遊び歌です。指や手の複雑な動作が含まれていないので、小さな子供も楽しめます。初めはゆっくりなテンポから始め、徐々にスピードを上げていってみましょう。

「頭、肩、ひざ」を「肩、胸、ひじ」へと体の部位を変えたり、速くやったりゆっくりやったり、「ひざポンポン」や「ひざポンポンポン」とポンの回数を増やしたり、「ポン」と手を叩くのを胸の前ではなく頭上で行ってみたりと、いろいろとアレンジするのもおすすめです。

バスごっこ


作詞:香山美子
作曲:湯山昭
楽曲:保育しバンク!チャンネル【公式】 https://www.youtube.com/watch?v=pArMbC6dfrI
子供が好きな乗り物の1つであるバスに乗っている気分を味わえる手遊び歌です。切符を手渡したり、バスから景色を眺めたり、道の悪いところを走ったりをリズムに合わせて表現します。

手拍子をしたり、人の手を叩いたりといった手の動きだけではなく、首を上下左右に動かす運動や、体を相手に軽くぶつけるといった動きも含まれているので、全身を動かすことができます。

パンダうさぎコアラ


作詞:高田ひろお
作曲:乾裕樹
楽曲:キッズボンボンTV https://www.youtube.com/watch?v=ChLwi0Y3sDc
子供が好きなパンダ、うさぎ、コアラを手で表現して遊ぶ手遊び歌です。パンダは手を双眼鏡のように形づくって目に当て、うさぎは手で耳をつくって頭に当て、コアラは両手を前に出しておなかを抱えるようにします。

手遊びを始める前に、それぞれの動物の基本的な振りを教えてあげましょう。そうすればスムーズに手遊びを行うことができます。初めはゆっくりとしたテンポから始め、徐々にスピードを上げると良いでしょう。パンダ、うさぎ、コアラの3つを速いテンポでできたときには、子供は達成感を味わうことができます。

はじまるよ


作詞・作曲:不詳
楽曲:保育士バンク!チャンネル【公式】 https://www.youtube.com/watch?v=3AtyE6VACDI
保育園や幼稚園で子供の注意を引いたり、何かを始めるときや、次の活動へ移行する際の導入として使われている手遊び歌です。

1〜5までの数字に親しむことができ、指を1本ずつ増やしながら忍者、カニ、ネコ、たこ、鳥の5つを表現します。手遊びを始めるときに1番初めに行うのがおすすめです。「何が始まるのかな?」と子供は興味をかき立てられることでしょう。

指の独立した運動を行えるため、手先の器用さや指の動きの向上が期待できます。小さな子供とはゆっくり行い、指で数を表現することが難しい場合は、手助けしてあげると良いでしょう。何度も繰り返ししているうちに、1人でもできるようになります。

おおきくなったら何になる?


作詞・作曲:不詳
楽曲:保育士バンク!チャンネル【公式】 https://www.youtube.com/watch?v=p_kH1grc2ss
指を1本ずつ増やしながら、リズムに合わせて指の本数で職業を表現する手遊び歌です。お医者さん、美容師さん、ケーキ屋さん、おまわりさん、お相撲さんと5つが含まれており、1〜5までの数に慣れ親しめるのはもちろん、これらの職業を知るきっかけをつくってあげることができます。

指の独立運動が求められるので、手遊びを始める前に1つ1つの動作を確認すると良いでしょう。指をスムーズに動かすことができた方が、より楽しく遊ぶことができます。この手遊び歌から、子供の将来の夢を聞いたり、他にどんな職業があるのかを話したりと会話を広げるのも良いでしょう。

パンのうた


作詞・作曲:不詳
楽曲:Smile-Kikki https://www.youtube.com/watch?v=3vwG1XlrqAM
あんぱん、食パン、クリームパン、サンドイッチ、ドーナッツ、クロワッサンの6種類のパンが登場する手遊び歌です。それぞれのパンを手で表現して楽しみます。複雑な動作が含まれていないので、小さな子供でも楽しむことができるでしょう。両手で同じ形をつくるだけでなく、左右の手の動きが異なる運動もあるので、脳の活性化にもつながります。

子供に好きなパンや食べたいパンを聞けば、会話をより広げられます。クロワッサンなど分からないパンがある場合は、実際にいろいろな種類のパンを見せてあげると良いでしょう。

手遊びとは?

手遊びは、歌を歌いながら歌詞の内容に合わせて手や体を動かして遊ぶものです。道具を使う必要がないため、いつでもどこでも楽しく遊ぶことができます。自分で手指を動かせない赤ちゃんでも、大人が手遊びをするとじっと見つめて興味を持ちます。

手指の運動機能の向上や脳を刺激して考える力を養うことにも効果的であるとされています。また、運動機能や思考力だけでなく、コミュニケーション能力を高めて心の安定を図ることができ、心身ともにバランスのとれた成長にうってつけの遊びであるといえるでしょう。

いつからできる?

生後3ヶ月くらいになると動くものを目で追うようになり、大人とも目が合うようになります。まだ首が据わっていなくてもこの頃から手遊びで遊ぶことができます。まだ、手や足を自由に動かせず、あおむけで寝たままの状態が多い赤ちゃんは、体への刺激が少ないものです。

パパやママが歌いながら、手足を動かしたり、脚や腕などを刺激したりしながら遊んであげることで、脳を刺激し、運動機能を高めることができます。同じ手遊びでも月齢に合わせて違う遊びができるので、アレンジして積極的に遊んであげましょう。

子供にどんな影響がある?

子供にどんな影響がある?
手遊びは、手や指をさまざまな形にして、動物などの生き物を表現する遊びで、歌もたくさんあります。細かい手や指の動きは赤ちゃんにはなかなか難しいものですが、発達段階とともに徐々に自由に動かせるようになります。手遊びは手や指先を器用に動かすためのトレーニングにもなります。

手遊びには歌詞とメロディがあります。リズム感が養われるだけでなく反射機能音感を高めることができます。また、歌詞にはさまざまな言葉が登場するので言葉を認識する力をつけることができます。さらに、人の動きに合わせて遊ぶので協調性コミュニケーション力を高めることにもつながります。そこで、視覚、聴覚、触覚に与える影響についてご紹介します。

視覚への影響

視覚が発達してくると、指をさした方向を見たり、少し離れたところにあるものを集中して見たりすることができるようなります。楽しいことをしてくれる大人の動きには興味津々で、常に大人のしぐさに集中して見るようにもなるでしょう。

赤ちゃんであれば、自分が手遊びできなくても、大人がリズムやメロディに合わせて手遊びする様子を見ることで、十分に楽しむことができるでしょう。そのうちに視覚で捉えたものと言葉の意味がつながるようになり、さらに手遊びを楽しめるようになります。

聴覚への影響

生後10ヶ月くらいになると喃語なんご(まだ言葉にならない発声)を繰り返し発するようになります。自分で発した声や大人の語りかけをよく聞くようになり、徐々に聴覚が発達してきます。自分で言葉を思うように発することができなくても、リズミカルな手遊びに反応して、うなるような声を出して一緒に遊ぼうとします。

人の表情や身ぶり、手ぶりと言葉の関係性にも興味を持つようになり、少しずつ簡単な言葉が理解できるようになります。同じような言葉をリズミカルに繰り返す手遊びは、聴覚にも良い影響を与えるといえます。

触覚への影響

ハイハイの時期が過ぎた赤ちゃんは、徐々につかまり立ちをするようになります。手や指に少しずつ力が入るようになり、ものを触るという感覚から握る、動かすことに興味が湧いてくるようになります。指をじっと見つめながら、親指と人さし指を向かい合わせたり、くっつけたりしながら、さらに独立した指の運動や手先の細かな動きができるようになります。

手遊びでは、指や手のひらを合わせたり、くっつけたりする動きも多く、触る、握るなど触覚への刺激を与えることができます。

簡単な手遊びで子供の成長を育もう!

歌と手や指の動きが一緒になった手遊びからは、脳や心の発達を促すことはもちろん、親子の信頼関係を深めたり、大人の真似をすることで習慣的な動作を楽しみながら自然と身につけたり、集中力を高めたり、運動機能を向上させたりといった効果が期待できます。特別な道具はいらず、赤ちゃんからできる簡単なものもあるので、普段の子供との遊びの時間に手遊びを取り入れてみてください。

参考
手遊び歌の種類と成り立ちについて|徳島文理大学研究紀要第84号平成24.9
手遊び歌の使用法における一考察|国士舘大学

この記事をかいた人

Yukiko Žilinskas

男の子2人のママライター。EQと共感力を高める子育て、非暴力コミュニケーション(NVC)に興味があり勉強&実践中。教育や子育てに関する情報をママ目線でお届けします。