【2019年版】記憶力を鍛えるトレーニングにおすすめの本5選 ( 2 )

記憶力がいい人が仕事ができる理由

記憶力がいい人が仕事ができる理由
記憶力がいいと仕事にもいい影響を与えます。記憶力がいい人はなぜ仕事ができるといわれるのか、その理由を説明します。

業務の基本的な内容を覚えている

仕事をするにも優先順位や効率など、いろんなことを考えて取り組みます。自分に与えられた仕事をするにも、業務の基本的な内容がわかっていないと意味がありません。記憶力がいい人は、業務の基本的な内容を瞬時に判断し、理解できます。理解が早いのでその分仕事開始も早く、効率良く仕事ができます。

業務の基本的内容がわかっていないと、何度も見直したり確認したりします。その分作業効率が悪くなります。また基本的内容がわかっていないと、ミスも増えます。

顧客の信頼が厚い

記憶力がいい人は仕事の効率も良く、ミスもほとんどありません。そのため顧客からの信頼も厚くなります。この人なら仕事を任せても安心と思われるので、依頼される仕事も増え実績も増えます。

記憶力が悪いと仕事の効率も下がるので、時間がかかり、ミスが多いと顧客からの信頼も勝ち取れません。

段取り良く仕事が行える

記憶力が高い人は、仕事をする上での重要なポイントもきちんと理解して覚えています。効率良く進めるには段取りも重要です。記憶として仕事に必要な情報が頭のなかに入っているので、落ち着いて仕事ができます。

記憶力が悪いと何をするにもいちいち確認が必要なので、その都度仕事を中断しなければいけません。人より余計に時間がかかるので、当然予定通りには進まず、段取りが悪くなってしまいます。

臨機応変な対応ができる

頭のなかに必要な情報が入っていれば、何かトラブルや問題があったときも、頭のなかの情報をもとにどう対処すればいいかをすぐに導き出すことができます。

記憶力が悪いと何か問題に直面したとき、どうしていいか分からずパニックになってしまいがちです。これでは臨機応変な対応などできません。このように、子供の頃から記憶力を鍛えておかないと、大人になってから苦労するのです。