履歴書と職務経歴書の封筒の選び方と正しいマナーとは?

企業の面接時に持参するものといえば、履歴書と職務経歴書です。それらを面接官に渡すときは、封筒にまとめて入れるのが基本的なマナーとなっています。

こちらの記事では、履歴書と職務経歴書に入れる封筒の選び方や、入れるとき・書くときなどのマナーについてご紹介します。

おすすめ転職サイトはこちら 公式
DYM就職
・学歴や経歴に不安があっても大丈夫!
・経験豊富なキャリアアドバイザーが内定まで徹底サポート!
・無料で応募書類の添削から面接対策まで対応!
リクルートエージェント
・転職支援実績NO1!
リクナビNEXTから求人を探すことも可能!
doda
・転職者満足度NO1!
・優良大手企業もズラリ!!
ミイダス
・精度の高い市場価値診断!
・専用アプリでスマートに就活を!

履歴書と職務経歴書を封筒に入れる理由

履歴書と職務経歴書を封筒にまとめて入れる理由として挙げられるのは、相手に渡すまでに汚れがつかないようにするためです。ほかにも、書類自体が濡れたり、折れたりしないようにするために封筒が用いられます。

履歴書と職務経歴書を入れる封筒の選び方

履歴書と職務経歴書を封筒に入れる場合、どれくらいのサイズで、どのような色を選べばいいのか迷う人もいることでしょう。この2つの書類は、基本的にA4サイズで作成されていることが多く、書類を折らずに入れられる角型2号を選ぶのが妥当です。

封筒の色は基本的に白色にしますが、紙の素材が薄いと書類の情報が透けて見えてしまうので、厚地の白い封筒を選ぶようにしましょう。

履歴書と職務経歴書の封筒の書き方マナー

履歴書と職務経歴書を入れる封筒の書き方にも、マナーが存在します。こちらの章で、詳しくご紹介していきましょう。

表面:宛先は都道府県名から書く

書類を出すときに、一部省略した形で区や市から住所を書くケースもありますが、履歴書や職務経歴書を郵送で送る場合、先方の宛先は都道府県名から記載するのが一般的です。

表面:略字を書かない

これまでに、「(株)」「kk.」といった略字を見たことがある人は多いでしょう。しかし、履歴書や職務経歴書を入れる封筒の宛名に略字を使ってしまうのは、先方にも失礼にあたるので注意が必要です。きちんと正式名称で書くようにしましょう。

表面:左下に赤ペンで「応募書類在中」を書く

履歴書と職務経歴書が入っていることが一目で分かるよう、封筒の左下には、赤ペンで「応募書類在中」や「人事サポート職応募書類在中」などと書きましょう。

ただし、封筒の表面にすでに「履歴書在中」と印字されているなら、赤ペンで書く必要はありません。

表面:「御中」と「様」を一緒に書かない

宛名の末尾に「御中」または「様」と記載しているのを見たことがあるかと思います。この2つは、基本的に一緒に書かないのがルールです。

正しい使い分けは、以下のとおりです。

  • 部署宛の場合(例:人事部)/「御中」
  • 採用担当者など個人宛の場合/「様」

裏面:差出人住所氏名は表面と同じ向きに書く

封筒の裏面は、差出人の住所と氏名を記載します。表面の宛先を横書きで書いたなら、裏面も

横書きで書いて統一感を出しましょう。