新卒なのに職務経歴書が求められる理由は?その場合の対処法と書き方

職務経歴書とは、これまでの業務経験を企業に伝えるための書類です。なぜか業務経験のない新卒でも、職務経歴書の提出を企業に求められることがあります。「何を書けばいいの?」と焦らないためにも、当記事では、新卒で職務経歴書を求められる理由や対処法などについて紹介します。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

基本的には新卒に職務経歴書は必要ない

一般的に職務経歴書は、新卒の場合は提出する必要のない書類です。職務経歴書には基本、学生時代のアルバイトの経験も記載しないので、正社員として仕事をしたことのない新卒にとっては書く職歴がありません。ですので、新卒の求人では通常、応募書類には職務経歴書が含まれていません。

新卒に職務経歴書を求める理由は?

職務経歴書は、本来であれば転職する人が提出を求められる書類です。ではどうして、新卒が応募企業から、職務経歴書を提出するよう言われることがあるのでしょうか。新卒が職務経歴書の提出を求められる理由はなんでしょうか?

企業側のミスが多い

新卒を募集しているにもかかわらず、提出書類に職務経歴書が記載されている場合は、企業のミスや勘違いがほとんどです。新卒は職歴がないのは明らかですので、中途採用と混同している可能性もあります。新卒と中途採用の求人を同時に出している場合は、中途採用と同じ文面で募集要項を準備してしまう担当者もいるようです。

アルバイト経験が見たい

もう1つの理由として、学生時代のアルバイトの経験を企業が知りたい場合があります。アルバイトで経験した業務や仕事内容が、入社した後に活かせるかどうかが書類選考でチェックされることになります。本来は、アルバイト経験を職務経歴書や履歴書に記載する必要はありませんが、この場合はアルバイトも職歴とみなしてアルバイト歴を書きましょう。

新卒で職務経歴書を求められたらどうする?

新卒が提出書類として職務経歴書を求められた場合、どう対応すればいいでしょうか。ここでは、新卒で職務経歴書を提出するよう言われた時の対処法について紹介します。

念のために企業に問い合わせる

新卒の求人で提出書類として職務経歴書が含まれていた場合、まずは念のため企業に問い合わせるのが無難です。「企業側のミス」と勝手に自分で理由を判断して提出しない、などのようなことがないよう気をつけましょう。「こちらの勘違いでした」と提出不要となる場合もあれば、「新卒も必ず提出してください」と言われる場合もあります。人事担当者の人の指示に従いましょう。

絶対に提出の場合はアルバイト歴を書く

企業に確認し、新卒でも職務経歴書を提出する必要があると言われた場合は、職歴としてアルバイト経験を記載します。書類選考において、アルバイト経験が採用の判断材料とされる可能性が高いので、経歴からアピールにつなげて記載するといいでしょう。

<アルバイトの職務経歴の書き方>

・コンビニエンスストアでの接客業務(20**年 *月*日 ~ 20**年 *月*日)

(品出し、在庫管理、レジ対応、店内清掃など)

◎◎駅にほど近いコンビニエンスストアにて接客を担当していました。通勤通学ラッシュの時間帯は一気にお店が混むので、チームワークを大切に協力して仕事をすることの大切さを学びました。少しでも効率よく作業ができるように◎◎や◎◎といった工夫も行なった結果、店舗内で展開されるなど、自分で考えて動く力も身につきました。

(引用元:アルバイト経験のみの場合の職務経歴書「職歴欄」の書き方・ポイント【見本・例文あり】|転職大辞典

できれば、応募する企業の業種や仕事内容と関連したアルバイト経験が好ましいでしょう。企業とマッチするようなアルバイト経験がなくても、社会に出て活かせるような経験やスキルをアピールしましょう。

職務経歴書の代わりに自己PR用紙を提出する

新卒で職務経歴書の提出が不要である場合でも、職務経歴書の代わりに「自己PR用紙」を提出する方法もあります。これまでの学生生活やアルバイトなどで経験したこと、学んだこと、職場で活かせそうなことなどを「自己PR用紙」としてまとめてみましょう。企業にとって、その人がイメージしやすくなり、採用を決めるよい判断材料となる可能性もあります。