法務教官の採用試験を解説!倍率や難易度はどのくらい?

少年院や少年鑑別所などに勤務する法務教官になるには、1次と2次からなる採用試験を受けます。受験する方は、採用試験の概要や倍率、難易度などを詳しく知っておきたいところでしょう。

今回は、法務教官採用試験の概要や倍率、難易度、試験時の服装などについて詳しく解説します。

法務教官採用試験の倍率と難易度について

では、早速、倍率と難易度を見ていきましょう。

倍率

過去4年間の倍率を、以下の表にまとめました。倍率は年度によってばらつきがありますが、6倍に達する高倍率の年度もあることが表から分かります。

平成28年度~令和元年度までの倍率

倍率/試験区分 法務教官A(男性) 法務教官B(女性) 法務教官A(社会人男性) 法務教官B(社会人女性)
平成28年度 4.7 4.9 6.1 3.6
平成29年度 6.4 5.5 4.3 3.7
平成30年度 5.2 3.0 3.0 5.2
令和元年度 5.1 3.1 1.7 2.4

参考

法務省専門職員(人間科学)採用試験|人事院

法務省専門職員の概要|公務員試験総合ガイド

難易度

法務教官採用試験の難易度は、公務員試験の国家一般職採用試験と同様に大卒程度のレベルとなっています。1次試験は、基礎能力試験と専門試験に分かれており、勉強範囲は広く、一定以上の知識がなければ、問題を解くのが難しい問題も多くあります。

法務教官採用試験の2020年度の概要

ここからは、2020年度の法務教官採用試験の概要を見ていきます。申し込み方法の注意点などもありますのでよく確認していきましょう。

受験資格

受験資格は、以下の通りです。

区分 受験資格
法務教官A及び法務教官B (1)1990年4月2日から1999年4月1日生まれのもの

(2)1990年4月2日以降生まれの者で、次に掲げるもの

ア.大学を卒業した者、及び、2021年3月までに大学を卒業する見込みの者、並びに、人事院が、これらの者と同等の資格があると認める者

イ.短期大学または、高等専門学校を卒業した者、及び、2021年3月までに、短期大学または、高等専門学校を卒業する見込みの者、並びに、人事院が、これらの者と、同等の資格があると認める者

(3)1または、2に該当するもののうち、法務教官Aは男子、法務教官Bは女子に限る

法務教官A(社会人)及び法務教官B(社会人) (1)1980年4月2日から1990年4月1日生まれの者

(2)(1)に該当する者のうち、法務教官A(社会人)は男子、法務教官B(社会人)は女子に限る

2020年度国家公務員法務省専門職員(人間科学)採用試験大学卒業程度受験案内|人事院・法務院 より筆者作成)

試験日程と試験地

試験日程と試験地が、以下に記載してあります。

受付期間 2020年3月27日(金)9:00~2020年4月8日(水)【受信有効】

インターネットによる申し込み

4月8日までに申し込みデータを受信完了した者に限り受け付けます。

第1次試験日 2020年6月7日(日)9:00受付開始

9:30(試験開始)~17:50(試験終了)

第2次試験日 2020年7月6日(月)~2020年7月9日(木)

※日時の変更は原則受け付けない

2020年度国家公務員法務省専門職員(人間科学)採用試験大学卒業程度受験案内|人事院・法務院 より筆者作成)

試験地

第1次試験地 札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市
第2次試験地 札幌市、仙台市、さいたま市、名古屋市、堺市、広島市、高松市、福岡市、那覇市

2020年度国家公務員法務省専門職員(人間科学)採用試験大学卒業程度受験案内|人事院・法務院 より筆者作成)

申し込み方法

法務教官の試験に申し込むには、専用のアドレスにアクセスし、手続きを行っていきます。

インターネット申し込み専用アドレス:http://www.jinji-shiken.go.jp/juken.html

手続きは、「事前登録」と「申込み」の2段階があり、「事前登録」だけでは申し込み完了にはなりません。なお、2020年5月22日(金)13:00~17:00に「受験票発行通知メール」が届き、受験票は2020年5月22日(金)13:00~2020年6月4日(木)17:00にダウンロードできます。

申し込みの注意点を以下に記載しました。

  • 2020年度の他の国家公務員採用試験で「事前登録」の手続きを行っており、ユーザーIDを既に持っている人は、再度の登録は不要
  • 「事前登録」の際のメールアドレスは、「受信票発行通知メール」を受信し、受験票を作成するまでは変更しないこと
  • 「事前登録」のユーザーIDとパスワードは、サイトでは照会できないようになっているため、登録時に必ず控えを取っておく
  • 申し込みできる「試験の区分」と「試験地」は1つに限り、申し込み完了後の変更は認められない。災害や転居などのやむを得ない場合は、試験実施に支障のない範囲で変更が認められる。転居の場合は、2020年4月13日(月)17時までに申し出なければならない
  • 申し込みは1回に限る。異なるユーザーIDで同じ試験の複数の申し込みをした場合は、最後の申し込み以外は無効となる

試験科目と試験方法

試験科目と試験方法を以下に記載しました。

試験 試験種目 解答題数

解答時間

配点比率 内容
第一次試験 基礎能力試験

(多肢選択式)

40題

2時間20分

2/10 筆記試験

知能分野から27題

  • 文章理解11題
  • 判断推理8題
  • 数的推理5題
  • 資料解釈3題

時事を含む自然、人文、社会の知識分野から13題

専門試験

(多肢選択式)

40題

2時間20分

3/10 筆記試験

心理学10題

教育学10題

福祉10題

社会学10題

専門試験

(記述式)

1題

1時間45分

3/10 専門試験(多肢選択式)の4分野から4題出題される中で、1題を選択して記述する
第2次試験 人物試験 2/10 人柄、対人的能力などについての個別試験
身体検査 胸部疾患、血圧、尿、目、聴器その他の一般内科系検査
身体測定 視力についての測定

2020年度国家公務員法務省専門職員(人間科学)採用試験大学卒業程度受験案内|人事院・法務院 より筆者作成)

合格発表日

2020年度の合格発表日は、以下の通りです。

第1次試験合格発表日 6月30日(火)9:00
最終合格発表日 8月18日(火)9:00

2020年度国家公務員法務省専門職員(人間科学)採用試験大学卒業程度受験案内|人事院・法務院 より筆者作成)