ブラック企業ランキングとは?違法な働かせ方とハラスメントへの対処法

就職活動中の学生にとって大きな心配の1つが、「ブラック企業に入社してしまわないか」ということでしょう。どういった企業がブラック企業にランクインしているのでしょうか。そしてどういった点が問題なのでしょうか。ブラック企業の抱える問題を整理し、安全に働くための法と制度の基礎知識を解説します。

おすすめ転職サイトはこちら 公式
DYM就職
・学歴や経歴に不安があっても大丈夫!
・経験豊富なキャリアアドバイザーが内定まで徹底サポート!
・無料で応募書類の添削から面接対策まで対応!
リクルートエージェント
・転職支援実績NO1!
リクナビNEXTから求人を探すことも可能!
doda
・転職者満足度NO1!
・優良大手企業もズラリ!!
ミイダス
・精度の高い市場価値診断!
・専用アプリでスマートに就活を!

ブラック企業ランキングとは何?

ブラック企業大賞の設立と背景

ブラック企業のランキングで最も有名なのが、ブラック企業大賞企画委員会による「ブラック企業大賞」です。2000年代に入って顕在化してきた悪質な働かせ方と労働環境の問題を背景に、2012年に設立。第1回は、福島第一原発事故以後、原発労働者の健康を軽視し危険な労働に従事させ続けてきた東京電力株式会社が大賞を、過酷な長時間労働で過労自死を起こした株式会社ワタミが市民賞を受賞しました。

どんな企業をブラック企業というの?

「ブラック企業」とはどういう企業を指すのか、公的な定義はありません。ブラック企業大賞では、次のような定義を用いています。

  1. 労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている企業
  2. パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)

(引用元:ブラック企業大賞とは|ブラック企業大賞

ブラック企業大賞2019の結果は?

受賞した企業は?

第8回に当たる「ブラック企業大賞2019」では、ノミネートされた9社のうち、次のような企業が賞を獲得しました。

大賞 三菱電機株式会社(メルコセミコンダクタエンジニアリング株式会社)
特別賞 株式会社電通

株式会社セブンーイレブン・ジャパン

#MeToo賞 長崎市
ウェブ投票賞 楽天株式会社

ノミネート理由は「違法な働かせ方」と「ハラスメント」

ノミネート理由を整理すると、大きな2つの問題が見えてきます。長時間労働や残業代未払いに代表される「違法な働かせ方」と、セクハラ・パワハラに代表される「職場のハラスメント」です。

ノミネート企業 ノミネート理由に見える問題点
KDDI株式会社 【過労自死】
・2015年に入社2年目の20代社員が過労自殺、2018年労災認定
【残業代不払い】
・2017年、2年分の残業代不払いが判明、精算
株式会社セブン‐イレブン・ジャパン

(2015年大賞受賞)

【残業代不払い】
・70年代からアルバイト、パート、加盟店従業員などの残業代が不払い、未精算
【加盟店への不公正な扱い】
・2019年、加盟店オーナーによる契約内容の告発が頻発
株式会社電通

(2016年大賞受賞)

【違法な長時間労働、残業】
・労基署からの是正勧告(2010~2015年)
・2017年労基法違反の有罪判決
・2019年またも是正勧告
【過労死、過労自死】
・2003年、2013年、2015年と過労死、過労自死社員を出す
株式会社ロピア

※関東圏で展開するスーパーマーケットチェーン

【不当解雇】
・2018年、未精算商品の持ち帰りを理由に社員を懲戒解雇処分
【ハラスメント・名誉棄損】
・全店舗において名指しの上「窃盗を理由に懲戒解雇」と掲示
【労基法の悪用、残業代未払い】
・解雇された社員は「名ばかり管理職」で残業代が不払い
長崎市 【セクシュアルハラスメント】
・2007年、原爆被曝対策部長による女性記者への性暴力事件が発生
【二次加害】
・市幹部が被害者をおとしめる虚偽の情報を広める
・2014年、日弁連が女性の名誉回復に向けた謝罪文と性暴力防止策の徹底を勧告するが、市は拒否
・現在も市議会で「被害者はどっちだ」などとヤジ
トヨタ自動車株式会社 【パワーハラスメント】
・入社2年目の男性社員が、2016年4月から上司に日常的な暴言を受ける
・3ヶ月の休職を経て復帰するも同年10月自死
・2019年に上司のパワハラによるものとして労災認定
三菱電機株式会社(メルコセミコンダクタエンジニアリング株式会社 ※三菱電機子会社)

(2018年大賞受賞)

【過労自死】
・2017年MSEC社の40代技術者が自死
・2019年三菱電機の新入社員が自死、教育主任が自殺教唆の疑いで書類送検
・2014年からグループ全体で、長時間労働による労災や過労自死、精神障害が複数件発生
吉本興業株式会社 【長時間労働、残業代不払い】
・長時間の残業、休日割増賃金の支払不足などで是正勧告(2012年、2018年)
【芸能界における労働問題】
・2019年、所属タレントとの間の問題が表面化(ギャラ配分、所属契約書不備、パワハラなど)
楽天株式会社 【パワーハラスメント、暴行】
・2016年、男性社員が上司から暴行、頸髄損傷とうつ病発症
・2017年労災認定、後遺症が残り現在も療養中
・社内のパワハラ相談部署は対策せず、暴行の1ヶ月後に退職を余儀なくされる

2つの問題について、次から詳しく見ていきましょう。

参考

第8回ブラック企業大賞2019授賞企業が決定!|ブラック企業大賞

第8回ブラック企業大賞2019ノミネート企業発表!|ブラック企業大賞