専門学校の面接対策は大きく3つ。所作・自己PR・将来像について

専門学校の入試には面接が伴うことがあります。多くの場合は推薦入試・AO入試など、本人の学ぶ意欲やこれまでの実績を問う入試の際に行われるようです。面接では、身だしなみや受け答えの様子も見られています。本記事では、実際に面接をして専門学校に入学した人の体験談を踏まえつつ、当日までに準備しておきたい事柄をご紹介します。

専門学校の面接対策は大きく3つ!

面接に自信がない子供も多いでしょう。人によっては、人生で初めての面接という場合もあるはずです。まずは以下の3つのポイントを押さえて、当日は落ち着いて行動できるようにしましょう。

所作を確認して自信を付けよう

高校生の場合、これまで所作について特に学んだことがないという人も多いでしょう。「入室時にはドアをノックすること」「お辞儀の仕方」「座ったり立ったりするときの礼儀」といった大人なら身についていて当然のマナーも、子供たちにとってはまだ馴染みの浅い知識です。これらの所作について把握できるだけで、子供は自信が付くはずです。

自分についてアピールできる人になろう

高校生は、年齢的にも自分をアピールすること自体、「恥ずかしい」「無理だ」「特にない」と考えてしまいがちです。しかし面接が必要な入試というのは、受験者の人となりも選考対象にしようとしています。そのため、アピール力の弱い受験者は面接で不利になりがちです。

「自分はどんな人物なのか」「どういう長所があるのか」といったことは、自分だけで考えてもなかなか分からないものです。親御さんが一緒になって考えてあげてください。

将来像について考えよう

現在、面接が必要な専門学校の入試は、学校推薦であったりAO入試であったりすることが多いです。これらの入試では、一般入試の受験者よりもより明確な将来像を持っている受験者が好まれる傾向にあります。

「どうしてこの学校を受験するのか」「卒業してどのようになりたいのか」を自分の言葉で説明できるよう、準備しておきましょう。

所作を確認して自信を付けよう

それでは、3つのポイントについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。まずは、所作からです。

身だしなみ

制服がない学校は別ですが、多くの高校生は制服を着て面接に行くことになります。ここで注意したいのが、身だしなみです。

親御さんも毎日見慣れてしまって気づかないことがありますが、ワイシャツは変色していないでしょうか。ブレザーやズボン、スカートはどうでしょうか。改めて見てみると、一度クリーニングに出した方が良い状態になっているかもしれません。

また、当日寝坊すると寝癖を直したり、きちんと顔を洗ったりする時間が取れないこともあります。前日は早めに休むようにし、当日の朝きちんと身だしなみを整えられるようにすることが理想です。高校生になると、普段は就寝や起床に口を出さないご家庭も多いでしょうが、大切な面接当日はぜひ気にかけてあげてください。

入退室

入退室はドアノック、ドアの開け閉め、お辞儀や挨拶、着席の仕方など、作法の部分を事前に確認しておきたいものです。学校で面接練習があるなら申し込みましょう。

下記は、東日本デザイン&コンピュータ専門学校デザイン学科メディアクリエータコース特待入試Aの生徒さんの面接対策です。

 面接練習は3回しました。学年主任の先生と国語の先生にお願いし、言葉遣いと入室退室をよく見てもらいました。

(引用元:専門学校 合格体験記 | 群馬県立渋川青翠高等学校

こういったサポートがない場合は、客観的なルールに基づきご家庭で練習することをおすすめします。「親がこう思う」というやり方だと子供が納得しないこともありますし、考え方がぶれることもあります。下記のリンクなどを参考にしてください。

参考

面接対策  高校生のための進学ガイド|マイナビ進学

話し方

自分が普段どのような話し方をしているのかについて意識したことのある人は、あまりいないのではないでしょうか。実際に面接を受けた人は、どのような点に注意をしているのか見てみましょう。

面接でのポイントは、顔の表情、姿勢、話すスピード、言葉遣い、目線です。質問は、志望理由や得意科目はもちろんですが、予想外な質問が返ってくるので慌てずにゆっくり答えていきましょう。

(引用元:合格体験記 | 東京都福祉保健局 東京都立南多摩看護専門学校

Q.気をつけたことは?

「はい」と返事をしてから答えること、早く受け答えすることです。

まず、質問に対して「はい」と返事すると、元気がよく見えることと、一瞬考える時間ができるため、自分の気持ちの整理をすることができます。また、早く受け答えることで、意欲的に受け取ってもらうことができるのでは、と考えました。

(引用元:AO入試体験談!「美容系の専門学校の面接ってどんな感じ?」面接対策!|スタディサプリ進路

面接の練習をするときは、一度受け答えを録音してみることをおすすめします。「ここは早口になってしまっているな」「少しざっくばらんすぎる言葉遣いになっているな」といったことに気づけるはずです。