OB訪問・マナーは大丈夫?有意義なOB訪問にするために必要なこと

OB訪問は、就職活動の中で活きた情報を収集する絶好のチャンスです。ただし、OBの先輩は社会人……時間を割いて対応してくれることに対し、最低限のマナーを守らなければ、時間を無駄にしてしまうことになります。この記事では、OB訪問に関するマナーについてご紹介します。守らなければいけないマナーをしっかりと頭に入れておきましょう。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

OB訪問のマナーを徹底しよう!

OB訪問には次の目的があります。

  1. 企業の情報収集を行うこと
  2. 実際に働いている先輩の体験談を聞くこと
  3. 自分のやりたいことを明確にすること

特に就職活動を終え、企業で働いている先輩の体験談を聞くことは、とても有意義な情報収集です。OBの先輩としては、マナーが守れていない後輩に親切に対応しようとは思わないものです。相手は社会人……学生という甘えは捨てて、社会人の人にも通用するマナーを守ることが大切です。

事前準備のマナー

OB訪問が決まったら、きちんと事前準備を行いましょう。事前準備を行うことで、頭の中を整理することができ、限られた時間を有効に使うことができます。

時期の選定をしよう

OB訪問は時期を見定めることが大切です。自分の都合ではなく、訪問先の業種や企業の繁忙期を避けるようにしましょう。

一般的には就職活動は3月から始まります。そのため、多くの学生が動く3月~5月は訪問先の先輩も忙しい時期になります。また年度末は多忙な業種も多いため、12月~2月頃に行うのがベストです。

12月~2月であれば、OBの先輩も時間を取りやすいことが多く、一人一人に時間を割いてくれる可能性が高くなります。繁忙期に無理やり時間を作ってもらうのではなく、相手の立場に立って時期を選定しましょう。

アポイントの取り方

訪問できるOBの先輩が決まったら、アポイントのメールを送り、OB訪問の許可を取ります。

例文を参考にするのもOKですが、注意点を守り、自分の言葉で書くことをおすすめします。

  1. 宛名を明記すること
  2. 自己紹介をすること
  3. メールアドレスをどのように知ったかの経緯を書くこと
  4. 日にち・時間の候補を最低3つ挙げる
  5. 自分の連絡先を明記する

場所に関しては、学生側から設定するのは失礼に当たります。『〇〇様のご都合に合わせます』とし、OBの方に決めてもらうようにしましょう。

また件名はOB訪問のアポイントのお願いであることを明記し、面識のない先輩の場合は、必ずメールアドレス入手の経緯を書くと、安心感を与えることができます。

日にちや時間はある程度学生側から候補を挙げ、無理な場合は先方から指定してもらうようにしましょう。

質問の準備を忘れずに

OB訪問の場で、行き当たりばったりな質問をしても、有意義な時間にはなりません。OBの方は貴重な時間を割いて対応してくれています。有効に時間を使えるよう、自分の聞きたいことを事前にピックアップし、できれば第三者に確認してもらいましょう。

OB訪問の質問で、残業や福利厚生など待遇に関することばかりや、WEBで調べればわかるような企業概要などを聞くのはNGです。

  • 会社に入社しようと思った理由
  • 1日・1週間の業務の流れ
  • 考えている将来のキャリア

など、自分の調べたことをきちんとベースにして、企業の情報を収集しましょう。

当日のマナー

いよいよOB訪問当日。実際にOBの先輩と直接会って話ができる素晴らしいチャンスです。マナーを守らなかったために大事な時間を無駄にした……なんていうことのないように、しっかりと基本のマナーを守れるようにしましょう。

服装はスーツが基本!

OB訪問の際はリクルートスーツを着用しましょう。

会社訪問ではないケースもありますが、基本的にはリクルートスーツが良いとされています。

シャツやジャケットのシワ・汚れに注意し、見落としがちな靴も清潔にしておきましょう。髪型やメイクも就職活動用にすればOK。派手なメイク・清潔感のない髪型などは絶対にNGです。男性も女性も、就職活動の一環であることを忘れないようにしてください。

待ち合わせ時間には遅れない

待ち合わせの時間の10~15分前には目的地へ着くようにしましょう。遅刻は厳禁です。店舗などで待ち合わせをした場合、早く着いたら座って待っていても構いませんが、相手の方が来たらきちんと立ち上がって挨拶をしましょう。

電車の遅延などで遅れる可能性がある場合は、できるだけ早めに連絡をしてください。万が一のことを考えて、先方の連絡先などを控えておくことをおすすめします。

名刺の受け取り方

OBの先輩から名刺を受け取る場合は、必ず両手で受け取ります。その際は「ありがとうございます」とお礼を必ず述べること。学生で名刺を持っていることはほとんどないので、「〇〇です。よろしくお願いします」と軽く自己紹介をしてください。その後は自分の席の左側に置きます。

  • すぐに名刺をしまう
  • 名刺の上に物を置く
  • 自分の名刺を相手の名刺の上に置く
  • 名刺の裏に何かを書く(メモなど)

などはマナー違反です。最低限のマナーとして覚えておくようにしましょう。頂いた名刺は最後に自分の名刺入れに入れてください。

時間の目安は30分~1時間

聞きたいことはたくさんありますが、時間の目安は30分~1時間を基本としてください。先方は忙しい業務の時間を削って、OB訪問に対応してくれています。そのため、ダラダラと話をしたりせずに、事前に準備しておいた質問事項を参考にして話を進めていきましょう。

話の最中にはメモを取る

OBの先輩が話してくれた内容については、必ずメモを取るようにします。人間の記憶は曖昧なもの……自分では覚えているつもりでも、後になって思い出せないことも多々あります。

ビジネスの世界で、わからないことや教えてもらっていることをメモに取るのは基本中の基本です。先方から見られても恥ずかしくないよう、できるだけ丁寧にメモを取ってください。