【月収手取り22万円】使い道・運用方法とは?貯金&節約なども紹介

月収の手取りが22万円程度の人はどのような生活を送っているか、また、お金の運用や貯金ができるかなど、参考までに知っておきたいという方もいることでしょう。

こちらの記事では、月収の手取り22万円の使い道を中心に、関連情報や注意点についてもお伝えしていきましょう。

日本の平均給与について

国税庁が発表した「平成30年分民間給与実態統計調査結果」によると、1年を通じて勤務した給与所得者(※正規と非正規両方を含む)に支給された年間の平均給与は、約441万円という結果でした。

参考

平成30年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁

月収手取り22万円の給与額面および年収

月収の手取りが22万円であれば、給与額面と年収については以下のとおりとなります。なお、年収に関してはボーナス年2回・6ヶ月分で算出しています。

月収手取り22万円の給与額面・年収

  • 給与額面:おおよそ25万5千円
  • 年収:おおよそ398万円

参考

手取り20万、21万、22万、23万、24万円の給料年収・生活(車・ライフスタイル)を解説! | 給料BANK

月収手取り22万円の家賃相場

月収の手取りが22万円という人の中には、親から独立してマンションやアパートで一人暮らしや同棲をしているという方もいます。

また、会社から住宅補助を支給されるケースもありますが、生活費などのバランスも考えるとなると、月々支払う家賃は、月収の手取りの3分の1程度に留めておくのが妥当と言われています。

月収の手取りが22万円で一人暮らしであれば、7万円前後の家賃で住まいを探すことをおすすめします。

参考

手取り22万円・家賃8万円で一人暮らしできる?│CASAMi

タイプ別・月収手取り22万円の使い道

こちらの章では、月収の手取りが22万円の場合、その使い道がどのような内訳になるかを見ていきます。タイプ別の参考例でご紹介しましょう。

外食が多い一人暮らし

仕事のお付き合いなどで外食の割合が多い一人暮らしの人の月収の使い道は、以下のとおりです。

収入 給与手取り 22万円
固定費 家賃 8万円
通信費 1万円
光熱費 1万円
変動費 食費 3.5万円
交際費 2万円
趣味 1.6万円
日用品・服・美容系など 1.7万円
保険 1.2万円
貯金 2万円

手取り22万円・家賃8万円で一人暮らしできる?│CASAMiより筆者作成)

基本的に自炊、趣味や娯楽を楽しむ人の一人暮らし

食事面では節約傾向があり、昼食もお弁当を持参しますが、趣味や娯楽を楽しみたいという一人暮らしの人の月収の使い道は、以下のとおりです。

収入 給与手取り 22万円
固定費 家賃 8万円
通信費 1万円
光熱費 1万円
変動費 食費 2万円
交際費 2.5万円
趣味 2.5万円
日用品・服・美容系など 1.8万円
保険 1.2万円
貯金 2万円

手取り22万円・家賃8万円で一人暮らしできる?│CASAMiより筆者作成)

奨学金返済中の一人暮らし

一人暮らしをしている人の中には、奨学金を毎月返済しながら生活費のやり繰りをしている人もいます。

収入 給与手取り 22万円
固定費 家賃 8万円
通信費 1万円
光熱費 1万円
変動費 食費 2.5万円
交際費 1.7万円
趣味 1.8万円
日用品・服・美容系など 1.8万円
保険 1.2万円
貯金 2万円
奨学金 1万円

手取り22万円・家賃8万円で一人暮らしできる?│CASAMiより筆者作成)