手取り40万の生活の実態。どんな生活ができる?

独身で手取り40万というと、どんな生活を想像しますか?。

額面だけ聞いても、税金や社会保険料はどのくらいなのか、なかなかイメージがしづらいものです。

この記事では手取り40万の生活の実態に迫ります。参考にしてください。

【手取り40万】総支給額と年収

手取り額は、総支給額から税金や社会保険料を引いたものです。手取りで40万の給料をもらう人の総支給額や年収はどのくらいなのでしょうか?

総支給額はどのくらい?

総支給額は手取り額に社会保険料や税金をプラスしたものになるので、手取りの金額よりも額面としては多くなります。

手取りが40万の場合、税金や社会保険料を含めた総支給額は約535,000円になります。

年収はいくらになる?

手取り40万の場合、総支給額は約535,000円。企業によって手当や賞与は異なりますが、毎月の手取りが40万の場合、見込み年収は約7,550,000円になります。賞与は年収の15%程度であることが多いので、賞与がない場合の年収は約6,420,000円と考えられます。

所得税・住民税・社会保険料はいくら?

総支給額から引かれる税金や社会保険料は、配偶者・扶養家族の有無や年齢によって控除額に若干の差異があります。配偶者なし・40歳未満で手取り40万の場合、各種税金や社会保険料はいくらになるのでしょうか?

【年収7,550,000円・配偶者なし・40歳未満】

税金の種類 税金の金額 年収比
所得税 410,000円 5.4%
住民税 532,000円 7%
社会保険料合計 1,072,000円 14.2%
健康保険料 368,000円 4.9%
厚生年金保険料 681,000円 9%
介護保険料
雇用保険料 23,000円 0.3%

参考

【税金計算ツール】所得税・住民税・年金・社会保険(健康・雇用・介護)・給料手取り | キャリアオタク

年収比は変わりませんが、手取りの金額が多いことで全体に額面が大きくなっているのが特徴です。また、40歳を超えた時点でこの金額に介護保険料が加算されます。介護保険料は第1段階から第12段階まであり、所得段階によって異なりますが、年間21,300~118,000円を支払わなくてはいけません。金額は居住地や年齢・所得によって異なります。

参考

介護保険料について|知多北部広域連合

手取り40万の生活シミュレーション

手取り40万の生活はどのようなものになるのでしょうか? イメージをつかむため、実際にシミュレーションしてみましょう。

一人暮らしの場合

一人暮らしならかなり余裕ができる金額です。実際の内訳はどのようになるのでしょう?

家賃 120,000円
水道光熱費 10,000円
食費 60,000円
通信費(スマートフォン) 10,000円
日用品・消耗品代 40,000円
交際費・娯楽費 60,000円
合計 300,000円

参考

手取り40万・額面53.5万の実態!額面年収・貯金・仕事に家賃・生活費内訳も|キャリアオタク

家賃120,000円の物件に住んでも、毎月100,000円近く貯蓄することができます。交際費・娯楽費も60,000円ほど確保しているので、窮屈な生活にはならないといえるでしょう。もう少し家賃を抑えたり、食費を節約する努力をすれば、貯蓄できる金額はさらにUPします。

実家暮らしの場合

実家暮らしであれば家賃・水道光熱費がかからないので、かなり余裕のある生活ができます。社会人になっても実家暮らしをする場合、生活費としてお金を入れる人もいますが、一人暮らしよりは経費がかかりません。120,000円の家賃と10,000円の光熱費が浮くことで、将来に備えて貯金をしたり、趣味やスキルアップのためにお金をかけることも可能です。

手取り40万の家賃相場は?

一般的に、家賃は手取り額の3割以下に収めることが理想といわれています。

家賃は毎月必ず支払わなければならない固定費です。生活していくためには当然家賃以外の費用もかかりますので、収入における家賃の割合をあまり高くすることはできません。

3割と考えると、手取り40万の場合の家賃相場は約110,000~120,000円になります。

利便性や快適性を求めすぎて高額な物件を選んでしまうと、手取り40万もあるのに「まったく貯蓄ができない」という状況におちいる可能性もあります。蓄えがないと急な出費に対応できなくなりますので、相場内に抑えておいた方が賢明です。

車は購入できる?

車を購入し維持するためには、以下のような経費がかかります。

  • ガソリン代
  • 高速代
  • 駐車場代
  • 任意保険料
  • 車検代
  • ローンの割賦金
  • 自動車税

都心の場合、駐車場代が家賃に含まれていることはあまりありません。そうなると駐車場代も固定費として毎月の支出に加算されます。

任意保険料と自動車税は年1回、車検代は2~3年に1回、ローンを組んで購入した場合は毎月の支払いも必要になります。

近年ではサブスクリプションでの購入や、カーシェアリングなども人気があります。手取り40万あれば車を購入して維持することは難しくありませんが、それなりの費用がかかるということも覚えておきましょう。