フィリピン留学で必須の持ち物とは?現地のお役立ち情報も一緒に紹介

フィリピンは、東南アジア圏の中で英語を公用語としている国です。日本との時差がわずか1時間ということもあり、近年「日本から渡航しやすい語学留学の国」として注目されています。

こちらの記事では、フィリピン留学において必要な持ち物に加え、お役立ち情報も一緒に紹介していきましょう。

留学に行ってみたい人へ 公式
日本最大級の留学総合サイト【School With】
・圧倒的多数の都市、学校から選べる!
・自分にあった留学先を審断してくれる!
スマ留
・賢くサクッと留学!
・割引キャンペーン多数用意!
MeRISE留学(ミライズ)
・フィリピン、セブ島で高品質な英語学習!
・大人も満足すること間違いなし!
カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】
・激選されたプログラムのみを紹介!
・現地でのサポートも無料で充実!
オーストラリア留学エージェントYAC Agency
・オーストラリア政府公認校!
・専任プランナーによる手厚いサポート!

フィリピン留学の特徴

フィリピン留学の特徴は、欧米よりも留学費用が安い、ネイティブ講師によるマンツーマンの英語指導が主流という点が挙げられます。ほかにもフィリピンの語学留学では、1日あたりの授業が8時間以上という学校もあるなど、学習時間が長めに設定されています。語学をしっかりマスターするには良い教育環境と言えるかもしれません。

参考

欧米よりも安く済むって本当?フィリピン留学の費用をチェック! | ネスグローバル

フィリピン留学で誰もが毎日8時間の勉強を続けられる5つの理由 |MTSCの格安英語留学

カテゴリー別・フィリピン留学で必須の持ち物

こちらの章では、フィリピン留学生活をする上で必須の持ち物を紹介します。

なお以下で紹介する持ち物は、1ヶ月以上の中長期の滞在を想定しています。

海外留学の必需品

海外留学をするときの必需品と言えば、パスポートです。ここで注意したいのが、有効期限です。日本国籍であればビザ申請の必要もなくフィリピンに入国できますが、留学(滞在)するには滞在期間分のパスポート残存有効期間が必要となります。

また、パスポートを紛失した場合などに対応できるようコピーも必要です。

フィリピンでは入国時に出国用の航空券を持っていることが必須ですので、注意が必要です。

ほかに海外旅行保険の手続きも必要です。手続き後に配付される保険証書を持参しておきましょう。

現金やカード類

留学する日数によって日本から持って行く額にも違いがありますが、目安として4週間で5万円から10万円の現金を用意しておきましょう。現地ではカード決済のみのお店があることも想定して、クレジットカードも持参しましょう。

参考

【完全網羅】フィリピンセブ島留学・旅行時の持ち物リスト|セブ島留学マナビジン

勉強グッズ

普段から使っている筆記用具・文房具・参考書も留学グッズとして持参しましょう。

特に筆記用具は、フィリピン製よりも日本製の方が質が高いという口コミ情報もありますので、出発前に替え芯や替えインクを含めて用意しておくことをおすすめします。

電子機器

フィリピン留学でも、日本と現地との連絡ツールとしてスマートフォンは必須です。ほかにもレポートなどの宿題でノートパソコンを使ったり、通信環境を整えるポケットWiFiを活用したりします。

さらに、日本の電子機器をフィリピンで使うなら海外向けのコンセント変換プラグも忘れずに用意しておきましょう。

アメニティグッズ

シャンプーやボディシャンプー類は現地のスーパーでも調達できますが、自分の体質に合わないことも想定し、出発前に揃えておく方がおすすめです。

また、生理用品に関しては現地の物よりも日本製の方が機能面で優れているという声も挙がっていますので、事前に用意しておきましょう。

食料品

滞在先によっては、食事面で物足りなさを感じるかもしれません。そんなときのために、インスタントのみそ汁やコーヒー、緑茶などを持っていくことをおすすめします。

衣類

フィリピンは年間を通して夏の気候なので、日本の夏の服装を揃えるのが基本です。現地でも調達できるので、1週間分の衣類の用意があれば良いでしょう。

しかしながら、現地では冷房が強く寒いと感じるスポットもありますので、カーディガンやパーカーといった長袖の羽織物も入れておきましょう。サンダルなどの履き物は、出発前に用意しても差し支えありませんが、現地のショップでも買えるので必須というほどではありません。

医薬品

留学途中で風邪を引いたり、下痢になったりすることもあります。留学前にドラッグストアで、風邪薬・下痢止め薬・頭痛薬・目薬などを調達しておきましょう。虫除けグッズもあると便利です。

日用雑貨類

留学先では、すき間時間を使って部屋の整理をしたり、洗濯したりすることもあります。留学前にはハンガーや洗濯バサミなど、衣類の乾燥や保管に使えるものを用意しましょう。ほかに、ウェットティッシュや爪切りなども重宝します。