高校地学おすすめの参考書・問題集10選!センター対策もばっちり!

来年から受験生という人の中には、大学受験への準備を始めようとしている人も少なくないことでしょう。

今回は受験生に向けて、学生の多くが受験することになるセンター試験の中から地学と地学基礎の対策と、おすすめの参考書、問題集をご紹介します。

勉強前に知っておこう!地学と地学基礎の違い

地学基礎では主に初歩的なテーマを、地学ではそこからさらに一歩踏み込んだ専門的な学習を行うことになります。具体的には、以下のようなテーマについて学ぶことになります。

地学 地学基礎
地球の概観 宇宙における地球
地球の活動と歴史
地球の大気と海洋 変動する地球
宇宙の構造

参考

新旧課程の対照表(地学Ⅰ→地学基礎) | 教学社

新旧課程の対照表(地学Ⅱ→地学) | 教学社

なお進研ゼミによると、センター試験においては「文系の場合は基礎科目から2科目または基礎を付さない科目から1科目を、理系の場合は基礎を付さない科目から2科目または基礎科目2科目と基礎を付さない科目1科目を選択する」ことになるそうです。

参考

【2019年度】【高3】 物理・化学・生物・地学の、基礎科目と基礎を付さない科目の違いは何ですか? | Benesse

独学でもできる?地学の勉強方法

センター試験においては、基本的には教科書以上の内容が出題されることはないそうです。そのため、教科書の範囲の理解を深めるとともに、過去問などセンター試験に即した内容の問題を解くことで試験に慣れることが重要といえるでしょう。

また、地学はほかの科目と比較して問題集などの情報量が不足している傾向にあります。そのため、早くから模試を受験することで情報量の不足を補うのも有用な手段といえるでしょう。

参考

地学の勉強方法☆ | 東進ハイスクール

新高3生へのアドバイス | Toshin.com

センター試験分析 地学 | 朝日新聞デジタル

おすすめ!地学基礎の参考書3選

まずは地学基礎の範囲をカバーする参考書をご紹介します。

青木の地学基礎をはじめからていねいに

本書はセンター試験の過去問10年分を徹底的に研究し、センター試験に出るテーマの解説を中心に構成された参考書です。ていねいな解説とこだわりぬいたビジュアル表現で、初学者でも分かりやすい内容となっています。

地学に苦手意識を感じている受験生にとっても分かりやすく、おすすめできる一冊といえるのではないでしょうか。

地学基礎の必修整理ノート 新課程版

本書はテーマごと穴埋めになっているまとめに書き込むことで、知識の整理と定着を促し、さらに確認のミニテストで理解度を測ることができる構成です。

センター試験はもちろん、定期考査に向けた知識の整理などにも活用できるでしょう。

きめる!センター地学基礎【新課程対応版】

本書は学研教育出版から出版されている参考書で、シリーズで累計300万部の発行を誇る人気センター試験対策書です。

分かりやすい解説はもちろん、パソコンやスマートフォンに対応したアプリまで付属されており、センター試験地学基礎対策において充実の内容となっています。