アメリカ留学の為の奨学金ガイド!奨学金の種類や必要条件など解説

アメリカへ留学したいけれども、経済的に無理と諦めている人はいませんか? 実は、アメリカでは、経済的な援助を受けて大学に通っている学生が多く、奨学金の種類も豊富で、留学生が受けられる奨学金もあります。当記事では、アメリカ留学のために日本人が受けられる奨学金について詳しく紹介します。

留学に行ってみたい人へ 公式
日本最大級の留学総合サイト【School With】
・圧倒的多数の都市、学校から選べる!
・自分にあった留学先を審断してくれる!
スマ留
・賢くサクッと留学!
・割引キャンペーン多数用意!
MeRISE留学(ミライズ)
・フィリピン、セブ島で高品質な英語学習!
・大人も満足すること間違いなし!
カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】
・激選されたプログラムのみを紹介!
・現地でのサポートも無料で充実!
オーストラリア留学エージェントYAC Agency
・オーストラリア政府公認校!
・専任プランナーによる手厚いサポート!

【アメリカ留学】奨学金の種類

アメリカでは、学費の負担を軽減するための経済的支援プログラム・制度のことを総称で「Financial Aid(ファイナンシャルエイド)」と呼んでいます。ファイナンシャルエイドには以下の種類があります。

ファイナンシャルエイドの種類

返済する必要がない Grant(補助金)
  • 経済的に大学進学が困難な人へ支給される補助金
  • 留学生は対象外
Scholarship(奨学金)
  • 成績優秀者や学費が不足している人へ支給される大学からの金銭的援助
  • 留学生も対象
返済する必要がある Loan(ローン)
  • アメリカ政府や州、大学、銀行などが提供する学費ローン
  • 低金利のものが多い
  • 留学生は対象外
Work Study(ワークスタディ)
  • アルバイトをしながらアメリカ政府へ奨学金を返済
  • 留学生は対象外

ファイナンシャルエイドの種類を表にまとめました。多くがアメリカ連邦政府より提供されており、留学生は対象にはなりません。また、返済する必要があるものも留学生には受給でないことになっています。

ですので、日本からの留学生が受けられるのは、大学が支給する返済義務のないScholarship(奨学金)ということになります。

Scholarshipには、勉学やスポーツに優れた学生に支給される「メリット型奨学金」と学費を支払うことが困難な学生に支給される「ニード型奨学金」の2種類があります。

メリット型奨学金とは?

メリット型の奨学金は、成績優秀な学生や、スポーツ・芸術の分野で優れた学生を対象に大学が支給するものです。部活動やボランティアなどにおいて、リーダーシップ等の能力に対する評価として与えられることもあります。

メリット型奨学金の概要

メリット型奨学金についてまとめました。なお、大学により多少ことなることもあります。

申請の時期
  • 大学や大学院への願書を提出する時に合わせて申請
  • 結果は、大学の入学許可と一緒に通知があるのが一般的
支給期間
  • 成績に問題がなければ、通常卒業時まで毎年受給可能
支給額
  • 1,000ドル程度から、成績が特に優秀な人は学費の全額が免除になることもあり
必要書類など
  • 高校での成績(GPAなど)
  • エッセイ
  • 推薦状
  • TOEFLスコア など

(大学により異なる)

参考

アメリカの大学での奨学金(スカラーシップ)獲得|Lighthouseロサンゼルス

メリット型の奨学金を獲得するには?

メリット型奨学金の審査でまず重要となるのが学力です。まずは自分の学力を評価してくれる大学を探しましょう。アメリカの多くの大学では、在校生のSATやGPAなどの点数の平均などを公開しています。それを参考に、自分の成績と比べながら競争力がありそうな大学を選ぶのがおすすめです。

また成績だけでなく、大学により教育理念や力を入れている学部などもさまざまです。自分の価値観や強みを評価してもらえそうな大学を選ぶことで、奨学金を獲得でき有利となります。

ニード型の奨学金とは?

学費を全額払うことが困難と認められた学生は、不足している学費や生活費を補うためにニード型奨学金を受けることができます。

ニード型奨学金の概要

大学により異なることもありますが、ニード型奨学金の概要は以下の通りです。

申請の時期
  • 大学や大学院への願書を提出する時に合わせて申請
  • 結果は、大学の入学許可と一緒に通知があるのが一般的
支給期間
  • 成績に問題がなければ、通常卒業時まで毎年受給可能
支給額
  • 家庭の財政や大学の財政力により支給額は異なる
必要書類など
  • 両親または本人の源泉徴収や確定申告書など年収を証明できる書類
  • 申請書
  • 英文残高証明書 など

ニード型の奨学金を獲得するには?

ニード型の奨学金は、出願時の申請プロセスがとても複雑で、申請書には家計の情報について細かく記載しなければならないのが難点です。申請すれば必ず支給されるとは限りませんし、日本の収入の平均は世界的に見ると少ないわけではないので認定されにくいこともあります。しかし、経済的に援助が必要な人は審査を受けてみる価値は大いにあります。ハーバード大学などの名門大学では、留学生も含めた学生の約半数が奨学金をもらっており、その多くがこのニード型の奨学金だと言われています。