カナダ留学の費用の目安は?学費や生活費などの項目別に紹介!

世界中から留学生が集まるカナダ。毎年日本からも多くの人が留学先としてカナダを選んでいます。そんなカナダへの留学にはどれほどの費用がかかるのでしょうか。今回は、カナダ留学の費用を項目別に紹介します。留学費用を低く抑えるための節約方法も紹介しているので、参考にしてください。

留学に行ってみたい人へ 公式
日本最大級の留学総合サイト【School With】
・圧倒的多数の都市、学校から選べる!
・自分にあった留学先を審断してくれる!
スマ留
・賢くサクッと留学!
・割引キャンペーン多数用意!
MeRISE留学(ミライズ)
・フィリピン、セブ島で高品質な英語学習!
・大人も満足すること間違いなし!
カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】
・激選されたプログラムのみを紹介!
・現地でのサポートも無料で充実!
オーストラリア留学エージェントYAC Agency
・オーストラリア政府公認校!
・専任プランナーによる手厚いサポート!

【項目別】カナダ留学の費用の目安

それでは、カナダ留学の費用について項目別に見ていきましょう。

学費

カナダの学費はアメリカやイギリスなど他の英語圏の国に比べて割安です。ただし、近年は留学生の支払う学費が上昇傾向にあります。

以下、カナダ留学にかかる学費の目安をまとめました。

※1カナダドル=約82円で計算しています。日本円に換算した金額は為替レートによって変動するので注意してください。

教育機関 学費の目安(カナダドル) 学費の目安(日本円)
語学学校(1ヶ月) 800〜2,000カナダドル 6万〜16万円
語学学校(半年) 4,800〜12,000カナダドル 39万〜98万円
語学学校(1年) 9,600〜24,000カナダドル 78万〜196万円
大学(1年) 約30,000カナダドル(平均) 約246万円(平均)
大学院(1年) 約18,000カナダドル(平均) 約150万円(平均)

参考

English courses in Canada|Language International

How Much Does it Cost to Study in Canada?|Top Universities

短期・長期の語学留学、大学、大学院への留学など、学費は留学の目的や滞在期間によって大きく変わってきます。また、大学・大学院の学費は専攻分野によっても違ってくるので注意が必要です。文系の分野の方が理系よりも学費が安い傾向にあります。

居住費(滞在費)

居住費(滞在費)も留学費用の中で比重の大きい支出となります。カナダ留学中の住まいの主な選択肢は、「ホームステイ」「シェアハウス」「賃貸での1人暮らし」の3つ。長期滞在する場合は、最初の数ヶ月をホームステイで過ごし、現地での生活に慣れてからシェアハウスに移るというケースが比較的多いです。

それぞれの費用の目安は下記の通りとなっています。

滞在場所 居住費の目安(1ヶ月あたり)
シェアハウス 4万円〜
ホームステイ(食事代込み) 6万円〜
賃貸(1人暮らし) 6〜10万円

参考

カナダ留学の費用について|留学くらべーる

居住費(滞在費)は都市部と地方で開きがあります。特にトロントやバンクーバーなどの大都市では家賃が高くなるので注意してください。

食費

カナダでの食費の目安は1ヶ月当たり250~700カナダドル(2万〜5万7,000円)ほどです。滞在する都市や外食の回数によって金額は変動します。

世界各国の生活費が検索できるサイトNumbeoによると、カナダのレストランで食事をする場合の平均額は1人当たり16カナダドル、日本円でおよそ1,300円です(2019年12月時点)。カナダではチップを払う習慣もあるので、外食代は日本よりも高くなる想定をしておくと良いでしょう。

渡航費

日本からカナダへの航空券代は往復でおよそ9万〜20万円程度です。航空会社やシーズンによって金額は変わります。

航空券が安くなる時期は2月。JAL、ANAなどの大手航空会社の直行便が往復で10万円ほどになります。航空券が最も高くなるのは8月で、安い航空会社でも往復で12万円ほど。大手だと18〜20万円程度となります。渡航費を抑えたい場合は、出国と帰国の時期を観光シーズンからずらすなどの工夫をしましょう。

参考

カナダ行きの航空券が安い時期は?ベストシーズンはいつ?|LINEトラベル

交通費

カナダ留学中の交通手段としては、バス、電車、路面電車、タクシーなどの選択肢があります。滞在する都市によって公共交通機関の料金は変わってきます。

例えば、トロントで電車やバスを運行しているTTC(トロント交通局)のマンスリーパスは120〜150カナダドル、日本円でおよそ1万〜1万2,000円ほどとなっています。

バンクーバーで電車、バス、フェリーなどを運行するTransLink社のマンスリーパスは100〜180カナダドル、日本円で約8,000〜1万5,000円ほどです。

留学中は観光をする機会もあるでしょうから、交通費は多めに見積もっておくと良いでしょう。

その他費用

その他、パスポート手数料やビザ申請にかかる費用、についても確認しておきましょう。

パスポート手数料

パスポートを取得する際には手数料がかかります。期間、年齢ごとの手数料は下記の通りです。

年齢 有効期間 手数料
12歳未満 5年間 6,000円
12歳以上 5年間 11,000円
20歳以上 10年間 16,000円

参考

パスポートの申請から受領まで(初めてパスポートを申請するとき等の例)|外務省

お手持ちのパスポートの期限が切れていないか確認し、更新する場合は余裕を持って行いましょう。

ビザ申請料

カナダ留学が半年以内であれば基本的にビザは必要ありません。ただし、2016年3月15日からeTA(電子渡航認証)の取得が義務付けられました。eTAの申請料金は7カナダドル(約570円)となります。

半年以上の留学には学生ビザが必要です。学生ビザの申請料金は、150カナダドル(約1万2,000円)となっています。これに加え、2018年12月31日以降の申請からは、顔写真と指紋を提供する「バイオメトリクス情報登録」が必要になりました。バイオメトリクス情報登録の費用は85カナダドル(約7,000円)となります。

参考

Fee list|Canada.ca