オーストラリア留学のメリット9選!デメリットや他の国との違いは?

世界中から多くの留学生を受け入れているオーストラリア。日本からも毎年多くの人がオーストラリアに留学しています。今回は、人気のオーストラリア留学のメリットについて他の国との比較を交えつつご紹介します。留学先を検討する際の参考になれば幸いです。

留学に行ってみたい人へ 公式
日本最大級の留学総合サイト【School With】
・圧倒的多数の都市、学校から選べる!
・自分にあった留学先を審断してくれる!
スマ留
・賢くサクッと留学!
・割引キャンペーン多数用意!
MeRISE留学(ミライズ)
・フィリピン、セブ島で高品質な英語学習!
・大人も満足すること間違いなし!
カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】
・激選されたプログラムのみを紹介!
・現地でのサポートも無料で充実!
オーストラリア留学エージェントYAC Agency
・オーストラリア政府公認校!
・専任プランナーによる手厚いサポート!

オーストラリア留学のメリット9選

それでは、オーストラリア留学のメリットを紹介していきます。

教育の質が高い

オーストラリアが世界中の留学生に選ばれる理由の一つが教育の質の高さです。世界の大学ランキングでは、毎年10校近くが200位以内にランクインしています。この数字は、オーストラリアの大学の数が40校ほどであることを考えると、非常に高い数字と言えるでしょう。

参考

World University Rankings 2020|Times Higher Education (THE)

留学生の受け入れ態勢が整っている

留学生の受け入れ態勢が整っていることもオーストラリア留学のメリットの一つです。留学生が質の高い教育を受けられるように法律が整備されています。

留学生からの評価も高く、オーストラリア政府が2012年に行った調査では、9割近くの留学生がオーストラリアでの学習体験に「満足している」あるいは「非常に満足している」と答えています。

参考

世界水準の教育|Study in Australia

留学先の選択肢が豊富

オーストラリアは留学先の選択肢が豊富です。語学学校、大学・大学院、専門学校、職業教育訓練校など、留学生が学べる教育機関の数は実に1,200以上。教育コースは22,000以上となっています。多くの選択肢の中から自分の目標に合った学校、教育コースを選ぶことが可能です。

多様なバックグラウンドを持つ人々と交流できる

移民を多く受け入れてきた歴史を持つオーストラリアは、さまざまな人種・民族によって構成される多民族国家です。海外にルーツを持つ人の数は人口のほぼ半数に上ります。

また、異なる国籍の人々が仕事や留学、観光などの目的で滞在しており、留学生活の中で多様なバックグラウンドを持つ人々と交流する機会もあるでしょう。異文化に触れるチャンスがたくさんあるというのはオーストラリア留学の大きな魅力です。

雄大な自然

オーストラリアといえば、エアーズロックやグレートバリアリーフ、ブルー・マウンテンズに代表される雄大な自然を思い浮かべる人が多いでしょう。留学中に観光する機会があれば、良い思い出になるはずです。

温暖な気候

地域によって違いはありますが、オーストラリアは1年を通して気温差が小さく、過ごしやすい気候です。なお、南半球に位置しているため、北半球の日本とは季節が逆になります。

良好な生活環境と魅力的な都市の多さ

オーストラリアの都市はイギリスのエコノミスト紙が発表している「世界の住みやすい都市ランキング(Global Liveability Index)」の常連です。2019年版では、2位にメルボルン、3位にシドニー、10位にアデレードとオーストラリアの3都市がランクインしています。これらの都市には留学生を受け入れている教育機関が多くあります。良好な生活環境の中で学べるというのは大きな魅力と言えるでしょう。

参考

Global Liveability Index|The Economist

治安の良さ

オーストラリアは治安が良いと言われています。世界各国の治安の良さを表す指標としては、エコノミスト紙が発表している「世界平和度指数」がよく参照されます。世界平和度指数レポート(Global Peace Index)2019によると、オーストラリアのランキングは調査対象の163ヶ国中13位です(日本は9位)。治安面では比較的安心できる順位と言えるでしょう。

ただし、窃盗などの軽犯罪は日本よりも頻繁に起きています。日本と同じ感覚では犯罪に巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。

日本との時差が少ない

オーストラリアは東部、中央部、西部の3つのタイムゾーンに分かれています。日本との時差はサマータイム期間中を含めても最大で2時間。他の英語圏の国は、アメリカ(ニューヨーク)が14時間、カナダ(トロント)が14時間、イギリス(ロンドン)が9時間、ニュージーランドが4時間となっています。これらの国と比べても、日本とオーストラリアの時差がほとんどないことが分かるでしょう。日本への連絡時に時差を気にしなくて済むのは大きなメリットです。時差ぼけの心配もほとんどありません。