裁判所事務官とは?年収や福利厚生・キャリアアップの方法を紹介

将来は裁判所で働きたいという方もいることでしょう。裁判所において裁判をスムーズに進めるために働いているのが、裁判所事務官です。裁判所事務官とはどのような仕事で、年収や福利厚生など、労働条件はどうなっているのでしょうか。今回は裁判所事務官の年収などについて詳しく紹介します。

裁判所事務官の年収について

裁判所事務官になるためには、採用試験に合格する必要があります。裁判所事務官の採用事件は倍率が高い狭き門です。採用試験は総合職試験が一般職試験よりも難しく、専門知識も多く求められます。裁判所事務官は勤務地が全国にあるため、初任給などは勤務地によっても異なるといいます。ここでは、東京都内で勤務する場合の給与や年収について紹介しましょう。

初任給の目安と年収

裁判所事務官の給与は、国家公務員試験採用者と同等といわれています。2019年4月時点で、東京都で働くことを想定した初任給は以下の通りです。

〈初任給〉

総合職試験(院卒者区分)  253,800円(行政職俸給表(一)2級11号俸)

総合職試験(大卒程度区分) 222,240円(行政職俸給表(一)2級1号俸)

一般職試験(裁判所事務官,大卒程度区分) 216,840円(行政職俸給表(一)1級25号俸)

一般職試験(裁判所事務官,高卒者区分)  178,320円(行政職俸給表(一)1級5号俸)

※金額は,東京都特別区内に勤務する場合の例です。

(引用元:給与,休暇及び福利厚生について教えてください。|裁判所

初年度の年収は区分によっても異なりますが、裁判所事務官は公務員ですから、年齢とともに年収は徐々に上がっていきます。年収に換算すると約300~400万円からスタートし、勤務年数などによって年収も上がっていくことになるでしょう。

ボーナスや手当について

裁判所事務官のボーナスや手当については、以下となります。

〈諸手当〉

期末・勤勉手当 1年間に俸給月額などの約4.45か月分

通勤手当 6か月定期券の価額等

(1か月あたり最高55,000円)

住居手当 月額最高27,000円

扶養手当 配偶者月額6,500円等

超過勤務手当等

(引用元:給与,休暇及び福利厚生について教えてください。|裁判所

期末・勤勉手当が4.45ヶ月分など、手当は比較的良い条件であることが分かります。また、住居手当や通勤手当、さらに扶養手当などもついています。

裁判所事務官の福利厚生は?

福利厚生については、共済組合制度が設けられており、職員だけでなく家族の生活の安定と福祉の向上を目的に医療保険や年金制度が用意されています。また、裁判所共済組合や国家公務員共済組合連合会が運営する各種福祉事業を利用することが可能です。

裁判所事務官の仕事内容について

裁判所事務官の仕事は、全国各地にある裁判所や事務局において、裁判に関する事務作業を行うことです。裁判所では「裁判部門」か「司法行政部門」のどちらかに所属することとなり、裁判の手続きに深く関わる業務を担うことになります。

裁判部門では、裁判書記官の指示の下、裁判手続きが円滑に進むように裁判事務を行います。訴状などの書類の作成や送付、弁護士との打ち合わせなど、裁判を進める上で必要な業務を行います。また、それ以外の業務として法廷や和解室の準備、入廷前の事件番号の読み上げなど、裁判の進行や、マスコミ対応なども担当業務に含まれています。裁判員選任手続き、受付・説明会など、裁判員制度に関連する業務もあるため、一般の方と関わる機会もあります。

一方で、司法行政部門に所属する裁判所事務官は、裁判所で総務・人事・経理といった部門で勤務する人のサポート業務を行います。裁判所で勤務する人のための研修の企画なども、担当業務に含まれているといいます。