センター試験対策に!現代社会のおすすめの参考書&問題集7選

科目の一つである「現代社会」ですが、時事問題や論理など、センター試験対策をする上で難しい科目として知られています。環境問題や政治経済などは、その分野に関心がないとなかなか勉強しづらいですが、そこで役立つのが参考書です。今回は、そんな現代社会の試験対策としておすすめの参考書や問題集をご紹介します。

現代社会のおすすめの参考書&問題集7選

「現代社会」と聞くと、どんな科目だと想像しますか?  現代社会は政治・経済・倫理の知識のほか、環境問題や時事問題など、普段から新聞やニュースに目を通さなければ内容を理解することが難しいものもあります。そのため、どのように勉強をしたらいいのか分からず、あまり対策をせずに試験に挑む方も少なくないといいます。

しかし、実は勉強をすれば確実に伸びる科目であり、参考書などはテスト対策として役立てられる良質なものも多くあります。ここでは、現代社会のおすすめの参考書と問題集を7冊ご紹介します。

改訂第3版 センター試験 現代社会の点数が面白いほどとれる本(KADOKAWA)

まずは現代社会とは何か、一からしっかりと理解したいという方におすすめの本書は、ほかの科目でも定番のシリーズとして知られています。語り口調で説明されているため、まるで授業を受けているかのように感覚的に読むことができ、読みやすいと評判の参考書です。試験に出る内容が網羅されているため、現代社会の基本を理解したい方におすすめです。

おすすめの使い方としては、まずは本書を読んで現代社会の基本を理解し、次に演習問題などほかの参考書を使って試験対策に役立てるのがいいでしょう。口コミ評価の高い人気の一冊なので、現代社会の初めての参考書として購入するのにおすすめです。

センター試験 現代社会集中講義 三訂版 (旺文社)

現代社会の参考書ランキングで常に上位にランクインしているのが、『センター試験 現代社会集中講義 三訂版』(旺文社)です。2001~2015年までの出題傾向が徹底的に分析されており、効率的に学習することができます。また、演習問題が50のテーマごとに3題ずつ掲載されており、1冊で150題というボリュームある内容になっています。別冊付録として穴埋め問題もあるので、空いた時間にもテスト対策をすることができます。

河合塾で公民の授業を担当し、さらに模試や教材作成にも参加している著者ならではの充実した参考書となっています。

山川一問一答 現代社会(山川出版社)

現代社会のテスト対策として基本的な用語の確認をしたいという方におすすめの本書は、一問一答式の問題集となっており、教科書と併用することで授業の学習効果を高める効果が期待できます。大学入試にも役立つよう編集されており、用語の重要度を3つのランクに分けて示しています。語句を見てから説明文を読むなど、空いた時間を効果的に使いたい方にもおすすめの一冊です。

created by Rinker
¥682 (2020/04/05 21:12:56時点 Amazon調べ-詳細)