漢検2級の対策におすすめの問題集8選!効果的な勉強法も紹介

漢検の勉強には問題集を利用して対策を行うのがとても効率的です。特に漢検2級は難易度も高く、合格するには問題集での勉強が重要ですが、数多くある問題集の中からどれを選べばよいか悩む人もいることでしょう。当記事では漢検2級の対策におすすめの問題集や効果的な勉強法などについて紹介します。

漢検2級のレベルと試験内容

漢検を実施している公益財団法人日本漢字能力検定協会によると、漢検2級のレベルは高校卒業・大学・一般程度、対象漢字数は2,136字です。常用漢字すべてを読み書きし、文章の中で適切に活用できるレベルとなっています。漢検2級の出題内容は以下のとおりです。

  • 漢字の読み
  • 漢字の書取
  • 部首・部首名
  • 送り仮名
  • 対義語・類義語
  • 同音・同訓異字
  • 誤字訂正
  • 四字熟語
  • 熟語の構成

200点満点中、80%程度が合格基準です。過去の漢検2級の試験問題によると、筆記形式が170点、マークシート形式が30点となっています。合格率は毎年20%前後と低く、合格に向けてしっかりとした対策が必要と言えるでしょう。

参考

漢検の概要|公益財団法人日本漢字能力検定協会

平成30年度第1回日本漢字能力検定試験問題|公益財団法人日本漢字能力検定協会

採点基準と合格基準 | 漢検の概要 | 日本漢字能力検定

年度・回ごとの級別志願数・合格者数|調査・データ|日本漢字能力検定

【漢検2級】おすすめ問題集

それでは、漢検2級の対策におすすめの問題集を紹介します。

漢検2級漢字学習ステップ 改訂三版

公益財団法人日本漢字能力検定協会から出版されている公式参考書です。漢検2級の対象漢字が五十音順、計28のステップに分割されています。1ステップごとに、確認のための練習問題がついており、数ステップごとには「力だめし」問題もあるので、さらに自分の習得状況を確認できます。ステップごとに学習を進められるので、1日の学習の目標が立てやすいのもおすすめのポイントです。