就職ニーズ高し!林業大学校とは?入学やカリキュラムなども説明

林業大学校は、林業に関する専門的な知識や技術をマスターし、日本の森林資源を守る人材を育成する教育機関です。実際のところ、どのような教育カリキュラムを展開しているか、よく分からないという方もいるのではないでしょうか。

こちらの記事では、林業大学校に関する情報をご紹介していきます。

林業大学校とは? 

林業大学校は、農林水産省林野庁が管轄している学校です。「大学校」という名称ではあるものの、修得期間は2年制または1年制であり、専修学校として位置づけられています。座学や現場でのチェーンソーの操作などといった多くの実務講習を通して、これからの林業を担う人材を育成します。2019年8月4日時点で、全国の林業大学校は、秋田や長野などの森林が多い県を中心に18校あります。

参考
【(イ)林業大学校等・林業技術研修教育機関】|林野庁

林業大学校の入学について

この章では、林業大学校の入学に関する情報をご紹介します。

入試方法

林業大学校の入試方式は、推薦入試と一般入試の2つです。林業大学校では、各学校で入試方法に違いがあるのがポイント。この項では、入試方式と試験科目について見ていきます。

推薦入試

入試の願書受付期間や入試日に関しては学校によって違いますが、林業大学校でも推薦入試を実施しています。条件は、高校卒業見込み者であり、学校長の推薦を受けていることが必須。ほかに社会人も推薦入試の対象となるケースがあります。

このように林業大学校は、学校によって推薦入試の条件などの詳細内容に違いがあります。今後、林業大学校を検討する方は、各学校のホームページを確認しておきましょう。

一般入試

推薦入試が終わった後、一般入試がスタートします。林業大学校の一般入試は、全国すべての学校が足並みを揃えて同じような日程で実施するわけではありません。年内で実施する学校と、年明けに実施する学校があるので、推薦入試と同様、一般入試に関しても日程などの確認が必要です。

試験科目

一般入試の科目は、現代文・小論文・数学(数的処理)がメイン。ただし、学校によっては1教科のみの試験だったり、2教科以上の試験だったりするので、事前のチェックは必須です。

数学に関しては、入学後も測量などで数字に触れることが多いので、試験の有無に関係なく、勉強の手を抜かないようにしましょう。

参考
入試情報 林業大学校|長野県
入試情報 京都府立林業大学校|京都府

森林大学校令和2年(2020年)4月入学者の募集について|兵庫県
森林大学校入試過去問題|兵庫県