国立大学の学費はいくら?進学先ごとの総額や公立との違いについて ( 2 )

国立より高い?安い?公立大学の学費

国立と並んで学費が安いという印象のある公立大学。こちらは大学によって授業料が異なります。文部科学省が出している平均額から国立大学との差を見てみましょう。

平成29年度の平均額

年間授業料 入学金 学部4年間の学費(授業料+入学金)総額(単位:円)
公立大学の平均 ¥538,294 ¥394,225 ¥2,547,401
国立大学の標準額 ¥535,800 ¥282,000 ¥2,425,200

国公私立大学の授業料等の推移|文部科学省より筆者作成)

公立大学の学費は、平成の初めごろは国立より安いところも多かったようです。しかし、年々値上がりを続けています。現在では国立の標準額よりやや高額という平均額が出ています。

大学・居住地によって異なるので注意が必要

こちらはあくまでも平均額であり、個別の大学の学費ではないことをご留意ください。また、公立大学は学生の居住地によって学費を変更するところもあります。

年間授業料 入学金 学部4年間の学費(授業料+入学金)総額(単位:円)
首都大学東京(東京都立大学) ¥520,800 ¥282,000 ¥2,365,200
首都大学東京(東京都立大学)都民の場合 ¥520,800 ¥141,000 ¥2,224,200
横浜市立大学(医学部を除く) ¥557,400 ¥282,000 ¥2,511,600
横浜市立大学(医学部を除く)(横浜市民の場合) ¥557,400 ¥141,000 ¥2,370,600

こちらは首都圏にある2つの公立大学の比較です。首都大学東京(2020年度より東京都立大学)と横浜市立大学は、双方とも設置している自治体内の居住者は入学金が半額になります。このように、公立大学の多くでは地元からの進学者を優遇する措置をとっているところが少なくありません。

参考

学生生活 :: 学費・奨学金 :: 入学考査料・入学料・授業料の納入について|首都大学東京

学費【学部】|YCU 横浜市立大学