ハーバード大学を卒業した著名な卒業生12名を紹介!日本人も紹介!

日本の大学を卒業してから、海外の大学、大学院へ通う方は多くいます。文部科学省では、留学生の受け入れや、日本から外国への留学を推奨しています。日本からアメリカに渡りハーバード大学を卒業した著名人をご紹介します。

政財界人

新浪剛史さん

1959年、神奈川県生まれ。サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長。1981年に慶応義塾大学経済学部を卒業しました。三菱商事株式会社に入社した後、1991年からハーバード大学経営大学院でMBAを取得します。その後、株式会社ソデックスコーポレーション(現在の株式会社LEOC)の社長を務め、2002年には株式会社ローソンの社長に就任。2010年のオリックス社外取締役就任を経て、2014年にサントリーホールディングスの社長に就任しました。

三木谷浩史さん

1965年、兵庫県生まれの楽天の創業者。兵庫県立明石高等学校に通い、テニスのジュニア関西ベスト16を達成しました。1984年に一橋大学商学部へ入学して、金融論を学びました。

日本興業銀行(現・みずほ銀行)へ入行。1993年、ハーバード大学経営大学院を修了、MBAを取得します。帰国後、1995年に阪神・淡路大震災が発生。出身の兵庫県が被害に遭い、叔父叔母を失ってしまいます。人生観に大きな影響を受け、起業を決意します。

1997年、株式会社エム・ディー・エム(現在の楽天)を設立。2003年、赤字の続いていたJリーグ・ヴィッセル神戸を買収して、オーナーに就任しました。2012年ハーバード大学経営大学院卒業生功績賞を史上最年少で受賞しました。

小村壽太郎さん

1855年生まれ。現在の宮崎県日南市にあたる日向国飫肥藩の出身で、外務大臣。1861年、長崎の致遠館から数ヶ月間、英語を学びました。そして、藩からの推薦を受け、大学南校(現・東京大学)へ入学。第1回文部省海外留学生に選ばれ、ハーバード大学へ留学して法律を学びました。

帰国後、司法省へ入省して、大審院判事を務めます。そして、1884年に外務省へ移りました。陸奥宗光に認められ、1893年に清国代理公使を務め、外交次官として駐米、駐露公使を歴任します。1901年、第1次桂内閣の外務大臣に就任。1905年には、日露戦後の「日露講和条約(ポーツマス条約)」の調印に尽力しました。

芸能・文化人

五嶋龍さん

1988年、アメリカのニューヨーク州出身。ヴァイオリニスト。ニューヨーク市のトリニティ高校から、2005年からハーバード大学へ合格。2011年に物理学科を卒業します。ヴァイオリンを始めたのは3歳のころ。母の五嶋節、建部洋子、ビクター・ダンチェンコ、チョーリャン・リンに師事しました。

1995年、札幌市で「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」のオーケストラとパガニーニの「ヴァイオリン協奏曲第1番」で、7歳でデビューを飾ります。2003年、ニューヨーク市での式典で演奏。ドイツの名門クラシックレーベルのグラモフォンと専属契約を交わしました。2006年から初のジャパン・ツアーも開催しました。

モーリー・ロバートソンさん

1963年、ニューヨーク市生まれで、広島市育ちの米国籍のタレント。アメリカから1968年に父の転勤のために広島県へ移住しました。1973年から、日本語や漢字を習うために外国人学校を辞めて、小学5年生から広島市立五日市南小学校へ転校、修道中学校へ通いました。高校時代にパンクバンドを組むようになります。

1981年東京大学理科一類に合格するも、わずか4ヶ月で中退し、ハーバード大学へ転入。複数のラジオ番組、テレビ番組にレギュラー出演しており、著書も多数刊行しています。

五木田岳彦さん

作曲家、音楽プロデューサー。ボストンのニューイングランド音楽院作曲科、ハーバード大学院作曲科を卒業、博士号を取得しました。オーケストラ、室内楽団、合唱団などの作曲から、テレビ、ミュージカルの作曲までジャンルを問わず活動しています。

NHKで「赤とルージュ」、「ニュース・アンド・スポーツ」のテーマ曲など、さまざまな作品を手掛けています。2011年には、自身のレーベル「Time Art Entertainment」を設立しました。