アイドルは職業名?仕事内容やアイドルになる方法を知りたい!

現在、日本の音楽業界をけん引していると言っても過言ではないアイドルたち。アイドルになる方法や、普通のアーティストとどう違うのでしょうか。

そこで、今回はアイドルという仕事の内容や、アイドルになる方法について紹介しますので、アイドルを目指したいという方や自身の家族をアイドルにしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

アイドルになるには

まず注意したいのは、個人で歌やダンスをしていてもアイドルにはなれないということです。まずは、オーディションやスカウトなどを通じて芸能事務所や芸能プロダクションとの契約を目指します。

また、最近の手法としてツイッターやYouTubeなどのSNSでの発信することも有効とされていてます。とにかく、地道に歌やダンスを取得しても、誰かに見てもらわなくてはいけません。芸能プロダクションとの早期に契約を済ませ、その後必要なレッスンを受けることが最も早くアイドルになれる近道と言えます。

アイドルの仕事内容

アイドルとはどういった仕事なのか、他のアーティストとは違うのかという点も踏まえて、アイドルという仕事内容を見てみましょう。

CDをリリースする

ライブを行うためにはまずは曲が必要になりますし、メディアで紹介してもらうためにもCDリリースは必須です。しかし、最近ではCDを買わずにストリーミング配信で音楽を聴くというのが主流になりつつあります。ただCDリリースはまだ有効です。理由はアイドルのジャケット写真などの付属するものの効果が高いからです。

音楽の発売方法は、芸能事務所やCDレーベルの方針によって変わってきますが、アイドルも時代に適応するために、最新の方法で音楽や情報を発信するということが今後必須となってくることでしょう。

コンサートを行う

CDをいくつかリリースしたら、いよいよファンを集めてコンサート公演を行います。コンサート会場は小さな劇場やホールが主流ですが、人気がでればドームなどの大きな会場でコンサートを開くこともあります。

歌でファンを楽しませるのは、アイドルの仕事の醍醐味と言えます。

握手会を行う

握手会こそ、アイドルの大きな特徴であり仕事の一つと言えます。他のアーティストではしない仕事でもあるでしょう。

数々のアイドルをデビューさせている有名プロデューサーの秋元康氏は、アイドルを次のように定義しています。

「手の届く高根の花」か「手の届かない隣のお姉ちゃん」ですかね。これは作詞家の阿久悠さんの言葉です。幻想っていうと身もふたもないけれど、どこかで自分の理想とするホログラムのようなものだと思っています。

(引用元:秋元康氏、確信を起こし続けてきた男の頭の中|日経ビジネス

メディア出演

だんだんと知名度が上がると、テレビやラジオに出演します。テレビは歌番組をはじめ、バラエティなどにも出演します。さらに、芸能プロダクションに所属することで先輩俳優が出演するドラマに友情出演することもあります。

番組の種類によって、タレントか女優などの新たな道が切り開けるチャンスでもありますので、出られるメディアには必ず出演するようにしていきます。

アイドルに向いている人の特徴

ここ数年アイドルの人数は飛躍的に増加しています。アイドルとは誰でもなれるものなのでしょうか。アイドルに向いている方の特徴を紹介します。

青春時代をささげられる人

アイドルといえば、早くて10代のころから活動を始める方がほとんど。しかし、この時期はまだまだ中学や高校に通っている時期でもあります。勉強に集中したり、同級生のお友達と遊んだりする回数も多くは作れません。アイドルとしての活動が多くなれば、あっという間に10代は終わってしまいます。

精神状態が強い人

無事アイドルデビューして人気が出ればいいのですが、それが3年後か、10年後なのかは誰にも分かりません。アイドルに限らず芸能界という世界で生半可な気持ちでいては、すぐに人気は下がってしまいます。

また、ファンに近いアイドルという職業は、SNSなどを通じて言葉によって傷つけられることもあるということも理解しておかなくてはいけません。

アイドル卒業後の目標がある人

アイドルの寿命は、ほかのアーティストに比べると短いもの。なぜなら、「アイドル=若い」というイメージは時代が変わっても覆ることはないからです。

アイドルを目指すなら、その先の目標を持つようにしましょう。ソロとしてデビューしたり、女優へ転身したり、新たなアイドルを生み育てる裏方への転身など、意外と道は多いと言えます。

もちろん、「永遠のアイドル」として尊敬され続けるアイドルも存在しますが、次々と新たなアイドルが誕生し、競争が激しくなっていくことも忘れてはいけません。