プロゴルファーになるには?プロゴルファーになる方法を徹底解説 ( 3 )

プロゴルファーになるためには練習あるのみ

プロゴルファーになるためには、どのくらい練習が必要なのでしょうか。

PGA会員の名簿でゴルフクラブを握ってからプロテストに合格するまでの年月の平均は約11年、ツアー選手のデータからゴルフを始めてからシード権を獲得するまでは約10年の年月がかかっている事が分かりました。仮に1日3時間、練習すると1年間で1095時間、これを10年続けると1万950時間ということで1万時間というマジックナンバーが見えてきます。

(引用元:プロになるには1日3時間練習を10年続ける必要あり!? プロゴルファーに「1万時間の法則」は当てはまるか|みんなのゴルフダイジェスト)

多数のプロゴルファーを輩出するゴルフ塾として有名な「坂田塾」では、毎日、500球を打つ練習が義務付けられています。小学校3年生から塾を卒業する高校3年生までの間に、1万時間の練習量をクリアします。プロゴルファーになるためには、練習量が重要ということが分かるでしょう。

また、トッププロと呼ばれる人たちは低年齢からゴルフを始めています。宮里藍選手や松山英樹選手は4歳からゴルフを始めました。ゴルフに親しむ時期が早いこと、練習量が多いことがプロゴルファーを目指す上では大事です。

終わりに

プロゴルファーは賞金が大きいのが魅力です。しかし、プロゴルファーとして大成するためには相当な努力とお金がかかります。子供がプロゴルファーになるためには、親の献身的、金銭的なサポートが必要なのです。

参考

日本プロゴルフ協会
日本女子プロゴルフ協会
プロになるには1日3時間練習を10年続ける必要あり!? プロゴルファーに「1万時間の法則」は当てはまるか|みんなのゴルフダイジェスト
選手情報|ALBA
プロゴルファーになるには|キャリアガーデン
プロゴルファーになるには「プロ宣言」すればいい!?プロになるための3つの方法+1とは?|GGOLFS
プロゴルファー|職業ガイド

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。