合同企業説明会の服装情報と身だしなみとは?お役立ち情報も紹介

就活において合同企業説明会にも参加する人もいることでしょう。その際に迷うのが、当日に着用する服装や身だしなみのこと。合同企業説明会に実際にどのようなものを着用し、身だしなみを整えるべきかこちらの記事で、紹介をしておきましょう。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

合同企業説明会とは?

合同企業説明会(以下、合説)とは、複数の企業が一つの会場に集い、時間を決めて合同で実施する企業の説明会のことです。なお、会場には都市部の会社だけでなく、地方の企業も参加しています。

同じ会場で同じ日に複数の会社説明会に参加できるので、多くの情報を集められるのが最大のメリットとも言えるかもしれません。

合同企業説明会に参加するときの服装情報

合説に参加するときに、迷うのが服装選びのことでしょう。実際どのような服装を経験者は着用しているでしょうか。

こちらの章では、服装に関する情報について紹介をしていきましょう。

基本的にリクルートスーツで参加する

近年は、クールビズやノーネクタイなどの影響もあり、就活生がスーツを着用する際にシャツのボタンの開け閉めなどをどのようにしていいか迷う学生もいることでしょう。

合説に参加する場合なら、案内に「自由な服装でも構いません」といった文言が記載されていても、服装に迷ったら、無難、かつ清潔感のあるスーツで参加するのがベターです。

私服参加OKの場合ならオフィスカジュアルで参加する

合説の参加で「私服可能」という企業なら、人前で対応するときにふさわしく、かつ硬い雰囲気が出ないオフィスカジュアルで参加しましょう。

スーツでも私服でも華美なカラーを避ける

合説での参加で注意したいのが、服装のカラーです。多様化している時代ということもあり、合説で参加している企業の担当者の中には、奇抜なカラーの服装で対応している人もいるかもしれません。

それでも、採用担当者側にも好印象を与える意味でも、学生の場合はスーツでも私服でも華美なカラーは控えましょう。

女子学生は露出度高い服装を控える

合説に参加する女子学生に関しては、スカート丈を短くするなど、相手が目のやり場に困るような露出度の高い服装を選ばないよう注意が必要です。あくまでも周りから「落ち着いている」という雰囲気がうかがえるような服装を選びましょう。

合同企業説明会の参加時にチェックしたい身だしなみ

合説に参加する際には、服装の選び方も重要ですが、身だしなみについても気を配りましょう。チェックしたい身だしなみについては、次のとおりです。

髪型の整え方・髪色アレンジ

髪型は、第一印象を左右する大切な要素と言えます。有名大学で優秀な学生であっても髪の乱れがあったり、ケアを怠ったりすると、企業側としても採用するかしないか迷うという声もあります。それだけ就活では、髪型や髪の色が重要視されます。明るい色にカラーリングしている場合は、合説に向けて地毛に近いカラーに戻しておきましょう。

男子学生に関しては、短髪・黒髪が基本です。襟足やもみ上げが長かったり、前髪が眉毛にかかったりすると清潔感とはほど遠いものとなりますので、注意しましょう。寝ぐせに関しても朝の身支度の際に、寝ぐせ専用の整髪料を使ってきれいに仕上げておきましょう。

女子学生に関しては、おでこ・耳・眉毛が隠れないヘアアレンジで決めると、清潔感があり、明るい印象を与えます。髪の毛の長さが、肩より下の位置にある場合、おじぎしても髪が乱れないよう、後ろで一つにまとめておきましょう。

メイク方法

合説を含め就活に臨むときのメイクは、チーク・リップ・アイメイクも濃すぎないようにするのがポイントです。つけまつげや派手なネイルは控えておきましょう。

合説に参加する企業の中には、かなり年配の人が対応していることもあります。幅広い年齢層でも受け入れられる「ナチュラル」メイクを心がけましょう。

靴の選び方およびケア

採用担当者は、学生の服装や髪型をチェックするとともに、足元もチェックしています。靴のケアをしておらず、汚れがあると、マイナスポイントになるかもしれません。ほかにも靴の底がすり減って劣化した靴を履き続けるのも印象を悪くします。

女子学生の場合は、合説を含む就活で黒のパンプスを履くこともよくあることです。つま先部分だけでなく、ヒール部分が汚くなっていないかなども忘れずにチェックしておきましょう。

また、合説へ足を運ぶときに靴が汚れる可能性もありますので、100均などでシューズ用のクリーナーを調達・常備し、いつでも靴のケアができるようにしておきましょう。ほかにも急な雨でも靴が耐えられるよう靴専用の撥水加工のスプレーでケアすることをおすすめします。

鞄の選び方

合説に参加するときの鞄(かばん)は、スーツのカラーとマッチしやすい黒のビジネスバックを選ぶことをおすすめします。大きさに関しては、合説でもらったパンフレットを折り曲げなくても入れられるA4サイズを選びます。機能性としては、床やテーブルといった平らな面でも自立して置けるタイプだと使いやすいかもしれません。

黒の鞄は、就職後も使えるバッグですから、合説を含む就活をスタートする際に調達しておくことをおすすめします。