通信制高校の就職率はどれくらい?卒業後の進路や就職の注意点も紹介

高校といっても全日制高校や定時制高校、通信制高校などがあります。自分のペースで勉強できるとして注目されている通信制高校ですが、卒業後の進路や就職にはどのような選択肢があるのでしょうか。ここでは通信制高校の就職率や卒業後の進路、通信制高校ならではの注意点について紹介します。

通信制高校の就職について

全日制高校は昼間、定時制高校は夜間、そして通信制高校はスクーリングと呼ばれる登校日以外は自宅などで学習し、単位を取得します。通信制高校はすでに働いている人や高校を中退した人、不登校やいじめに悩む人など、さまざまな人が通っています。通信制高校に子供を進学させたいと検討している親御さんもいるかもしれません。そこで気になるのが、通信制高校の就職や卒業後の進路です。

通信制高校卒業者の就職について

通信制高校を卒業した後に就職する方も多いといいます。文部科学省が発表した「学校基本調査」によると、平成30年に通信制高校を卒業した人は56,283人で、前年度よりも2,733人増加という結果となりました。そのうち就職した人は約11,026人で、通信制高校卒業後に就職している人は年々増加傾向にあることが分かりました。通信制高校の中には就職に力をいれている学校もあることから、通信制高校を卒業して高校卒業資格を得た後に就職するという人も少なくないそうです。

参考

学校基本調査-令和元年度結果の概要-,p24|文部科学省

高校中退や中卒よりも就職率は良い?

通信制高校を選択する理由は人によってさまざまですが、なかには高校を中退して通信制高校に通う方や、中学を卒業してからあえて通信制高校を選択するという方もいます。高校中退や中卒の場合は、学歴が就職に影響することもあるでしょう。通信制高校を卒業することで、就職を含めた進路選択の幅の広がりが期待できます。

厚生労働省が毎年発表している「高校・中学新卒者の就職内定状況等」によると、令和元年7月末時点で、高校新卒者の求人数は約44万3千人、中学新卒者の求人数は1,084人という結果となりました。このことから、高校中退者や中卒者よりも、通信制高校卒業者の方が就職率が高くなると考えられます。

参考

令和元年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職状況」取りまとめ~高校生の求人倍率は2.52倍、求人数は前年比 4.0%増~|厚生労働省

通信制高校卒業後に大学へ進学する人はどれくらい?

通信制高校卒業後の進路には、就職だけでなく進学という選択肢もあります。前述した同調査によると、平成30年度の通信制高校卒業者56,283人のうち、大学へ進学した人は10,104人、専門学校へ進学した人は12,212人という結果となりました。通信制高校卒業後に半数近くの人が進学を選択しており、大学受験資格を得るために通信制高校へ通うという人もいるといいます。

参考

学校基本調査-令和元年度結果の概要-,p24|文部科学省

通信制高校卒業後に東大へ進学する人も

通信制高校を卒業した人の中には、難関大学へ進学する人もいます。例えば、新宿山吹高等学校の通信制課程の卒業生には、東京大学・明治大学・早稲田大学・法政大学など有名校への進学実績があります。通信制高校を卒業することで高校卒業資格だけでなく、大学受験資格も得ることができ、その後の進路へとつながります。

参考

平成30年度 通信制課程 卒業生進路状況|東京都立新宿山吹高等学校