職務経歴書が必要ないシーンとは?迷ったときのお役立ち情報も紹介

職務経歴書は、転職するときに履歴書に添付して提出する書類です。主に、職歴の詳細情報や、これまでに携わった仕事内容、保有スキルについてまとめています。しかし、転職活動において、なかには職務経歴書の提出の必要がないケースもあります。こちらの記事では、職務経歴書にまつわるお役立ち情報をご紹介しましょう。

おすすめ転職サイトはこちら 公式
DYM就職
・学歴や経歴に不安があっても大丈夫!
・経験豊富なキャリアアドバイザーが内定まで徹底サポート!
・無料で応募書類の添削から面接対策まで対応!
リクルートエージェント
・転職支援実績NO1!
リクナビNEXTから求人を探すことも可能!
doda
・転職者満足度NO1!
・優良大手企業もズラリ!!
ビズリーチ
・年収600万以上のハイクラス求人が多数!
・優良企業やヘッドハンターからスカウトが届く
ミイダス
・精度の高い市場価値診断!
・専用アプリでスマートに就活を!

職務経歴書を書く目的とは?

職務経歴書を書く目的としては、企業に対し、自分の職務経歴と保有スキルの2つをアピールすることが挙げられます。また、応募企業の採用要件とマッチする人物かどうかという点も、職務経歴書の内容からはかられます。

履歴書と職務経歴書の違いについて

履歴書と職務経歴書は、双方ともこれまでの職歴や資格などを書く点では共通した項目がありますが、この2つの違いについてよく分からないという方もいるのではないでしょうか。

履歴書は、生年月日・学歴・職歴・資格などといった、個人の基本的な情報をまとめたものであり、入社後に必要な情報として活用されます。一方、職務経歴書は、これまでに携わった仕事内容の情報から、新たに仕事をする上で活用できるスキルなどを見るためのものであり、採用時ならびに入社前の選考に役立てる情報として使われます。

このように、履歴書と職務経歴書はどちらも似た印象がありますが、異なる性格を持つものです。

提出するのか分からない?職務経歴書が必要ない場合とは

基本的に転職などの面接に臨むときには、履歴書と職務経歴書の2つをセットで準備して提出しますが、企業によっては「職務経歴書不要」という文言がある場合もあります。

こちらでは、職務経歴書を必要としない場合について触れていきましょう。

企業側が履歴書の提出だけを指示した

企業側が職務経歴書の提出を必要としない場合もあります。この主な背景としては、応募者を幅広く集めたい求人案件であることなどが挙げられます。

求人に職歴・経験・スキルが不問となっている

職務経歴書を必要としない場合の求人案件でよくあるのが、「未経験者歓迎」「経験不問」などの文言です。このような場合、採用の有無に関して職歴・経験・スキルにウエイトを置かず、面接で直接会って人間性を見てから採用を決めるという流れになります。

求人に応募しやすくするため

なんらかの理由で職務経歴書の作成や準備に負担を感じる人もいます。準備するものを「履歴書のみ、職務経歴書不要」とすることで、エントリーの負担を減らし、より多くの人たちが応募しやすくなるようにしています。

採用人数が多い求人である

採用人数が多いと、各人の履歴書や職務経歴書をチェックするのに時間がかかるのは言うまでもありません。そのような場合は「履歴書のみ提出」とし、一連の採用活動を簡略化することもあります。

企業オリジナルのエントリーフォームがある

企業によっては、エントリーするにあたって、自社オリジナルのエントリーフォームに入力することを求める場合があります。このようなケースでは、「職務経歴書不要」となっていることがあります。