子供が非行に走る原因は?親や周囲にできる心がけについても紹介

子供が非行に走る原因は一様ではありません。家庭環境、学校での居場所のなさ、周囲の無理解など、さまざまな理由が考えられます。これらの要素が複雑に絡み合っていることも少なくありません。当記事では、非行の定義から子供が非行に至る背景、子供が非行に走ったときの対処法まで解説しています。参考になれば幸いです。

非行に走るとは?

「非行に走る」とはそもそも何を意味するのでしょうか。まずは、非行の定義を確認しておきましょう。

少年法における非行少年の定義

少年法では、以下の行為を総称して「非行」と呼んでいます。

  • 犯罪行為(14歳以上20歳未満の青少年による刑事法令に違反する行為)
  • 触法行為(刑事責任を問えない14歳未満の少年が行う刑事法令に触れる行為)
  • 虞犯(ぐはん、将来的な犯罪行為につながるおそれ)

これらを行う少年のことを、それぞれ「犯罪少年」「触法少年」「虞犯少年」と呼びます。これら3種類の非行の中で、多くの人にとってなじみがないのは「虞犯」という言葉の概念ではないでしょうか。

少年法第3条第3項で、虞犯は次のように説明されています。

三 次に掲げる事由があつて、その性格又は環境に照して、将来、罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をする虞のある少年

イ 保護者の正当な監督に服しない性癖のあること。

ロ 正当の理由がなく家庭に寄り附かないこと。

ハ 犯罪性のある人若しくは不道徳な人と交際し、又はいかがわしい場所に出入すること。

ニ 自己又は他人の徳性を害する行為をする性癖のあること。

(引用元:少年法|e-Gov法令検索, 第三条第三項

犯罪や触法と異なり、虞犯は法律に触れる行為ではないため定義をあいまいに感じるかもしれません。法文の中にある「不道徳な人」「いかがわしい場所」などは、人によって捉え方が異なってきます。とはいえ、少年法で説明されている虞犯の概念は、世間一般における「非行」または「非行に走る」という言葉の持つイメージから大きく解離したものではないでしょう。

少年警察活動規則における不良行為少年

少年の非行の防止や保護のために「少年警察活動規則」という規則が定められています。この中で、少年法に定められた非行少年(犯罪少年・触法少年・虞犯少年の総称)とは別に不良行為少年という言葉が出てきます。

不良行為少年とは、少年警察活動規則において以下のように説明されています。

非行少年には該当しないが、飲酒、喫煙、深夜はいかいその他自己又は他人の徳性を害する行為(以下「不良行為」という。)をしている少年をいう

(引用元:少年警察活動規則|e-Gov法令検索, 第二条六項

少年警察活動規則では、上記の行為を非行と分けて定義していますが、一般的には、飲酒や喫煙、深夜徘徊なども非行の範ちゅうに含めて理解している人が多いでしょう。

※当記事で説明する「非行」は、先述の「犯罪行為」「触法行為」「虞犯」および「不良行為」を指すものとします。