幼児教育の効果を知っておこう!評判が高い習い事・教材とは!? ( 2 )

幼児教育に効果的な習い事

幼児教育に効果的な習い事
幼児教育は家庭でも遊びをメインとして手軽に行うことができるものです。しかし、子供の可能性や適性を早期に見つけ出してよい方向に導きたいと願うのであれば、専門的な指導が可能な幼児教室などに通わせるのもひとつの方法でしょう。

さまざまな幼児教室があるなかで、学力ではなく情操教育や健康な体をつくるための体育教育について説明します。

リトミック音楽教室

リトミック音楽教室は、楽譜の読み方や楽器の演奏の仕方をメインとするのではなく、体を使って音楽を楽しむことを狙いとしているものです。

音楽に合わせて手遊びや体操をしたり、楽器を自由に慣らすことによって、心身のバランスを整えたり、コミュニケーション能力などの社会性を身につけることができます。

ピアノ

情操教育、芸術教育の一環としてピアノを習わせる家庭も増えています。ピアノは楽譜を読む力、繰り返し練習する粘り強さなどとともに右手と左手で全く異なる指の動きをすることから脳の働きを活性化することもできます。

上手に弾けるようになれば人前で披露できる特技として自分の自信につなげることもできるでしょう。

水泳

幼児教育としてスポーツ系の幼児教室を選ぶ保護者の方も少なくありません。体が丈夫で健康であることは生きていくうえで最も大切なことであるため、幼い頃から体を鍛えるのは大切なことです。

しかし、骨や筋肉などが未完成の状態で特定の部位を酷使すると傷めてしまう可能性が高くなります。水泳は水によって足腰にかかる負担が大幅に軽減されるとともに全身運動でまんべんなく体を鍛えることができます。心肺機能も高めることができる理想的な運動と言えるでしょう。