バレエを子供の習い事にするメリットとは?何歳から始めればいいの? ( 3 )

バレエを始める際の3つの注意点

バレエを始める際の注意点
メリットの多いバレエですが、事前に確認しておくべきこともあります。本章ではバレエを習う前に知っておくべき3つのことをご紹介します。

予算に余裕を持つ

バレエは女の子の習い事として高い人気を誇ります。かわいい衣装を着て踊るわが子を想像したら、今すぐにでも習わせたい! と思ってしまうでしょう。しかしバレエという習い事にはお金がかかります。どんな習い事でも月謝はかかりますが、衣装が必要なバレエは道具にもお金がかかりますので、経済的な余裕が必要です。

月謝と衣装代は別に考える

バレエ教室による違いはあるものの、バレエを習うのには入会金と月謝が必要です。レッスンのときに着るレオタードやタイツ、トーシューズを一式そえるにも費用がかかり、成長とともに買い替えが必要です。発表会で着る舞台衣装には、子供でも数万円~数十万円かかります。レッスンは週に何回かあり、月謝はレッスンの回数によって変わります。バレエを習う場合、月謝と衣装代は別に考えておいた方がいいです。

将来を見据えたレッスンを行う

将来バレリーナにしたいという思いがあるなら、将来を見据えて本格的なレッスンが受けられるバレエ教室を探すといいでしょう。ただしバレエにも才能が求められますし、バレリーナになるにはふさわしい体形があるので、条件を兼ね備えていることも大切です。

親がバレエを習わせたいと思っていても、子供が興味を持ってくれないと意味がありません。まずは体験教室でバレエがどんなものか体験してから決めるといいでしょう。本格的なレッスンをしたいなら、バレエ団が運営する研究所を探すといいでしょう。

まとめ:幼少時のバレエはメリットだらけ

子供に習わせたい習い事で、バレエは常に上位にランクインします。ご覧いただいたように幼少時にバレエを習わせるメリットは多いので、子供が興味を持つのなら一度体験させてみてはいかがでしょうか。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。