家庭における幼児教育の役割とは!?幼児教育におすすめの遊び

家庭における幼児教育の役割とは!?幼児教育におすすめの遊び

少し前までは、学習は小学校に入学してからするものであって就学前に特に家庭で教育することを意識することはありませんでした。しかし、現代では、読み聞かせで言葉のシャワーを浴びた子供の語彙力が驚くほど増える、豊富な体験活動の経験がある覚えた子供は小学校での学習がスムーズに進めることができるなど、家庭での幼児教育の重要性が話題になっています。そこで、家庭における幼児教育の役割や幼児におすすめの遊びについて解説します。

幼児教育とは

幼児教育とは
幼児期は心身が著しく発達する時期であり、そのころに行う幼児教育は生涯学習の基礎となる重要なものです。

幼児期に学んだり体験したりしたことは大きな力となってその後の勉強にも役立つとともに人格の形成にも活かされます。また、早くからさまざまな物に触れさせることによって興味関心を示すものが見つかり、自ら学び考える力も育成することができるでしょう。

小学校就学前の子供への教育のこと

幼児教育は、小学校に入ってからの学習や生活習慣の土台となるものであり、就学前の子供を対象に行われる教育全般のことを指すものです。幼稚園や保育園、絵画や書道、バレエなどの習い事などさまざまな幼児教育の場がありますが、どれも親が直接子供に行うものではありません。家庭における幼児教育の役割や重要性を理解して適切に行うことが必要です。

周囲とのかかわり、体験を通じた経験すべてのこと

幼児教育とは、勉強や生活習慣、技能などを身につけたり伸ばしたりすることだけが目的ではありません。子供の個性や可能性を早い段階で見極めて伸ばしてあげることが親の大切な役目です。

小さなころにさまざまな自然体験、社会体験をすることで豊かな人間性を育むことができるとともに、社会で行くための周囲とのコミュニケーションスキルも身につけることができるでしょう。

1 2 3