子供用携帯にはどんな特徴がある?今話題の格安SIMを使うポイントは?

子供用携帯にはどんな特徴がある?今話題の格安SIMを使うポイントは?

子供が小学校に入学すると行動範囲が徐々に広がり、親が驚くほど遠くの友達の家に遊びに行くこともあります。どこで遊んでいるか把握できないことも多くなり、親の心配は尽きないものとなります。そこで、いつでも子供と連絡が取れるように、また子供を犯罪から守るために、子供用携帯(キッズ携帯)を与えることもあるでしょう。

子供用携帯は、いつでも子供の居場所が分かるので安心であるだけでなく、防犯や防災時にも役立つアイテムとして心強い味方になります。そこで、そろそろ子供に携帯電話を持たせようかな、と考えているママやパパのために子供用携帯ならではの特徴持たせることで得られるメリットなどについて解説します。

キッズ携帯ならではの特徴

キッズ携帯ならではの特徴
携帯、スマホはビジネスやプライベートなど、さまざまなシーンで活躍できるアイテムとしていろいろな機能が充実しています。それに比べるとキッズ携帯は最小限の機能に抑えられており、余計な操作をする必要がありません。小学生を対象としてつくられているため、親子でいつでも連絡できること、居場所が確認できることが最大の特徴となっています。そのほかにも防犯ブザーなどの機能が備わっているものもあります。

子供が1人で留守番するときや1人で外出するときに持たせていることで、保護者は大きな安心を得られるのが最大のメリットといえるでしょう。そこで、キッズ携帯ならではの特徴やサービス内容などについて説明します。

決められた登録番号としか通話できない

携帯電話会社によって機能には多少違いがありますが、キッズ用携帯には下記のように、限られた連絡先にしか連絡ができないような設定が施されています。

  • あらかじめ設定した10件の相手のみ通話、メールが可能
  • 登録した4件のみ、ワンタッチで簡単に通話が可能
  • 発信先3件、着信相手20件限定で通話が可能

子供が間違って電話やメールをしたりすることを避けるとともに親が知らない人とアクセスする心配がありません。また、自宅以外の親の職場や祖父母宅などの電話番号を覚えていなくても、緊急の際にはいつでも連絡することができるというメリットもあります。

防犯ブザー代わりに使える

現代では、残念ながら子供が被害者となる事件が頻発している状況であり、子供に1人歩きさせることに大きな不安を感じている保護者も多いことでしょう。しかし、親が共働きで放課後の子供をみることができない場合や、子供が1人で習い事に行く場合など、子供が1人でいることを避けられない状況があることも事実です。

最近では防犯ブザーを配布している小学校も多く、ランドセルの側面のフックに掛けている子供もよくみかけます。しかし、いざというときに手が届かなければ、身を守るアイテムになりません。キッズ携帯のなかには、ヒモを引っ張ることで大きなブザーが鳴るとともに、登録したメールアドレスにそのときの居場所を知らせる機能がついているものもあり安心です。

GPSの搭載

子供用携帯の最大のメリットはGPS機能搭載でいつでも居場所が確認できるということでしょう。キャリアによってサービス内容や料金設定の違いはありますが、気になったときに子供の居場所を確認したり、移動経路を探索したりすることができるものもあります。

また、キャリアによってはあらかじめ登下校や塾の時間を指定登録しておくと自動的に居場所をメールで知らせてくれるものもあります。電源が入っている限り居場所を特定することができるので、万が一迷子になったり、犯罪に巻き込まれたりした際にも、警察の捜索がしやすくなるというメリットがあります。

セキュリティ会社の現場急行サービスが使える

子供が電車を乗り継いで登校する必要があったり、1人で塾に行ったりする際には無事に帰宅するまで心配が絶えないものです。キッズ携帯のなかには防犯ブザーや緊急発信ボタンを押すことで、自動的にセキュリティ会社に通報されるサービスが利用できるものもあります。

万が一の際に保護者にメールで連絡がきても、いざとなるとどうしていいか分からないというのが本音ではないでしょうか。このサービスを利用すれば、対応エリア内であればセキュリティ会社がGPSで位置を確認し、いつでもどこでも現場に駆けつけてくれるので安心です

子供にキッズ携帯を持たせるメリット

子供にキッズ携帯を持たせるメリット
子供が小学校に入ると学校の行き帰りや塾、留守番などの都合からキッズ携帯を持たせようと考える保護者は多いでしょう。少し前までは子供に携帯を持たせることに対して問題点だけが指摘されることもありましたが、現代の社会情勢や情報技術の発達によりそれほど抵抗がないものとなっています。

キッズ携帯は使い方次第では防犯グッズや緊急時の連絡ツールとして役立ちます。しかし、端末料金などの費用の問題やネット依存、有害サイトへのアクセスなど、不安な点があるのも確かです。そこで、子供にキッズ携帯を持たせるメリットキッズ携帯の使用制限などについて説明します。

端末料金・料金が安い

学生や社会人が利用する携帯、スマホは実質0円を売り文句に各携帯販売会社で競争が激化し、国が是正勧告を行うほどの過熱ぶりとなっています。毎日使用するツールであるため、なるべく料金を抑えたいというのは誰しも同じ考えでしょう。実際には、新規で端末を購入すると7万円以上することも珍しくなく、通話料やパケット通信料をフリー定額に設定すると毎月の支払額が高くなることもあります。

キッズ携帯は、通話先が制限されていたり、インターネットへの接続、アプリのインストールなどが制限されていたりすることによって、基本料金を低く抑えることができます。また、子供向けのデザインでカメラなども搭載されていないため端末料金もほとんどかかりません。

アプリやソフトが使えないので安心

家電や電子機器の操作に疎い親世代とは違って、子供はすぐに携帯やスマホの操作を覚え自由自在に使いこなすことができます。アプリやソフトが数多く存在することは知っていても、子供がどんなものをダウンロードして使用するか見当をつけることは難しいでしょう。

キッズ携帯は、あらかじめ登録してある相手としか連絡できないだけでなく、アプリやソフトもダウンロードできないシステムになっていることがほとんどです。有害サイトにアクセスしたり、ゲームにどっぷりとはまって携帯ばかりいじったりすることもないので安心して使用させることができます。

見守り用として使える

子供用携帯を持たせる親の1番の願いは子供の安全です。現代では共働き世帯も多く、子供が学校から帰ってきた後の様子を近くで見守ることができないことがほとんどでしょう。また、子供も小学校に入ると友達も増え、行動範囲が広くなります。親の目が届かないところで何をしているのか知るすべもありません。

キッズ携帯にはGPS搭載で居場所が確認できる、緊急時には居場所を自動的にメールで教えてくれるなど、子供を見守るためのサービスや機能が付加されています。遠く離れていてもいつでも電話で話せるだけでなく、万が一の際に子供を守ってくれるアイテムとして大きな安心を与えてくれるものとなります。

格安SIMをキッズ携帯で使う注意点

毎月の端末料金の分割払いや使用料金をなるべく安く押さえようと、最近では格安SIMを運用している方が増えています。大手3大キャリアと比べると場合によっては費用を半額以下に抑えることも可能です。また、データ通信のみのプランやデータ通信と通話料込みのプラン、少量データ通信のみのプランなど、安価なプランが豊富であることも大きな魅力です。

3大キャリアのキッズ携帯を中古で購入して格安SIMで運用する方法もありますが、キッズ携帯で提供されているサービスにはキャリア独自のものもあり、注意が必要です。ここでは、格安SIMをキッズ携帯で使う上での注意点について詳しく説明します。

故障の際のサポートが使いづらい

格安SIMは一般的にMVNO(仮想移動体通信事業者)から購入して、手持ちのキャリア端末で使用することを想定しています。MVNOは基本的に大手キャリアの回線の一部を借用してサービスを提供しています。3大キャリアなどと契約をしている場合は、故障の際、各携帯電話会社の故障修理窓口を利用すれば特に問題はありません。

しかし、キャリアが販売元でない端末を使用している場合や格安SIMの物理的な故障などについては、キャリアの故障修理窓口での対応はできないのが普通です。格安SIMの不具合、通信経路上のトラブルなど、端末に故障が起因しない場合は、契約しているMVNOに直接問い合わせ、再発行などの依頼をする必要があります。

キッズ携帯が使えない格安SIMもある

キッズ携帯のほとんどは3大キャリアが提供しているサービスであり、基本的にこれらのキャリアと契約していないとGPSでの位置確認などの機能を使うことができません。つまり、保護者が格安SIMを運用している際には、子供にキャリアのキッズ携帯を持たせていても居場所確認などのサービスを受けられないことになります。

おすすめの子供用携帯3選

下記の要素が子供用携帯に求められる主な仕様です。

  • 子供といつでも連絡が取れること
  • 万が一のことが起こった際に防犯ブザーや位置情報メールの送信などのセキュリティ機能があること
  • 子供の居場所を保護者が確認できること

また、子供が迷わず簡単に操作できること、誤発信や電話番号の掛け間違いなどを防ぐ機能があることも大切です。ほとんどの子供用携帯はあらかじめ登録された相手先にしか連絡ができないようになっています。それでは、人気のおすすめの子供用携帯3選を紹介します。

docomo 富士通 キッズケータイ™ F-03J [イエロー] 白ロム

キッズケータイ™ F-03Jは、第11回キッズデザイン賞やドイツのデザインアワードも受賞したおしゃれでかわいい携帯です。また、スタイリッシュなデザインのなかに子供を守るための機能が満載となっています。さらに、抗菌性に優れたつくりとなっており、砂場遊びなどに持って行っていても雑菌に侵される心配がありません。

ストラップを引っ張るだけで大音量のブザーが鳴るとともにライトが点滅して異常を知らせます。作動時には自動的に保護者や緊急連絡先に子供の居場所を発信することができます。また、ワンタッチで保護者と簡単に通話できるような発信キーがついており、小さなお子さんでも簡単に使いこなすことができます。

SoftBank みまもりケータイ2 101Z ホワイト 白ロム

幅48ミリ、高さ82ミリとコンパクトなつくりで肌身離さず持ち歩くことができる携帯です。本体の中央部には大きなボタンが1つだけ配置されています。みまもりケータイという名前にふさわしく、ボタンを押すだけで音声発信、位置情報つきメール送信を同時に行うことができます。あらかじめ3件の発信先を登録でき、緊急時には自動的に相手が出るまで順番に発信し続けてくれます。また、防犯ブザーはストラップを引くだけの簡単操作となっています。

あらかじめ登録した連絡先からテキストメールを受信する機能や地震速報も搭載されているので、災害発生時にも役立ってくれます。さらに、別途月額料金を支払うことで、いつでも子供の居場所を簡単に確認することもできます。

キッズケータイ™ HW-01D(ブルー)

ショートメールにも対応しているドコモのキッズケータイ™です。あらかじめ登録した4件の連絡先に通話やSMSの送信が簡単にできるよう、子供向けのテンキーが省略されています。別途「イマドコサーチ」を契約していれば、防犯ブザーを鳴らした際に保護者に自動的に子供の居場所が通知されます。また、ブザーが鳴らなくても保護者がいつでも居所を確認することもできます。

防水仕様であるとともに強化プラスチックウィンドウを採用しているため、水や傷に強く子供が少々乱暴に扱っても大丈夫です。また、設定を大人モードに切り替えることでひらがな表示が漢字表示に変わります。子供だけでなく徘徊が心配な高齢者の使用にもおすすめです。

まとめ:携帯で子供の安全を守ろう!

小学校へ入学すると行動範囲が急に広がり、1人で外出することも多くなります。また、帰宅時に親が仕事などで家にいない場合は、子供がどこで何をしているのか心配になることもあるでしょう。子供用携帯は、子供が携帯で楽しむという目的ではなく、子供を守るための居場所確認や防犯ブザー、緊急事態を知らせる自動メール発信などの機能が重視されています。

塾や習い事などで1人で外出する機会が多くなるなら、子供の安全を守るために子供用携帯の購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部