【イヤイヤ期】このイライラどうしたらいいの?心を落ち着ける対応法 ( 2 )

どうしてイライラする?その原因


相手はかわいくて、幼い我が子。何かを言ったって、必ずしも聞いてくれるわけではない……。そう分かっていても、どうしてもイライラしてしまう! そんな自分に苦しんでいる親御さんもいるでしょう。頭では分かっているつもりでも、どうしてイヤイヤへのイライラが止まらないのでしょうか?

子供の気持ちより行動が気になる

イヤイヤ期の子供にイライラする原因としては「子供の気持ちよりも行動が気になってしまう」ということが挙げられます。例えば「食べたくない!」と食べ物を投げたり、だめだと言っているのにおもちゃをたたいてしまったり……。行動だけを見ると、これらは確かに怒るべき点かもしれません。その結果、イライラしてしまう親御さんもいるでしょう。

しかし、子供はどうしてそのような行動をとるのでしょうか? きっと何か原因があり、子供なりの自己表現として投げる、たたくなどの行為をしてしまっているのでしょう。

また行動は悪いことであっても、自分の意見を伝えようとすることは悪いことではありません。単純に「だめでしょ!」、「やめなさい!」と怒鳴ってしまっては、子供の気持ちが置いてきぼりになってしまいます。行動だけではなく、どんな気持ちだからその行動をするのか、子供の視点で寄り添ってあげることが大切です。

子供の悪いところばかり見てしまう

イヤイヤ期の子供にイライラしてしまう原因には「子供の悪いところばかりに目がいってしまう」ということも挙げられます。特にイライラしてしているときは、子供の悪い点が目につきやすくなってしまいます。「こないだも言ったよね?」、「なんでそんなことするの?」、「うちの子はいたずらばかり……」と、子供の行動へのイライラは増していくばかりです。

そうならないためにも、ぜひ子供の「良いところ」をたくさん見つけてあげましょう。イヤイヤ期の子供であっても、良いところはたくさんあります。お友達におもちゃを貸してあげた、お片づけができた、嫌いな食べ物も食べることができたなど、小さなことでいいのです。

良いところを見つけて褒めてあげれば、前向きな気持ちは子供にも伝わります。イライラしてしまう原因ではなく、楽しくなるようないいところをたくさん見つけて褒めてあげましょう。そうすることで明るい気持ちになり、親のイライラも減らすことができるでしょう。

おわりに

どれだけ気持ちを落ち着かせようとしても、お父さんやお母さんも人間です。相手が幼い子供であっても、イライラしてしまうのは仕方がないことでしょう。

しかしちょっとした心がけで、そのイライラを減らすことができます。親御さんの気持ちが変われば、子供の気持ちにも変化が出てくるかもしれません。イヤイヤ期を乗り越えるためにも、イライラをためないような接し方を心がけてみてください。

参考

どうしてイヤイヤするのかな?「魔の2歳児」イヤイヤ期の子どもの気持ちを考える|すくコム

調査データから判明!イヤイヤ期の「なぜ?」「どうする?」効果的な対処法を大研究!【イヤイヤ期専門家監修】|HugKum

2歳児のイヤイヤ期に限界なママたち……。先輩ママの対処法|ママスタセレクト

2歳児はママのイライラ期?魔のイヤイヤ期を乗り切る育児の秘策|AllAbout 暮らし

イヤイヤ期 ツラすぎ・・・ こうして乗り切った! 〜ママたちの共感の声・みんなのエピソード〜|すくコム

イヤイヤ期の子どもに感じるイライラが苦しい……。つらさを心の余裕に変えるために必要なこととは|ママスタセレクト

イヤイヤ期の息子に、イライラ…(1~2歳)|しまじろうクラブ

この記事をかいた人

mio_yamamoto

立教大学観光学部卒。豊かな教育は豊かな街を作ることに繋がると考え、教育業界にて6年間講師職に従事。現在は働く人を支えるべく、社会保険労務士の勉強中。趣味はアンテナショップ巡りとプログラミング、iPadで写真に手書き加工をすること。食べることが大好きで全体的に太ってきてしまったので、暇さえあればストレッチや筋トレに励む毎日です。