【ゼロからわかる児童手当】気になる児童手当について徹底解説!

【ゼロからわかる児童手当】気になる児童手当について徹底解説!

少子高齢化が著しい日本ですが、その背景には若者の厳しい経済事情があります。経済的な豊かさの見通しがない上に値上げされる教育費用を見れば、多くの人にとって子育ては難しいものと思えてしまいます。そうした困難への対策として児童手当という制度があります。本記事では知っているようで知らない児童手当制度について解説していきます。

児童手当とは?

児童手当は育児に励む家庭に対して国と地方自治体から支給される経済的な支援です。所得によって支援額は異なりますが、中学修了前の子供の人数ごとに月々5,000円から1,5000円のサポートを得られます。内閣府は児童手当について「生活の安定と児童の健全育成を目的とした給付」と位置づけています。

どんな人が受給できる?

0歳から15歳の誕生日後はじめて迎える3月31日(中学校修了時)までの子供のいる家庭で両親のうち所得の高い方に受給権があります。定められた基準を超える高所得者の場合は児童手当は受けられませんが、特例給付として1世帯につき一律5,000円のサポートを得られます。高所得の基準は以下の表をご確認ください。

所得の基準表

扶養親族等の人数 所得額
0人 6,220,000円
1人 6,600,000円
2人 6,980,000円
3人 7,360,000円
4人 7,740,000円
5人 8,120,000円

自治体によって子供の状況に求める項目が少し異なることがあるので、お住まいの市区町村のホームページを確認してみましょう。子供が留学していたりする場合は特に気をつけて確認する必要があります。