公立高校でもお金がかかる?高校受験の費用について

公立高校でもお金がかかる?高校受験の費用について

「公立」というとお金がかからないイメージがありますが、高校受験において私立高校だけでなく、公立高校でも受験料がかかります。また、その他にも入学金、授業料も必要になります。今回は、高校受験の前後で必要となる費用について紹介します。

費用①:受験料(入学考査料)

受験料は公立高校の場合もかかります。東京都の場合、金額としては2,200円ですが発生します。
私立高校の受験料は、学校によって幅がありますが、概ね15,000円から30,000円と言われています。
公立高校が第一志望で、保険として私立高校を1校受験する場合が、最小限になるでしょうが、その場合でも2、3万円程度がかかることになります。
私立高校を中心に受験する場合、例えば私立高校5校に出願したとすると、10万円前後の金額になります。

出典:東京都教育委員会
「都立高等学校、中等教育学校(後期課程)の授業料・入学料及び特別支援学校高等部の授業料について」
「平成30年度 都内私立高等学校(全日制)の学費の状況」

費用②:入学金・授業料(初年度費用)

志望校に合格すると、入学の手続きで入学金を納めることとなります。
公立高校では、東京都の場合、以下の金額が必要となります。
入学料額 5,650円
授業料 118,800円
合計 124,450円

私立高校では、東京都内の私立高校の30年度の平均額として918,794円必要となります。
入学金 250,379円
授業料 455,345円
施設費 42,949円
その他 170,111円
合計 918,794円

尚、私立高校の初年度費用として高い学校、低い学校は以下になります。
【高い学校 】
金額 学校名
1,889,000円 玉川学園高等部【IB】
1,762,200円 桐朋女子(音楽)
1,470,000円 文化学園大学杉並【ダブルディプロマ】
1,399,000円 玉川学園高等部【一般】
1,302,000円 立教池袋

【低い学校 】
金額 学校名
590,000円 東洋女子
633,000円 鶴川
724,800円 立川女子
732,250円 淑徳【留学】
738,000円 日本女子体育大学附属二階堂