漢検準2級の合格点は70%!出題形式とおすすめの参考書をご紹介!

漢検準2級の合格ラインは、70%程度です。これをクリアするためには、どのような問題構成になっており、どのような対策をとればいいかを知ることが大切です! そこで、今回の記事では、漢検準2級の出題形式の解説とおすすめの参考書をご紹介します。漢検準2級の学習の計画を立てる参考にしてください。

漢検準2級の試験概要

早速、漢検準2級の合格ライン・レベル・受検方法をご紹介します。合格ラインを知ることで、どの問題をどの程度正解すればいいかの目安になります。また、受検方法も選べるので、ご自身に合った方法を選んでください。

合格ラインは70%

日本漢字能力検定協会によると、漢検準2級の合格ラインは70%程度とされています。点数にすると、200点満点中140点程度得点できれば合格ラインをクリアしていることになります。ただ、受検した回の難易度による±5点程度の振れ幅はあるようです。

(参照元:採点基準と合格基準|日本漢字能力検定

レベルは高校在学程度

漢検準2級のレベルは高校在学程度で、漢字数にすると1,940文字です。文部科学省の学習指導要領によると、小学校で習う漢字は1,006字、中学校で習う漢字は1,110字です。そして、高等学校では、小学校・中学校で習った2,116字の常用漢字の読みに慣れ、書き、文章の中で使うことを求められます。つまり、漢検準2級は、常用漢字を使いこなせるレベルと言い換えることができるでしょう。

参考

別表 学年別漢字配当表|文部科学省

小・中・高校で学習する漢字の数など|ちょっと便利帳

3つの受検方法

漢検には、コンピュータを使った受検を含めると3つの方法が用意されています。

  1. 個人受検
  2. 団体受検
  3. 漢検CBT受検

個人受検は、個人で申込み、全国約180ヶ所に設けられた会場で受検する方法です。団体受検は、学校や塾・企業などの団体が10人以上の志願者を集めてまとめて行う受検です。

そして、漢検CBT受検はComputer Based Testingの略で、2~7級を受験できるシステムです。個人受検と団体受検が年3回しかないのに対して、漢検CBT受検は全国150以上のテスト会場で、都合の良い日程(会場により日程は異なる)で受検可能だというメリットがあります。さらに、検定結果が10日ほどで通知されるので、時間がないときにはおすすめの方法です。

参考

漢検CBT受検|日本漢字能力検定

漢検準2級の出題形式

続けて、漢検準2級の出題形式を、配点や例題も交えてご紹介します。漢検準2級の過去問から例題をご紹介しますので、力試しにご活用ください。

漢字の読み 30題

漢字の読み問題は全30題、配点は各1点で、合計30点。漢字の読みをひらがなで答える問題です。

【例題】

1寡少な部員で辛うじて活動を続ける。

2常に備忘録を携帯している。

3捜査は難航を極めた。

(引用元:問題例|準2級|平成30年度第1回検定問題|日本漢字能力検定協会

【解答】

1かしょう

2びぼうろく

3そうさ

部首抜き出し 10題

部首抜き出しは、漢字の部首を答える問題です。全10題で、配点は各1点、合計10点です。

【例題】

(引用元:問題例|準2級|平成30年度第1回検定問題|日本漢字能力検定協会

【解答】

  1. 「くさかんむり」の部首だけ書き出す
  2. 「もんがまえ」の部首だけ書き出す

熟語構成 10題

熟語構成は、二字熟語の上下の関係がどうなっているかを答える問題です。全10題で、配点は各2点、合計20点です。

【例題】

ア:同じような意味の漢字を重ねたもの(岩石)

イ:反対または対応の意味を表す字を重ねたもの(高低)

ウ:上の字が下の字を修飾しているもの(洋画)

エ:下の字が上の字の目的語・補語になっているもの(着席)

オ:上の字が下の字の意味を打ち消しているもの(非常)

  1. 「検疫」はどの構成のしかたに当たるかを答える

(引用元:問題例|準2級|平成30年度第1回検定問題|日本漢字能力検定協会

【解答】

四字熟語 10題

1文字抜けている四字熟語の空欄部分に何の漢字が入るか、ひらがなの選択肢の中から選び、漢字にして四字熟語を完成させる問題です。全10題で、配点は各2点、合計20点です。

【例題】

  1. 一朝一□
  2. 大胆不□
  3. 熟□断行
  4. 平□無事
  5. 天□孤独

(引用元:問題例|準2級|平成30年度第1回検定問題|日本漢字能力検定協会

【解答】

  1. 一朝一夕
  2. 大胆不敵
  3. 熟慮断行
  4. 平穏無事
  5. 天涯孤独

四字熟語 意味選択 5題

空欄を埋めて完成させた四字熟語の意味を選択肢から選ぶ問題です。前の問題と関連している唯一の出題形式です。全5題で、配点は各2点、合計10点です。

【例題】

だれ一人として身寄りがない境遇。

ほんのわずかな期間。

(引用元:問題例|準2級|平成30年度第1回検定問題|日本漢字能力検定協会

【解答】

天涯孤独

一朝一夕

対義語・類義語 10題

提示されている二字熟語の対義語を5題、類義語を5題答える問題です。配点は各2点、合計20点です。

【例題】

対義語:冷静、絶滅、絶賛

類義語:懇切、永遠、道端

(引用元:問題例|準2級|平成30年度第1回検定問題|日本漢字能力検定協会

【解答】

対義語:熱烈、繁殖、酷評

類義語:丁重、悠久、路傍