家庭教師の料金相場は中学生・小学生でどのくらい?個人契約は安い? ( 2 )

小学生対象:相場比較

続いては小学生の場合の相場です。小学生に家庭教師をつける家庭は中学受験をするパターンが多いでしょう。そのため家庭教師の授業も志望校に合わせたオーダーメイドのものになり、料金の幅が中学生以上に広くなることもあります。今回は受験なしで学校の勉強を補う前提で比較してみました。

家庭教師会社の料金比較

月謝(90分 × 月4回)(税抜)
家庭教師友の会 2万1,000円
サクシード 1万8,000円
ノーバス 2万〜2万800円

中学生向けでは低料金が売りだったファーストは、小学生向けには受験前提でオーダーメイド授業を行っています。志望校やレベル感によっても料金が変わるそうなので、詳しくは個別の問い合わせが必要です。

多くの家庭教師サービスでは、中学生と同様90分間の授業がスタンダードになっているようです。ただし45分授業に慣れている小学生にはやや長すぎるかもしれません。料金的には割高になりますが45、50分1コマの授業をしているサービスもあるので、子供の向き・不向きを前提に検討してみてください。

参考

小学生コースの家庭教師料金は?|東大家庭教師友の会

小学生の家庭教師|家庭教師のサクシード

東京都の家庭教師のノーバス|口コミ・料金をチェック【家庭教師比較ネット】

個別指導塾と比較すると?

中学生と同様に個別指導塾とも比較してみましょう。

月謝(税抜) 備考
小4 明光義塾 1万円 90分 × 月4回
ITTO 1万600円 80分 × 月4回
小5 明光義塾 1万1,000円 90分 × 月4回
ITTO 1万800円 80分 × 月4回
小6 明光義塾 1万2,000円 90分 × 月4回
ITTO 1万900円 80分 × 月4回

個別指導塾の場合は、中学生のときよりさらに割安になることが分かりました。自宅よりも場所を変えて勉強したほうが集中できるという子供もいます。その場合は個別指導塾も選択肢として良さそうです。

参考

授業料(料金)シミュレーター|学習塾なら個別指導の明光義塾

授業料|ITTO個別指導学院【公式】 

受験あり・なしでも料金が変わる

繰り返しになりますが小学生の料金は受験あり・なしによって変わります。志望校の難易度によっては先生が変わって料金が上がったり、特別なコースが追加されることもあります。個別指導塾は比較的割安に見えますが、1週間に90分の授業だけでは受験勉強としては不十分かもしれません。

必要なだけコマ数をそろえると、場合によっては家庭教師の方がお得になることもあります。複数のサービスをよく比較してみることをおすすめします。

家庭教師の個人契約ってどう?

ここまで家庭教師会社の料金を見てきました。家庭教師について、すでにいろいろ調べている人の中には「個人契約」というものを目にしたことがある人もいるかもしれません。家庭教師会社を通さない個人契約とはどのようなものでしょうか。

家庭教師会社より少し安くなるかも

個人契約とは、文字通り家庭教師本人と保護者が直接契約を結ぶものです。両者の間に立って仲介する会社がないので、中間マージンを払う必要がありません。そのため割安に良質な家庭教師と契約できる可能性があります。

地域によっても異なりますが、大学生が家庭教師会社でアルバイトした場合、時給はおよそ1,500円程度からスタートとなります。この時給を基本として事務手数料や交通費などを加えた金額で契約できると考えておきましょう。

参考

【フロムエー】家庭教師のトライ/港区(お台場)のアルバイト|バイトやパートの仕事・求人情報(NO.U00YRNXV) 

マッチングサービスを利用するのが一般的

「近所に難関大学の学生さんがいるから家庭教師をお願いしようかな?」と考えている人もいるかもしれませんが、個人契約の場合はマッチングサービスを利用するのが一般的です。

顔見知りに家庭教師を頼むのは最初は簡単です。しかし子供との相性が悪かったり、条件が途中で折り合わなくなったりした場合にトラブルに発展しやすくなります。特に家庭教師の家族とも知り合いだった場合は問題が大きくなりやすいため、あまりおすすめできません。

そのため個人契約専用のマッチングサービスを利用するのが一般的です。インターネットで絞り込み検索できるサービスも多いので、いくつか閲覧してみるといいでしょう。

参考

家庭教師の個人契約(教師・生徒ともに無料)|家庭教師の総合情報

家庭教師の個人契約なら家庭教師のASKONE