家庭教師あすなろとは?主な特徴や向いている子供の特徴を紹介

「家庭教師のあすなろ」は、勉強嫌いの子供や学習習慣がついていない子供におすすめの家庭教師派遣サービスです。家庭教師業界としては珍しく、「児童心理学に基づいた言葉がけ」を行うなど、勉強だけでなく精神面でのサポートが充実している家庭教師といわれています。今回は、そんな家庭教師のあすなろの主な特徴や他の塾との違い、口コミや評判について紹介します。

家庭教師あすなろとは

1都13県で家庭教師の紹介・サポート事業を展開している家庭教師のあすなろは、株式会社マイプランが運営しています。「あすなろ」は木の名前で、「明日こそ木のように強くなろう」という思いを込めてその名がつけられたといいます。講師数は約14万人で、発達障害や不登校の子供に対するサポート体制が充実していることが特徴として挙げられます。

勉強の面白さだけでなく、心と学力の両方をサポートすることをモットーとしており、家庭学習や受験、心の成長など、子供の個性に合わせて幅広くサポートしています。

参考

あすなろのはじまり|家庭教師のあすなろ

料金はどれくらい?

家庭教師のあすなろは、料金が比較的安いことでも知られています。地域によって料金設定が異なりますが、関東エリアの小学生・中学生は1コマ(30分)1,000円から、高校生は1,125円からとなっており、東北・九州エリアでは小学生・中学生が1コマ(30分)900円から、高校生は1,000円の料金設定となっています。

兄弟や友人と一緒に授業を受ける場合は二人目の指導料が割引になったり、母子家庭の場合は料金の優遇措置なども設けています。担当となる家庭教師には大学院生・塾講師・社会人など、異なる経歴を持つ先生がいますが、どの家庭教師でも料金は一律で、家庭教師に手渡しで指導料を支払うシステムとなっています。「家庭教師は初めてで不安」という方には無料の体験授業などもあるため、まずは子供との相性を見極めるために利用するのがいいでしょう。

参考

家庭教師でかかる料金を全て表示!安心とお得を追求|家庭教師あすなろ

指導料っていくらなの?|家庭教師のあすなろ

家庭教師のあすなろの特徴

家庭教師のあすなろは全国の各エリアに講師を派遣しています。また、勉強嫌いな子供や発達障害・不登校の子供へのサポートなど、子供の教育方針に悩んでいる親御さんでも安心して利用できるようなサポートが整っています。それぞれ詳しく紹介します。

全国の各エリアに展開

家庭教師のあすなろが展開している地域は、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県に加え、宮城・山形・福島の東北エリアと福岡・山口・佐賀の九州エリアです。前述した通り、地域によって若干料金設定が異なるため、事前の無料見積もりで確認するようにしましょう。

発達障害の子へのサポート

発達障害は以下のように定義されています。

発達障害とは、発達障害者支援法には「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。

(引用元:発達障害とは|文部科学省

「発達障害」という言葉は、近年はニュースなどでもよく耳にするようになってきました。発達障害の子供の教育法や学習指導について悩んでいる方は、家庭教師のあすなろが提供している、資格を持った専門スタッフによる教育指導を受けることが可能です。発達障害の特性を活かした指導で子供の可能性を引き出すことができ、親御さんの不安を解消しながら子供に合った勉強法を見つけることができます。

子供と先生の相性が心配という方や、子供の学習指導について悩んでいるという方は、まずは一度電話などで相談してみるといいでしょう。

不登校の子供へのサポートも

近年は不登校の小中学生が急増しているといい、フリースクールや家庭教師による指導を検討する親御さんも多いといいます。家庭教師のあすなろでは発達障害の子供だけでなく、不登校の子供へのサポートも行っています。「不登校訪問専門員資格」を持つ専任スタッフが、家庭教師の研修や家庭での学習サポートの強化につなげ、不登校の子供が安心して学習できる環境作りに力を入れています。

学校に行けない状態で「高校の卒業資格が取りたい」という方向けに、家庭教師のあすなろでは「あすなろ式高等学園」を設立し、通信制のサポート高校として高校の卒業資格を取得できる体制を整えています。自分のペースで自宅で学習しながら高校卒業資格を取ることができるため、不登校で悩んでいる生徒にとっては大きなサポートとなりそうです。

参考

通信制高校でムリなく高校卒業|あすなろ式高等学園