【プロジェクションマッピング】情操教育に役立つ!親子でお出かけ

【プロジェクションマッピング】情操教育に役立つ!親子でお出かけ

プロジェクションマッピングという言葉は、まだ耳慣れないと感じる方も多いと思います。プロジェクションマッピングとは、コンピュータグラフィックスや映画のような動画を、凹凸のある壁面や建築物などに映し出す投影手法のことを指します。お城や駅に映し出される映像を眺めたことのある方もいるのではないでしょうか。今回はメディアアートとしても注目されているプロジェクションマッピングを子供と一緒に楽しむ方法についてお伝えします。

プロジェクションマッピングに行くメリット

最先端のメディアアートであるプロジェクションマッピング。次世代の感性を鍛えるアートですが、これからの時代を作る子供たちにぜひ観て欲しいものでしょう。

最先端技術を知る

思いをどのように表現するか、デジタルの手段で挑む1つの手法がプロジェクションマッピングです。日進月歩のIT技術が可能にしたと言えるこのアートには最先端の技術が注ぎ込まれています。実際に体験することで、世界の最先端技術を楽しみながら触れることができるでしょう。

美的感覚を養う

プロジェクションマッピングはアートの要素が非常に強い展示です。色や光を駆使してデジタルで作られるこれまでになかったアートは、子供の創造力を大いに刺激するでしょう。また、お城やお寺、海での展示など、展示される環境との融合性も重要です。どのように環境を生かすかも、「美しい」という感覚を追求する手法として実験の1つであるのでしょう。

社会性を育む

移動に使う公共交通機関や到着するまでのマナーなど、家族だけではない空間に身をおくことによって、子供の社会性を育成します。例えば最寄駅から電車に乗る場合、改札の通り方や列への並び方、車内でのマナーなど、子供が学ぶべきことはたくさんあります。子供の社会体験のきっかけと思って行動しましょう。